ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

タグ:立命館 ( 234 ) タグの人気記事

”劇的な大逆転勝ち”で立命館が完全優勝

2018年5月27日(日)

関西学生野球春季リーグ
最終節2回戦(立命館2勝:勝点5)
同志社0022001005
立命館000001005x6

d0170835_11183136.jpg立命は1対5で迎えた9回、井上(3・報徳学園)の安打などで一死一、三塁とし、内野ゴロと続く大本(3・掛川西)の適時打で2点を挙げる。さらに、押し出しで1点差に詰め寄ると、なおも満塁で代打榮枝(2・高知)がサヨナラ適時打を放ち、激戦に終止符を打った。 投げては、糸井(3・立命館)、小橋(4・立命館)などの救援陣がしっかりと役目を果たし、有村(2・秀岳館)がリーグ戦初勝利を挙げた。(5月26日)

昨日、ネットで試合経過の速報を7回まで観ていて、こりゃ今日はダメだ、3回戦に持ち込みだな、ということで途中で見るのをやめた。
今朝になってさり気にネットを開けると、なんと劇的な大逆転勝ちを収めているではないか。こんな試合眼の前で観戦してたら痺れるだろうなあ、と悔やんだ。同立戦に連勝し、今季完全優勝を果たした。
次は6月11日から始まる全日本大学野球選手権大会に期待。緒戦は奈良学園大(近畿学生連盟)と、これに勝つと国際武道大(千葉大学連盟)、さらにベスト8ではまた関西勢(天理大or大商大)と当たりそうだが、これを勝ち進むと準決勝で関東勢の覇者(東都連盟の代表or創価大か東海大)と対決が見られそうだ。

ところで立命館の辰巳涼介選手だが、先日通算100安打を達成し、今季は21安打を放ち、最終的に104安打まで積み上げた。連盟の通算最多安打は田口壮(関学88春~91秋)の123本だが、あと19本に迫っている。4年生で最終になる秋季リーグでは最低でも10試合を消化することになるが、これで平均毎試合2安打すればこの田口選手の記録を27年ぶりに破ることが出来る。これも大いに楽しみになってきた。



by kirakuossan | 2018-05-27 10:47 | スポーツ | Trackback

立命館、4季ぶりのリーグ優勝なる

2018年5月20日(日)

関西学生野球春季リーグ
立命館大学、4季ぶり38回目のリーグ優勝

第7節3回戦(立命館2勝1敗:勝点4)
近畿大0000000101
立命館10010101x4

立命館は今日の近畿大戦に勝利し、勝点4を挙げ、最終節の同立戦を待たずして優勝を決めた。
また、立命館の辰巳涼介主将は史上28人目となるリーグ戦通算100安打を達成した。
なお、過去の通算最多安打は田口壮(関学88春~91秋)の123本で、辰巳選手は同立戦を残しているとはいえこの記録は破れない。

d0170835_17042725.jpg

一方、春の高校野球京都府大会決勝は今日行われ、立命館宇治は乙訓高に2-7で敗れ、準優勝にとどまった。やはり乙訓は強い!!



by kirakuossan | 2018-05-20 16:55 | スポーツ | Trackback

本日は”立命デー”?

2018年5月19日(土)

終盤にさしかかってきた関西学生野球春季リーグ。立命館がトップを走るが、それを追いかける近畿大に昨日敗れ、本日も負けて連敗すれば近畿大の逆転優勝の可能性が大いに高まるだけに、今日の立命館は何が何でも勝たなければならなかったが、どうにか接戦をものにしたようだ。

第7節2回戦(1勝1敗)
立命館 3 0 1 0 0 0 1 0 0 =5
近畿大 0 0 0 0 0 0 0 3 0 =3

これでもし明日立命館が近畿大に勝てば、最終節の同立戦を待たずに優勝が決定する。もし敗れて勝ち点を落としても、最終節の同立戦で勝ち点を挙げれば優勝が決まる。ただ同立戦で勝ち点を落とすと近畿大の優勝となる(残す京都大から勝ち点を奪うことが条件)

一方、春の高校野球京都府大会では準決勝が行われ、立命館宇治が8-5で京都翔英を下し、明日の決勝戦に駒を進めた(相手は乙訓or東山)
また、大阪府大会準決勝では初芝立命館が関大北陽と対戦、現在試合中、はたして本日”立命デー”となるか。
d0170835_13562793.jpg
立命館大学大阪いばらきキャンパス(経営学部ほか)


追記:
(15:10)
大阪府春季大会準決勝
関大北陽000021110=5
初芝立命001020010=4

惜しかった。 


by kirakuossan | 2018-05-19 13:26 | スポーツ | Trackback

立命館の2姉妹校、準決勝進出

2018年5月13日(日)
d0170835_07004880.jpg
県営伊那スタジアムは高台の伊那公園内にあって、市営と県営の2球場が併設されている。外野席のバックには残雪の中央アルプスの連峰が聳える。こうして各地の球場を訪れると普段目にしない独特の風景と雰囲気に出会えて楽しいものである。


春季高校野球(2018.5.12)結果

大阪府大会
準々決勝
初芝立命館001400000=5 
東大阪柏原000100000=1 

初芝立命館がベスト4入り、準決勝は今日、関大北陽と対戦。昨秋の大会では3回戦であたり初芝立命館が5-3で快勝している。今大会は3回戦で関西創価に9-8と競り勝ち、5回戦では興国に17-5、そして東大阪柏原に5-1と快勝、いずれも甲子園出場経験のある強豪校に勝利しており、実力をつけてきたのがわかる。


京都府大会(7回コールド)
準々決勝
北嵯峨   0001000 =1
立命館宇治600101X =8

準決勝は19日に京都翔英と対戦。昨秋の大会では1回戦であたり16-1で立命館宇治が大勝している。

(2018年5月12日)


by kirakuossan | 2018-05-13 07:07 | スポーツ | Trackback

気は早いが立命館の王者奪還は早いかもしれない

2018年4月29日(日)

2018年春季リーグ日程

月日チームスコアチームチームスコアチーム球場
04/07関 大5-6x同 大立命大3-2京 大わかさ
04/08京 大1-3立命大同 大6-8関 大わかさ
04/09関 大1-2x同 大 わかさ
04/17関学大7-10近 大 南港中央
04/18近 大9-5関学大 南港中央
04/21関 大2-3立命大同 大5-1京 大皇子山
04/22京 大4-2同 大立命大7-4関 大皇子山
04/23同 大6-5京 大 皇子山
04/28関学大4-1京 大関 大3-1近 大南港中央
04/29近 大4-6関 大京 大8-6関学大南港中央

関西学生野球春季リーグ、今春も混戦が予想されるが、序盤戦を終えたところで、立命館が4勝0敗勝点2でトップに、同じく勝点2には昨秋優勝の関西大から早々と勝ち点を挙げた同志社が並走するが、前節の京都大戦では大苦戦、すでに2敗を喫してしまった。また関西大は、同志社、立命館と立て続けに勝ち点を落とし、今日ようやく近畿大に連勝して初の勝ち点を挙げた。他校が星のつぶし合いをやってくれているので立命館にとってはありがたく、気は早いが立命館の王者奪還は最終節の同立戦を待たずに決まるかもしれない。
d0170835_13535512.jpg
(2018年4月22日皇子山球場:立命館坂本裕哉投手)


一方で京都大が大健闘している。藤原風太(③東海大仰星)と樋川大聖(④水戸第一)の2枚看板が他校打線を抑え得る力を十分に持っており、昨年来投手戦に持ち込めば勝機が臨める体制にあった。それが今季になって打線も強力になってきて集中打が期待できるまでになってきた。緒戦立命大戦は接戦で惜しくも連敗したが、続く同志社戦では1勝2敗と負け越しはしたものの、3回戦では一度は逆転してあと一歩まで追いつめた。
そして第4節の関学大戦、昨日の1回戦では先行したが逆転負け、そして今日の2回戦も堂々と渡り合い、点の取り合いになり終盤もつれにもつれ見事に勝利し、明日の3回戦に持ち込んだ。投打がうまくかみ合ってきているだけに、今季、藤原、樋川がいる間に是非14年秋以来の勝ち点奪取といきたいところだ。


第1節1回戦(4月7日)
立命 0 0 0 0 1 0 0 0 2 …3
京大 0 0 0 0 1 0 0 0 1 …2
(京大6安打)

第1節2回戦(4月8日)
京大 0 0 0 0 0 0 1 0 0 …1
立命 0 0 0 0 1 0 2 0 x …3
(京大4安打)

第3節1回戦(4月21日)
同大 0 0 0 0 1 1 2 0 1 …5
京大 1 0 0 0 0 0 0 0 0 …1
(京大5安打)

第3節2回戦(4月22日)
京大 0 0 2 0 0 0 0 1 1 …4
同大 0 0 0 0 0 0 0 1 1 …2
(京大11安打)

第3節3回戦(4月23日)
同大 3 0 0 0 0 0 0 3 0 …6
京大 0 0 0 0 0 5 0 0 0 …5
(京大13安打)

第4節1回戦(4月28日)
関学 0 0 0 0 0 4 0 0 0 …4
京大 0 0 0 1 0 0 0 0 0 …1 
(京大9安打)

第4節2回戦(4月29日)
京大 0 0 2 0 0 0 1 2 3 …8 
関学 0 3 0 0 0 0 1 2 0 …6
(京大12安打)
d0170835_20205271.jpg
8回に西の失策で逆転された直後の最終回、その西が汚名返上の2点二塁打を放ち、京都大が関学大を突き放した。



追記:
2018年4月30日(月)

第4節3回戦(4月30日)
関学 0 0 1 1 0 0 0 3 0 …5
京大 0 1 0 0 1 0 0 0 0 …2



by kirakuossan | 2018-04-29 13:47 | スポーツ | Trackback

立命館、幸先良く4連勝

2018年4月23日(月)
d0170835_06114911.jpg
d0170835_06090568.jpg
今年の立命館はこのメンバーだ。4年は主将の辰己涼介(社)と奈良龍之介(市立川越)両選手だけで、あとは2,3年の若い打線だ。中でも5番を打つ捕手の大本拓海(掛川西)、激戦の捕手陣から頭一つ抜け出してきた。打力もさることながら、ワンバウンドする難しい捕球を再三にわたり好捕し、ピンチを防いだ。しかも強肩ぶりや先輩投手とのやりとりもどこか貫禄をにじませる3年生である。今年の打線は少し小粒で破壊力には欠けるが、でもどこからでも攻めが期待できそうな顔ぶれでもある。
投手陣は新エースの山上大輔投手(立命館宇治)はすでに実力を証明済みだが、気になるのは2番手投手。昨日の先発坂本裕哉(福岡大大濠)投手は威力ある速球を随所に見せていたが、突如崩れる悪い面もあって、6回に連打され4点をあっという間に失ったが今後の課題だが、期待できそうだ。リリーフに出た小橋遼太郎投手(立命館)は相変わらず安定感があって関西大打線の後続を断った。これからも2回戦はこの二人でやりくりするのだろう。
d0170835_07162714.jpg
新しい主将の辰巳涼介選手、チームメートに時をみてはアドバイスを送ったり、声をかけたりと、今までと違った気くばりをしているのが観客席から観ていてもよくわかった。おそらく彼も今年のドラフト会議では1位指名を受けるのだろうが、全日本大学メンバーで活躍の自信に加えて、キャプテンでのこの1年の経験がさらに辰巳選手を大きくするだろう。
昨日の2回戦、前半戦の山場である関西大戦に見事連勝し、勝点を2とした。

第3節
2回戦(立命館勝点2)
立命館 011030020 =7
関西大 000004000 =4

(2018年4月22日)


by kirakuossan | 2018-04-23 06:01 | スポーツ | Trackback

きょうから大事な一戦

2018年4月21日(土)
d0170835_11130431.jpg
朝から汗ばむほどの陽気になって来た。蓼科もすっかり晴れ渡り、残雪の蓼科山がくっきりと浮かび上がっている。
きょうから皇子山球場で立命館と関西大との大事な一戦。連覇を狙う関西大は前節の同志社戦で勝ち点を落としているだけに、この立命館戦は早くも背水の陣で臨んでくるだろうから要警戒。あすは皇子山球場で観戦予定。そのあとローム ミュージック フェスティバル2018の音楽会。京響の「英雄の生涯」と小林愛実の独奏でモーツァルトの20番を聴きに行く。
で、今日の関西大との1回戦はネット速報観戦。2回を終わって1-1の同点。


rrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrrritumei

第3節
1回戦(立命館先勝)
関西大 010001000 =2
立命館 01110000x =3



by kirakuossan | 2018-04-21 11:08 | スポーツ | Trackback

今春の関西学生リーグも混戦になりそうだ。

2018年4月7日(土)

d0170835_15550075.jpg高校野球が終れば、今度は大学野球だ。きょう関西学生野球春のリーグ戦が開幕した。連覇を狙う関西大に対し、それを阻止する一番手が立命館であり、近畿大だろう。同志社の復活はなるのか、関学大のしぶとさが蘇るか、リーグ戦の台風の目となるか京都大。第一節から立命館と関西大が登場。関西大は緒戦から同志社に逆転サヨナラ負け、立命館も京都大相手に辛勝の幕開け。今春の関西学生リーグも混戦になりそうだ。

関西大000050000 =5
同志社011000022x6

立命館000010002 =3
京都大000010001 =2




追記:
2018年4月8日(日)
2回戦/立命館3-1京都大
立命館勝点1

by kirakuossan | 2018-04-07 15:34 | スポーツ | Trackback

DeNA東投手、上々のスタート

2018年3月11日(日)

d0170835_23185345.pngプロ野球オープン戦で立命館卒のDeNA1位ルーキー東克樹投手が好結果を残している。
今日の日ハム戦で先発、4回2/3を投げて見事0封に抑えた。

DeNA010000000=1
日ハム000000010=1
(東 克樹4回2/3打者数18投球数88被安打1奪三振6与四死球3失点0自責点0)

d0170835_23181791.jpg東投手は今日が2戦目の登板で、すでに3月3日のオリックス戦で2番手で登場、2回2/3を投げて得点を与えず無事初デビューを果している。
(東 克樹2回2/3打者数11投球回数49 被安打2奪三振3与四死球1失点0自責点0)
これで通算2度、7回以上投げて、被安打わずかに3、自責点ゼロは立派。この調子だと開幕からローテーション入りが出来るかもしれない。愉しみだ。

一方、今年3年目を迎える巨人の桜井俊貴投手(立命館卒)がまだ調子が上がってこないのが気がかりだ。ちょと彼、真面目過ぎるのかなあ? また京大卒の田中英祐投手(元ロッテ)は今年ですぱっと引退、三井物産へ就職し華麗なる転身を図った。





ところで今年の立命館大学の陣容はどうか? 今月7日から例年の関東遠征であったが、8日拓殖大戦、9日東洋大戦といずれも雨天中止、昨日の亜細亜大戦が初めてであったが6-5で勝利した。(亜細亜大は東都リーグの2位校)

立命館010003110=6
亜細亜000201101=5

先発山上、小橋、福島の継投で逃げ切った。打線は二桁安打を放ち、新主将の辰己選手がバックスクリーンへ特大アーチを放った。
また本日の2戦目帝京大戦は2-8で完敗。





追記:
2018年3月12日(月)

d0170835_17040460.jpgオリックスに今年ドラフト8位で入団した山足達也選手、 立命館を2年前に卒業、Honda鈴鹿を経て、今年プロ野球選手となった。オープン戦は絶好調で6試合に出て12打数6安打と現在打率5割、このままいけば開幕一軍入りできそうだ。
桜井俊貴投手(巨人)と同期で、最終学年時は主将で4番を打っていた選手。


by kirakuossan | 2018-03-11 22:42 | スポーツ | Trackback

関大戦が皇子山で観られる。

2018年3月6日(火)

関西学生野球リーグ春季リーグの日程が発表となった。

04/07関 大-同 大立命大-京 大わかさ
04/08京 大-立命大同 大-関 大わかさ
04/17関学大-近 大 南港中央
04/18近 大-関学大 南港中央
04/21関 大-立命大同 大-京 大皇子山
04/22京 大-同 大立命大-関 大皇子山
04/28関学大-京 大関 大-近 大南港中央
04/29近 大-関 大京 大-関学大南港中央
05/05近 大-同 大立命大-関学大ほっともっと神
05/06関学大-立命大同 大-近 大ほっともっと神
05/11関学大-同 大関 大-京 大南港中央
05/12京 大-関 大同 大-関学大南港中央
05/18近 大-立命大関 大-関学大甲子園
05/19立命大-近 大関学大-関 大甲子園
05/25近 大-京 大立命大-同 大わかさ
05/26京 大-近 大同 大-立命大わかさ

d0170835_19311512.jpg立命館は昨年、春、秋とも2位に甘んじた。2015年から3連覇のあとリーグ優勝から3季遠のいたことになる。今春は4季ぶりの優勝が懸かる。この3季で関西大に2度優勝を奪われており、もっとも手強い相手だが、その関西大と4月も早々に皇子山球場で優勝に絡む大事な一戦が行われる。これは見逃せない。それと終盤の甲子園での近畿大戦、これもポイントになる戦いになるだろう。高校野球の次は、大学野球ということで、目白押しだ。さあいよいよ春間近である。

d0170835_19303608.jpg
こちらもリッツ。久し振りに食べたけど、素朴な味で美味しい。





追記:
2018年3月17日(土)

立命館の新戦力。

捕手:
島谷元貴(福井工大福井)
内野手:
池上颯(報徳学園)
山口乃義(天理)
琉尚矢(明豊)
外野手:
石田龍史(履正社)



by kirakuossan | 2018-03-06 19:07 | スポーツ | Trackback

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る

日経
信濃毎日
京都
中日
産経
ITmedia
JP
47NEWS
WORLD CLOCK
radiko



exciteCounter

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル