人気ブログランキング |

タグ:俳句短歌 ( 176 ) タグの人気記事

梅花謌卅二首并序

2019年4月6日(土)
d0170835_08422148.jpg
d0170835_14504328.jpg

《梅花の歌序》
天平二年正月十三日に、長官の旅人宅に集まって宴会を開いた。時あたかも新春の好き月、空気は美しく風はやわらかに、梅は美女の鏡の前に装う白粉のごとく白く咲き、蘭は身を飾った香の如きかおりをただよわせている。のみならずあげ方の山頂には雲が動き、松は薄絹のような雲をかずいてきぬがさを傾ける風情を示し、山のくぼみには霧がわだかまって、鳥は薄霧にこめられては林にまよい鳴いている。庭には新たに蝶の姿を見かけ、空には年をこした雁が飛び去ろうとしている。ここに天をきぬがさとし地を座として、人びとは膝を近づけて酒杯をくみかわしている。すでに一座はことばをかけ合う必要もなく睦み、大自然に向かって胸襟を開きあっている。淡々とそれぞれが心のおもむくままに振舞い、快くおのおのがみち足りている。この心中を、筆にするのでなければ、どうしていい現わしえよう。中国でも多く落梅の詩篇がある。古今異るはずとてなく、よろしく庭の梅をよんで、いささかの歌を作ろうではないか。
中西進訳「万葉集」全訳(四季社刊)より

d0170835_15254094.jpg

 天平2年は西暦730年、 令月とは、何事をするにもよい月、めでたい月とされ陰暦2月の異称。正月13日は今でいうおおよそ2月おわりころか。長官とは大宰府長官大伴旅人であり、序の筆者は旅人本人。

わが園に梅の花散るひさかたの天より雪の流れ来るかも    主人

 主人(あるじ)とあるこの歌は、旅人の居宅で催されたこの梅花宴で本人が詠んだもの。日本の現代では花見と言えば桜ということだが、その昔はを鑑賞するのが花見であった。中国は昔からそのようである。
 ところで、旅人という人はかなりの酒好きだったようで、いっそうのこと”酒壺”にでもなりたいといった歌まである。

なかなかに人とあらずは酒壺に成りにてしかも酒に染みなむ   旅人



by kirakuossan | 2019-04-06 14:47 | 文芸 | Trackback

今年こそ 米のとぎ汁で

2018年12月30日(日)

d0170835_11253363.jpg

d0170835_14025155.jpg年末に、久々に一句。
今年こそ米のとぎ汁捨てないぞ   
耕庵

 かずのこの塩抜きは米のとぎ汁がよろしいようで。いつもそう思いながらいざ本番になると忘れて捨ててしまう。丸半日つけ、明日は土佐じょうゆ仕立てで作ってみよう。






by kirakuossan | 2018-12-30 15:00 | 食・酒 | Trackback

「色はにほへど  散りぬるを」から「しづ心なく 花の散るらむ」へ

2018年10月29日(月)

いろは歌

いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ  つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす
色はにほへど  散りぬるを
我が世たれぞ  常ならむ
有為の奥山   今日越えて
浅き夢見じ   酔ひもせず














d0170835_09342451.jpg
改めて思うに「いろは歌」は本当によく出来ていると感心する。すべての仮名を重複させずに使って作られた誦文で、七五調の形式となっている。平泉澄氏は「詩の内容から見れば明瞭に仏教の思想ですから、僧侶が作ったものとしてよいでしょう。僧侶の中でも、よほどの英才で、才気かがやき、詩情溢るる人でなければなりますまい」としたうえで、「大江匡房は、源信僧都が、〈いろは歌〉を作られたのは弘法大師である、といわれた」と付け加える。
そしてそれを証拠づける事例を紹介する。

凌雲集という古い漢詩集にあります。それは弘仁五年(西暦814年)に作られたもので、従って空海の生きているうちのものです。仲雄王が、空海を閑静な寺に訪ねて、その人柄と功績とに感激して作った詩の中に、「字母、三乗を弘め、真言、四句を演ぶ」とあります。その四句は、〈いろは歌〉をさすものと判断せられますから、〈いろは歌〉は、空海の作で、しかも弘仁五年より前(そして大同元年帰朝以後)にできたものと考えられます。
空海には、いろいろと、功績がたくさんありますが、しかし万人がその恩恵にあずかり、千年を経て尽きないものは、この〈いろは歌〉を作ったということでしょう。


平仮名が発達し、片仮名が開発され、五十音図の工夫がこされる。延暦から延喜にかけての100年間、表面は漢文漢詩全盛にみえても、その内面では着実に日本独自の文化が育っていく。小野小町や在原業平などのすぐれた歌人が現れ、やがて延喜五年(905年)、平安時代前期、最初で最高の勅撰和歌集である古今和歌集が誕生する。


ひさかたの 光のどけき 春の日に
しづ心なく 花の散るらむ

紀友則



面白い歌をひとつ。

おいらくの 来むと知りせば 門さして
無しと答へて 逢はざらましを

よみ人しらす


「いろは歌」から100年たって、古今和歌集が生まれ、そしてさらに100年後に源氏物語が登場する。






by kirakuossan | 2018-10-29 08:27 | ヒストリー | Trackback

時空超え六十年の一献

2018年9月22日(土)
d0170835_20490914.jpg
d0170835_20155343.jpg

「夕星」
これは何処の風景と云うものではない。そして誰も知らない場所で、実は私も行ったことが無い。つまり私が夢の中で見た風景である。   魁夷

東山魁夷90歳、絶筆の作品。
d0170835_20304144.jpg
d0170835_21124986.jpg松井くんと京都駅裏で飲む。

時空超え
六十年の 一献は
際限のない
祝宴なり

紅彦



by kirakuossan | 2018-09-22 20:21 | 偶感 | Trackback

真夏日につかの間の癒し

2018年7月1日(日)
d0170835_15251088.jpg


d0170835_15250022.jpgアトリエの表庭に突然ムクゲ(木槿)が姿を現わした。ムクゲはアオイ科フヨウ属の落葉樹で別名ハチス、もくげ、とも呼ぶ。庭木として広く植栽され、夏の茶花としても欠かせない花である。夏から秋にかけて白、紫、赤などの美しい花をつける、花期は7〜10月ということだが、今日から7月、さっそく待ち望んだように花開いたようだ。真夏日につかの間の癒しを与えてくれる。

それがしも 其の日暮らしぞ 花木槿  一茶

それはそうと、裏庭には町中のこちらでは目にすることが珍しいものを発見した。



by kirakuossan | 2018-07-01 15:26 | アトリエ | Trackback

まさにいま、開かんとす。

2018年6月20日(水)

d0170835_08182007.jpg
まさにいま、開かんとす。
ノウゼンカズラ(凌霄花)は夏の季語でもある。

家毎に凌霄咲ける温泉(いでゆ)かな   子規



by kirakuossan | 2018-06-20 08:11 | アトリエ | Trackback

諏訪女学校のこと

2018年5月6日(日)

夏の高校野球の前哨戦ともいえる春季高校野球大会が全国で繰り広げられている。春の大会は甲子園での全国大会に直結しないだけにもうひとつ関心が薄いが、7月から始まる夏の選手権大会の地方大会の行方を占う意味では大事な戦いとなる。
センバツで同県から3校で話題になった滋賀だが、昨日比叡山が近江を下して優勝した。彦根東は準々決勝で、膳所は緒戦で敗退した。京都大会は立命館宇治が勝ち残っている。長野大会だが、今年の小諸商は最近の戦力に比べて見劣りするようだ。昨秋新チームになってから松商学園に1-9と大敗、昨日も春季大会でライバル上田西と対戦、1-8と完敗、昨秋も敗れているので2連敗だ。
そのなかで地力をつけてきていそうなのが、諏訪二葉だ。歴史は110年と古いがもともとは女子校で、1987年から男女共学になった公立校。今まで2~3回戦敗退が続く無名校だったが、一昨年の春季大会で地区予選だがベスト8まで進出、強豪岡谷工に1-4と善戦した。昨年の春季大会も伊那北に5-12と敗れはしたが2年連続で地区予選ベスト8まで駒を進めた。昨秋の大会では地区予選3位決定戦で強豪東海大諏訪に2-3と惜敗、県大会1回戦では甲子園出場経験のある松本工に2-0と快勝している。そして今年の春季大会は、飯田OIDE長姫、上伊那農、赤穂と下し、地区予選の準決勝を勝ち抜いて来た。
いつも上諏訪へ向かうときなど霧ケ峰高原経由で山越えをする。山を降りてきて、前方に諏訪湖を眺めながら最後に急傾斜の坂道を下るが、その途中、大きくカーブしたところにこの諏訪二葉高がある。知らなかったが、諏訪二葉高の第三代校長はアララギ派歌人で「万葉集」研究でも知られる土屋文明であった。1918年(大正7)3月に長野県立諏訪高等女学校教諭に着任、1920年(大正9)1月より同校校長に2年間就いた。


語らへば眼かがやく處女(をとめ)等に思ひいづ 諏訪女学校にありし頃のこと 
土屋文明
d0170835_11185610.jpg
 1926年東京に集い、島木赤彦を囲むアララギ派歌人たち。後列右端が土屋文明、後列左端が斎藤茂吉


また諏訪二葉高の校庭には原村出身の彫刻家で、藤田嗣治、イサム・ノグチ、小山敬三らとも交遊があった清水多嘉示の代表作品「すこやか」がある。清水も1919年から2年、諏訪高等女学校の美術の教諭であった。ほかに清水多嘉示の作品では諏訪大社下社秋宮こま犬が知られる。「すこやか」は来週蓼科入りする際に一度観ておきたい。
なお、同校卒業生には、作家の平林たい子や藤原てい、歌人の今井邦子らがいる。

d0170835_12272251.jpg
(2017年5月1日撮影:下社秋宮)


by kirakuossan | 2018-05-06 10:21 | スポーツ | Trackback

旬の味

2018年4月17日(火)



d0170835_19423940.jpg




小笠原さんの友達の山で採れた筍をいただいた。

d0170835_19105846.jpg

竹の子や児の歯ぐきのうつくしき   嵐雪


服部嵐雪は芭蕉の高弟、芭蕉没後は江戸俳壇を其角と二分する実力を示した。



by kirakuossan | 2018-04-17 19:24 | 食・酒 | Trackback

ありそうで、そうある話ではない。

2018年4月14日(土)
d0170835_12221819.jpg

酒も買い大谷観ては友を待ち   耕庵


大谷選手の好調は続く。今日も2安打、とくに8回の4打席目は前打者の出塁につづく貴重な連続ヒット。エンゼルスの逆転勝ちに今日もまた貢献した。



MMMMMMMMMNNNNNNNNNNMMMMMMMMMMM

d0170835_08155468.jpg
ちあきなおみの紅とんぼ、口ずさみながら。。。
松井くんと日付が変わるまで語り合ったのは、生まれて初めてである。だって、小学生の時はそんなこともなかったろうし。

人生最大の喜びのひとつには、幼いとき知り合った友と、古希になってともに酒を酌み交わすことができる幸福だろう。ありそうで、そうある話ではない。



夜ふけまで演歌しみじみ古希のなべ   耕庵



by kirakuossan | 2018-04-14 23:59 | 偶感 | Trackback

ふるさとの訛り

2018年4月3日(火)

ふるさとの訛りなつかし停車場の人ごみの中にそを聴きにゆく   啄木

石川啄木の歌で、「はたらけどはたらけどなほ・・・」や「東海の小島のいその白砂に・・・」はあまりにも有名だが、この歌は知らなかったが、惹きつける。


ふるさとの訛りなくせし友といてモカ珈琲はかくまでにがし   修司

”昭和の啄木”の異名をとった寺山修司のこの歌もよい。

d0170835_14152884.jpg
おそらく寺山修司が、啄木を意識して詠ったのか、最初の五七の流れはよく似る。でもまるきり違う歌になっているところが興味深いし、寺山修司という歌人で劇作家でもあった彼の非凡さがうかがわれる。
啄木は岩手県の日戸村、修司は青森弘前の生れである。




by kirakuossan | 2018-04-03 13:02 | 文芸 | Trackback