信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。 当ブログ名は2018年7月1日をもって「のんきなとうさんの蓼科偶感」に変更いたしました。


by kirakuossan

タグ:草花・木 ( 431 ) タグの人気記事

57年ぶりの暴風雨

2018年9月4日(火)

d0170835_18225124.jpgd0170835_18335089.jpg昭和36年の第二室戸台風以来57年ぶりの猛烈な強風が近畿地方を襲った。
アトリエのくすのき、暴風雨にあおられて左右前後に激しく揺れたが持ちこたえた。一時はやせ細り、このまま枯れてしまうのかとずいぶん心配したが、今年になって再び青い葉をつけ、背丈も数段伸びて成長した。強風にも負けず逞しくなった。


d0170835_18234394.jpg


by kirakuossan | 2018-09-04 18:24 | 偶感 | Trackback

でもやっぱし?????

2018年8月31日(金)


キノコ  今年は豊作かな??
平成30年8月31日(金)14時現在 天気:雨 気温:20.6℃

d0170835_16260609.jpg午前中、有楽土地別荘 T様 のお宅に伺った際、アプローチにこんなにたくさんの「リコボウ」が・・・ T 様は食べられないキノコだと思っていたようです。リコボウ(別名 ハナイグチ)という名前で、毒ではないことをお話したのですが、未だ半信半疑のご様子だったので、私が毒味をすることに・・・ 今夜の夕食はキノコうどんにしようかな?
(信州リゾートサービスブログより)




ということで、管理事務所のみどりさんから教えていただいたが、どうも?????

でも、キノコうどんと聞いて気になってもう一度別のアプローチを探すと、まだたくさんあるわあるわ・・・

でもやっぱし?????

d0170835_16301910.jpg


by kirakuossan | 2018-08-31 16:25 | 食・酒 | Trackback

真夏日につかの間の癒し

2018年7月1日(日)
d0170835_15251088.jpg


d0170835_15250022.jpgアトリエの表庭に突然ムクゲ(木槿)が姿を現わした。ムクゲはアオイ科フヨウ属の落葉樹で別名ハチス、もくげ、とも呼ぶ。庭木として広く植栽され、夏の茶花としても欠かせない花である。夏から秋にかけて白、紫、赤などの美しい花をつける、花期は7〜10月ということだが、今日から7月、さっそく待ち望んだように花開いたようだ。真夏日につかの間の癒しを与えてくれる。

それがしも 其の日暮らしぞ 花木槿  一茶

それはそうと、裏庭には町中のこちらでは目にすることが珍しいものを発見した。



by kirakuossan | 2018-07-01 15:26 | アトリエ | Trackback
2018年6月30日(土)

d0170835_19284751.jpg

2018年6月22日(金)5:23apm アトリエのノウゼンカズラ 
窓越しに。

レンズ:1NIKKOR VR 10-30mm f5.6 焦点距離:30.0mm(81.0mm) 露出0 シャッター1/125 ISO360  AUTO (クロップあり)



by kirakuossan | 2018-06-30 18:41 | PHOTO | Trackback

鳥も気になる甘い花

2018年6月23日(土)
d0170835_16302000.jpg
d0170835_16231697.jpg鳥たちも気になる赤くて甘いノウゼンカズラの花。
近くまで首を伸ばして見に来ていた白鷲も、こちらの気配で羽ばたいて逃げて行ってしまった。
残念!絶好のシャッターチャンスだったのに・・・
d0170835_16224790.jpg



by kirakuossan | 2018-06-23 16:20 | アトリエ | Trackback
2018年6月22日(金)

d0170835_07494947.jpg
蟻はよく知っている。
ノウゼンカズラが甘いのを・・・
花言葉は”豊富な愛情”

凌霄の落下を掃くや蟻も掃く  安部元気




by kirakuossan | 2018-06-22 07:53 | アトリエ | Trackback

田の緑によく映える。

2018年6月21日(木)

d0170835_13135493.jpg

今日は夏至。 
ノウゼンカズラの花 田のによく映える。


夏至過ぎて吾に寝ぬ夜の長くなる  子規
 



by kirakuossan | 2018-06-21 12:13 | アトリエ | Trackback
2018年6月20日(水)

d0170835_08182007.jpg
まさにいま、開かんとす。
ノウゼンカズラ(凌霄花)は夏の季語でもある。

家毎に凌霄咲ける温泉(いでゆ)かな   子規



by kirakuossan | 2018-06-20 08:11 | アトリエ | Trackback
2018年6月10日(日)

d0170835_21071002.jpg
d0170835_21072700.jpg
アトリエのクスノキの新芽は中段だけでなく上部の幹からも分かれて新しい枝ぶりを見せている。その先に下向き加減だが青々とした若々しい葉が茂って来た。いよいよクスノキの復活だ。嬉しい。

今日は娘の誕生日





追記:
2018年6月12日(火)

たしかに樹形も整ってきました。
d0170835_08384716.jpg




by kirakuossan | 2018-06-10 21:08 | 偶感 | Trackback

嬉しいクスノキの新芽

2018年6月7日(木)

d0170835_15164412.jpg

d0170835_15162692.jpg嬉しい新芽が顔を出した。ここ4~5年樹形が崩れ、禿げ禿げになりつつあって心配していたアトリエのクスノキ。今年は精がよく、みるみる大きくなって、しかもさみしかった中間部に新芽がついた。これがスクスク成長するとまた以前のようにカッコよく茂ってくれるだろう、楽しみになってきた。

今年はクスノキに適した気候なのか、自宅のクスノキの大樹もいっぱいの新芽をつけている。


d0170835_15401780.jpg
きょうのは羽の先端が少しグレーがかった鷺。やはり単独行動だ。


by kirakuossan | 2018-06-07 15:15 | アトリエ | Trackback