信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。 当ブログ名は2018年7月1日をもって「のんきなとうさんの蓼科偶感」に変更いたしました。


by kirakuossan
カレンダー

タグ:日本酒 ( 199 ) タグの人気記事

2018年8月9日(木)

フルトヴェングラーの《第九》は、確か十指に餘る録音が残されてゐる筈である。私も長年、熱心なファンの一人だったから、その内のかなりの盤は聴いてきたが、結局、今に至る迄、一番好んで聴くのは、一九五三年五月三十一日のウィーンフィルとのライヴ盤である。ルツェルンでの死の直前の《第九》は、更に大切なレコードだが、この浄化された遺言のやうな演奏を、好むと言ふ譯にはゆかない。ここでのフルトヴェングラーは、最早《第九》を演奏などしてゐない。個我はない。没我ではなく、ただ浄らかである。浄らかである以上、既にこの世の音ではないやうだ。私は、繰り返し聴くこと自體を畏れるのである。
小川榮太郎著『小林秀雄の後の二十一章』から、カラヤンとフルトヴェングラーの《第九》より


ということでフルトヴェングラー&ウィーン・フィルの53年盤の《第九》を聴いている。今、最高のクライマックスを終えたところである。確かに素晴しい《第九》である。例の不滅の名盤とされるバイロイト盤よりずっとこちらの方がいい。

d0170835_20392917.jpg

同じく素晴しいのは聴きながらにしてちびちびとやる原庵店主作の梅酒&らっきょ。芳醇な梅酒が腸にしみわたる。
「この梅酒って、何年物でしたっけ?」
直ぐにメールで返ってきた。
「平成26年5月25日漬け込みです。その翌日のブログで採りあげられています。この年は梅自体がデカかったですから梅酒も良いのができました。ヴィンテージと言ってよかろうと思います」

ということでさっそく4年前のarchiveをチェック。







archive



「季節のお題」


2014年5月26日(月)
d0170835_1726426.jpg

d0170835_1615845.jpgd0170835_1621920.jpg昨日、I 氏から「季節のお題」のメールが入ってきました。
梅酒漬け込みの季節到来です。例年より10日ほど早い気がします。だいたい梅雨入りの頃なのですが…。写真は梅を洗って、布巾で磨くように拭いて、干してるところです。全部で3kg。やっと半分。自分でもこんなしんきくさいこと毎年よーやってるなあと思います。でも今年はkirakuossan家御一同に梅酒気にいって頂いたので励みになります。

頑張って今年も美味しい梅酒を作ってください。また、試飲を楽しみにしております。
d0170835_1613891.jpg
d0170835_16242664.png夕食までのひととき、今日もヴェネチア放送を鳴りっぱなしにしているが、趣味の良い曲目が次から次へと流れてくる。時間の経つのも忘れる。

by kirakuossan | 2018-08-09 20:10 | 食・酒 | Trackback(19)

やっぱし松露は美味い!

2018年7月2日(月)

d0170835_20412246.jpg
本格焼酎・黒麹仕込み「松露」

d0170835_21022966.jpg先日演奏会の帰り庵原氏と一献傾けている店に芋焼酎の松露が置いてあった。久々に口にしたがやはり美味かった。
会社時分に大阪ミナミの隠れ家割烹島之内一陽で大将に勧められたのがこの松露だった。あのときは同じ松露でも「うすにごり」といって少しフルーティーな味わいがした焼酎だったが、こちらの方は黒麹仕込み。宮崎は串間市にある創業90年の蔵元の本格焼酎、原料のさつま芋は南九州産の赤芋(宮崎紅)だけを使い、「黒麹仕込みならではのコクとキレがあり、やわらかな甘さのなかにもすっきりとした味わい」という謳い文句だが、お薦めはロックかお湯割りとある。今日は水割りで賞味したがもちろんそれでもいける。

しかし、こうしてAmazonで注文したら翌日には届けてくれる、便利な時代ですな。



by kirakuossan | 2018-07-02 20:40 | 食・酒 | Trackback
2018年6月17日(日)
d0170835_19452745.jpgd0170835_19454110.jpgd0170835_19493694.jpg

松井君の丸眼鏡をちょっと拝借して一枚。
2か月ぶりの再会は同じ京都駅前でも今日は新規開拓の焼き鳥屋で一杯。一杯どころか純米白鹿の澗酒が何本も空きました。
「一生青春」はいいんですけど・・・それにしても吾輩、もうさすがに爺ちゃんですな...こうして見ると...

by kirakuossan | 2018-06-17 19:46 | 偶感 | Trackback
2018年5月11日(金)
d0170835_19255195.jpg
d0170835_19260845.jpg

d0170835_19275211.jpg蓼科入りしたらまず最初に入るのがここ蓼科温泉共同浴場。いつもながらの熱いお湯が疲れをいっぺんに癒してくれる。今日はいつになく客が多かった。みな近くの別荘の住人たち、みな高齢者なのでよくわかる。
八ヶ岳、南アルプスの山なみの山頂はまだ雪が残っている。
そして夜は久々のダイヤ菊。
もう~たまりません。
d0170835_19265827.jpg

by kirakuossan | 2018-05-11 19:20 | 蓼科の風景 | Trackback

さて何問わかるかな?

2018年4月14日(土)

d0170835_14301248.jpg奥の松は福島県二本松の銘酒、ロゴは森繁久彌による。

ところで、相変わらずゴタゴタが絶えない大相撲協会だが、気晴らしにクイズでも。

次の名前は力士の四股名か酒の名か?またその出身地は?
①出雲富士
⓶三諸杉
③男山
④天の戸
⑤佐久乃花
⑥片野桜
⑦高砂
⑧勝駒
⑨天覧山
⑩木戸泉


これ全問正解するとかなりの相撲通、もしくは酒通であります。







正解:
島根、奈良、北海道、秋田、長野、大阪、静岡、富山、埼玉、千葉の清酒の名。
全部日本酒でした。

by kirakuossan | 2018-04-14 14:06 | 偶感 | Trackback
2018年1月10日(水)
d0170835_20562357.jpg
d0170835_20564220.jpg
去年から晩酌は週2回と決めている。原則水曜日と土曜日に飲むことにしているので、そういう日は比較的魚料理が多い。酒のあてにもってこいだからだ。それと、最近では焼酎を口にすることが増えてきた。同じ飲むなら、週2回なので良い焼酎を、大事に嗜もうということで今日少しはりこんで、薩摩芋焼酎の「利右衛門」(原酒)を買ってきた。

お湯割りで一杯、大事に大事に味わいます。魚とかずのこをあてに、これ最高のひとときです。


by kirakuossan | 2018-01-10 20:49 | 食・酒 | Trackback
2017年12月22日(金)

d0170835_00510057.jpg
読響の第九。まずは及第点としても代役指揮者のサッシャ・ゲッツェルの指揮には、残念ながら若さと、オーラーが感じ取れなかった。数か所で演奏の工夫も見られたが、聴衆の度肝を抜き、魅惑するまでにはほど遠いものであった。読響の水準は相変わらず高いということだが、今日の席は2階の一番奥、音響的にもすこし恵まれず心残りだが、チェロのあの広がりと地の底から響く迫力は満足のいくものであった。新国立劇場合唱団はさすがにレベルが高い、それにソリスト陣4人もまとまっていて水準も高かった。


ベートーヴェン:
交響曲 第9番 ニ短調 作品125「合唱付き」
指揮=サッシャ・ゲッツェル
ソプラノ=インガー・ダム=イェンセン 
メゾ・ソプラノ=清水 華澄
テノール=ドミニク・ヴォルティヒ 
バス=妻屋 秀和
合唱=新国立劇場合唱団(合唱指揮=三澤 洋史)





演奏会のあと庵原氏と忘年会。「行こう!音楽ヨーロッパ旅行へ」で話が咲く。今年もいろいろと遊んで楽しかった、ありがとう。来年もよろしく。
d0170835_01045645.jpg
あ~あ~テンコ盛り!
またまたはしたないところをお見せしてごめんなさい。それにしても飛露喜はやっぱし美味かったなあ~

(2017年12月21日)
.


by kirakuossan | 2017-12-22 00:50 | クラシック | Trackback
2017年11月24日(金)

d0170835_07034203.jpg
d0170835_07040504.jpgせっかく東京に出るのだからいつも早い目に大磯を出ます。今日は神田の古書街に。以前、JR神田駅で降りて、古書街までずいぶんと歩いたことがあったので今日は東京メトロ半蔵門線で神保町駅まで、ここだと錦糸町にあるすみだトリフォニーホールまで一本道だ。で、前にも確か石川淳の小説などを買ったことがある小宮山書店裏の分室へ。ここは1冊でも3冊でも同じ500円なのだ。
d0170835_07143889.jpg
夜は夜で、演奏会の帰り、新橋で途中下車。旨い魚を食わせる店を見つけ、そこで獺祭と南部美人の飲み比べ。獺祭は少し後味に甘みを残し、南部美人はキリリとしておりました。それにあのイサキの塩焼き、あれは美味かったなあ~~
d0170835_07234925.jpg
d0170835_07244117.jpg
d0170835_07250425.jpgd0170835_07262256.jpg


右が獺祭
(2017年11月23日)



by kirakuossan | 2017-11-24 06:57 | 食・酒 | Trackback

小花と虫たち

2017年9月13日(水)
d0170835_20200561.jpg
d0170835_20202650.jpg
d0170835_20204789.jpg
やあっぱり~
酒は~
菊正宗~
菊正宗ぇ~
d0170835_20211626.jpg

by kirakuossan | 2017-09-13 20:18 | La casa di tutti | Trackback
2017年8月24日(木)


私は獨りして飮むことを愛する。かの宴會などといふ場合は多くたゞ酒は利用せられてゐるのみで、酒そのものを味はひ樂しむといふことは出來難い。

白玉の齒にしみとほる秋の夜の酒は靜かに飮むべかりけり
酒飮めば心なごみてなみだのみかなしく頬を流るるは何ぞ
かんがへて飮みはじめたる一合の二合の酒の夏のゆふぐれ
われとわが惱める魂の黒髮を撫づるとごとく酒は飮むなり
酒飮めば涙ながるるならはしのそれも獨りの時にかぎれり

然し、心の合うた友だちなどと相會うて杯を擧ぐる時の心持も亦た難有いものである。
いざいざと友に盃すすめつつ泣かまほしかり醉はむぞ今夜
語らむにあまり久しく別れゐし我等なりけりいざ酒酌まむ
汝が顏の醉ひしよろしみ飮め飮めと強ふるこの酒などかは飮まぬ
酒の讃と苦笑
若山牧水



酒をこよなく愛した文人は多い。太宰治、檀一雄、開高健、吉行淳之介、池波正太郎、吉田健一などなど挙げだしたらきりがない。そんな中でこの人は別格だった。
旅する酒仙歌人若山牧水。朝に三合、昼に四合、夜には一升の酒を呑んでいたといわれ、横山大観以上だ。
d0170835_1344351.jpg
d0170835_11022688.jpg彼が愛した信州望月には蔵元武重本家酒造に「御園竹」と並んで「牧水」がある。これがまた美味い地酒である。いずれにしても牧水の右に出るものはいないだろう。
なにせ彼の生れた今日8月24日を「愛酒の日」とするぐらいだから・・・

牧水は言った。
「私の歌はその時々の私の命の砕片である」


彼はまた、大の温泉好きでもあった。ふと、「牧水の愛した酒と温泉巡り」てなものを思いついたりして・・・

.

by kirakuossan | 2017-08-24 10:20 | 文芸 | Trackback