気楽おっさんの蓼科偶感


信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。
by kirakuossan
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

タグ:ゴルフ ( 188 ) タグの人気記事

今日も愉しい一日でした。

2018年10月17日(水)

今日は望月東急GCでプレイ。3人とも不本意な成績で不満足。
d0170835_16485046.jpg
モウモウで久しぶりのソフトクリーム。
d0170835_16490901.jpg
tuttiに戻ればピアノのレッスン。
d0170835_16492377.jpg
締めは萩ヤンの好きな卵かけごはんで送別会。
d0170835_19210933.jpg
今日も愉しい一日でした。

by kirakuossan | 2018-10-17 16:47 | La casa di tutti | Trackback

1年2か月ぶりのプレー

2018年10月15日(月)
d0170835_16354359.jpg
d0170835_16361181.jpg
d0170835_16444123.jpg続いて萩ヤン来荘。
昼無料提供された豚の丸焼きとニジマスの塩焼き(1本300円)で乾杯!

(2018年10月14日)

今日は蓼科高原CCでプレー、1年2か月ぶりにしてはまずまずでした。d0170835_16562140.jpgd0170835_16563123.jpgd0170835_16563975.jpg
d0170835_16584985.jpg
プレー終わって見上げれば八ヶ岳連峰は初冠雪。


by kirakuossan | 2018-10-15 16:26 | ゴルフ | Trackback

タイガー復活

2018年9月24日(月)

d0170835_07165587.jpg
d0170835_07170757.jpg








42歳タイガー復活。
5年ぶり、80勝。


ツアー選手権


by kirakuossan | 2018-09-24 07:15 | ゴルフ | Trackback

ベイスターズ、期待の19歳投手

2018年4月16日(月)

d0170835_06241342.jpg
ベイスターズが17年ぶりの8連勝で好調だ。ちょうど立命館の東克樹投手がドラフト1位で入団して観戦するようになったが、主力選手たちが真面目そうで、みな若い、あの主砲筒香選手だってまだ26歳だ。しかもラミレス監督が日本人以上に日本人の心を持っていそうでたいへん好感が持てるチームだ。
石田・今永・浜口・東を若手左腕四天王と呼んだが、右腕ではさらに若い期待の19歳投手がいる。滋賀の近江高出身京山将弥投手だ。プロ注目投手と噂された小川良憲(現・駒澤大)の1年後輩で、小川ほどは騒がれなかったが、16年夏、滋賀の県大会決勝戦で高島高相手に3-0と完封、見事に甲子園出場を果たしている。緒戦の常総学院(茨城)戦では2番手投手として登場、活躍する場面もなく0-11で敗退しているが、その年のドラフトで4位指名されたベイスターズに入団。1年目の昨年は出場機会がなかったが、2年目の今年、突如4月1日のヤクルト戦で初先発初勝利を挙げ、昨日の中日戦にも先発、落ち着いたピッチングで抑え、既に3勝目を挙げた。
今年はMBLの大谷選手と並んで、ベイスターズの東、京山両投手からも目が離せない1年になりそうで、久々にナイター観戦の時間も増えそうだ。




今入った嬉しいニュースをひとつ。

d0170835_19030667.jpg
小平智が米ツアー初優勝 日本選手5人目の快挙/米男子 

2018.4.16 05:05 サンスポ
d0170835_19032717.jpg米男子ゴルフ・RBCヘリテージ最終日(15日、米サウスカロライナ州ヒルトンヘッド、ハーバータウン・リンクス=7099ヤード、パー71)12位から出た小平智(28)=Admiral=は7バーディー、2ボギーの66で回り、通算12アンダーで並んだ金シウ(22)=韓国=とのプレーオフを制し、米ツアー初優勝を飾った。



by kirakuossan | 2018-04-16 06:01 | スポーツ | Trackback

関学のゴルフ場

2017年12月11日(月)

今朝の「おはよう!パーソナリティ」で道上洋三氏が昨日親しい友とゴルフを楽しんだそうだが、それが千刈カンツリー倶楽部といって、三田にある関西学院が経営母体のゴルフ場。大学が経営するゴルフ場があるとは知らなかった。それも身近に、関学のゴルフ場が・・・
フェアでエチケットマナーを重んじるゴルフの特質が学校教育に必要と判断されて1965年に開場した。設計もJ・E・クレーンで本格的なコース、キャディは関学の学生、なるほど。
d0170835_06461406.jpg
一度プレーしてみたいなあ~

by kirakuossan | 2017-12-11 06:47 | ゴルフ | Trackback

ゴルフのルール改定

2017年9月7日(木)


兄貴へ

耳寄りな情報。

 ゴルフのルールが2019年1月1日から大幅に改定される。

 ルール改定は、「ゴルフの聖地」と呼ばれる英セントアンドルーズを拠点とするロイヤル・アンド・エンシェント・クラブ(R&A)と全米ゴルフ協会(USGA)の連名で、五輪開催の年に「こう変わります」と通達されるのが通例だ。今回のようにおよそ2年も前の17年3月1日に「提案」として発表し、8月31日まで6カ月間にインターネットなどを通じて世界中のゴルファーからフィードバックを受けたうえで、18年半ばに最終決定するという異例の方法を取ったのは、いかに大がかりな変更であるかを示している。

 今回のポイントはズバリ、2つある。一つはルール簡素化によるプレーの「時短」。もう一つは「ゴルフルールは複雑すぎる」との声に応えることで、ゴルフ人口減少に歯止めをかけることにある。

ピンを立てたままグリーン上でパットができるようになる ハザード内の枝などを取り除いても罰はなくなる バンカー内での「アンプレアブル」の処置が変更される ドロップの方法が大きく変わる

ピンを立てたままグリーン上でパットができるようになるハザード内の枝などを取り除いても罰はなくなる

バンカー内での「アンプレアブル」の処置が変更される

一般のアマチュアゴルファーにも大いに関係してくる改定には、以下のようなものがある。

●ピンを立てたまま、グリーン上でパットができる

 現在は、ピンを立てたままグリーン上でパットをして、ボールがピンに当たった場合は2罰打が課せられる。このため、カップの位置が確認しづらいときは誰かにピンを持ってもらい、途中で抜いてもらう必要がある。

 改定ではボールがピンに当たっても罰はなくなるのでピンを立てたままでもOKで、プレー時間全体が短くなる。

●ボールが動いたときの罰が軽減される

 昨年7月に全米オープン覇者、ダスティン・ジョンソン(米国)への「1罰打」事件が引き金になっている。それを機に、今年1月からは同様のケースでは無罰になっているが、今回はラフや林の中などでボールを探しているときに「誤って」ボールを動かしても罰はなくなる。つまり、「明らかに故意に動かした」ケース以外は違反ではなくなる。

 ●バンカーなどハザード内での規則が簡素化される

 ハザード内のルースインペデイメント(木の葉や枝、小石など)を取り除くことは禁じられているが、改定では罰はなくなる。その際、手が砂に触れてもOK。また、クラブが砂に触れても罰はなくなる。ただし、ソールしたときに触れた場合は従来通り禁止される。

●バンカー内での「アンプレアブル」の処置が変更される

 バンカーに入ったボールが「目玉」になったり、とても打てる状況ではなかったりしたときは、「アンプレアブル」を宣言し、1打を加えてバンカー内のしかるべきところにドロップすることになっている。しかし、それでも難しいことがある。

 今回の改定では付加が「2打」になるがピンとボールを結んだ延長線上であれば、バンカー外にドロップできるようにもなる。

●ドロップの方法が大きく変わる

 「肩の高さから落とす」のがドロップの規定だが、「落とす」方法であれば、長さ(高さ)は問われなくなる。つまり、地面に触れなければ大丈夫。バンカー内でドロップしたらボールが砂にめり込んだ、ラフでドロップしたら芝の中にもぐりこんだ――こんな経験は誰にもある。それがなくなるのはありがたい。

ドロップの方法が大きく変わる

 このほかにも、救済を受ける場合、現在は1クラブ、2クラブなど「長さ」が基本になっているが、新ルールでは20ンチ(約50センチ)、80インチ(約2メートル)を基準とした「エリア」にするなどもある。

 また、前のホールのスコアにこだわらず準備のできた人から打つことを推奨し、ボールを探す時間が5分から3分に短縮されるなど、明らかにプレー時間を短くする目的の改定案も盛り込まれている。

 8月末で締め切ったゴルファーからの反応が気になるが、ルール簡素化によるプレー時間短縮と、わかりやすいルールでゴルフがより身近なスポーツになり、競技人口増加につながることが期待される。

 R&AとUSGAの真の狙いはここにある。


鉄より




鉄ちゃんから珍しくメールが入ってきたと思ったらゴルフのルール改定だと。

ざっと読んでみたが吾輩にはあまり関係ないことが多いようだ。「ボールを探す時間が5分から3分に短縮される」などは自分には改悪だけど・・・そんなことより、一度だけ打ち直しが出来るようにして欲しい。いつでも二度まで打つことが出来て、どちらかを選択できるように。そうなればいいスコアが期待できて、ゴルフ人口減少の歯止めどころかもっとゴルフは流行ると思うけど。まあ、みな条件は一緒で、自分だけスコアアップに繋がることはないけど。

(それに時間かかってしゃ~ないけど・・・ハハハッ).



by kirakuossan | 2017-09-07 20:36 | ゴルフ | Trackback

残酷な”空想”だろうか?

2017年8月13日(日)

猫の耳というものはまことに可笑しなものである。薄ぺったくて、冷たくて、竹の子の皮のように、表には絨毛が生えていて、裏はピカピカしている。硬いような、柔かいような、なんともいえない一種特別の物質である。私は子供のときから、猫の耳というと、一度「切符切り」でパチンとやって見度くて堪らなかった。これは残酷な空想だろうか?

『愛撫』梶井基次郎

d0170835_21420190.jpg
d0170835_21430661.gifもう3時間以上も激しい雨が降り続いている。しかも屋根を打つ雨音は恐ろしいぐらいの大きさで、こういう時に、ここは山の中腹、標高1650mにいることを実感する。雨雲レーダーもずっとじっとして動かない。
明日未明の日本人初のメジャー優勝をこの目で観るために早く寝ようとするが、寝つかれない。そこで本でも読んで眠りを誘おうと思うと面白い文章を見つけた。笑けて、よけいに目が冴えた。





追記:
2017年8月14日(月)
d0170835_08074694.jpg
残念ながら今回も”空想”に終った。松山英樹選手は5位タイに沈んだ。
ジャスティン・トーマスが初優勝、あの5秒停止後の一転がりがトーマスの栄光を暗示していた。

d0170835_08080595.jpg






d0170835_08082209.jpg

by kirakuossan | 2017-08-13 21:40 | 文芸 | Trackback

爆発は最終日に温存か

2017年8月13日(日)

全米プロゴルフ選手権 第3日目
d0170835_08301393.jpg
d0170835_08275168.jpg
松山英樹選手の爆発を期待して早朝よりテレビ観戦。しかしその甲斐なく、昨日とは打って変わって、今日はショットの精度が低く、グリーン上も微妙な距離を残し、2打後退の-6で2位タイに。ただ幸いなのはトップが伸びず昨日より1打後退の-7にとどまったこと。考えようによっては、今日より最終日に爆発を温存しておいた方が得策かも、第3日目は射程距離内にとどまったことで大正解かも知れない。
ただ多くがスコアを落とす中で、小平智選手が全体での本日のベストスコア67で回り、+1の18位タイまで躍進したのは立派。

一方、早起きした甲斐があって、世界陸上男子400mリレーの決勝戦がライヴで観られた。日本チームは見事世界陸上初の銅メダルに輝いた。また、ラストランと騒がれていたウサイン・ボルトはジャマイカチームのアンカーで登場したが、脚の故障で転倒、思わぬ結末となった。最後までドラマに彩られたランナーだった。
d0170835_08385310.jpg
日本のリレーメンバーは多田修平(21=関学大)、飯塚翔太(26=ミズノ)、桐生祥秀(21=東洋大)、藤光謙司(31=ゼンリン)。なかでもアンカーの最年長藤光選手は控え的な存在だったが、常にいつ選ばれてもベストを尽くせるよう地道な努力を怠らなかったその成果が出て良かった。


by kirakuossan | 2017-08-13 08:11 | スポーツ | Trackback

何かゴルフが簡単に見えてしまう。

2017年8月12日(土)

松山が強いと朝食も美味い!
d0170835_07440315.jpg
全米プロゴルフ選手権
第2日目、早くも松山英樹のバーディーラッシュ。5時すぎに目が醒めると、次々とピンに絡み、立て続けに-4、-5、-6。こんなの観ていると何かゴルフが簡単に見えてしまう。
d0170835_07443778.jpg
雷警報でしばらくの中断のあとは・・・
バーディ、パー、バーディ、パーで、7バーディ、ノーボギーの64で上り、終ってみればケビン・キスナーと並んで-8のトップタイに。




by kirakuossan | 2017-08-12 06:53 | ゴルフ | Trackback

やはり伝説は生きていた。

2017年8月7日(月)
d0170835_20301232.jpg
やはり伝説は生きていた。
サニーカントリーのスループレイ。11:15にスタートして、16:00に上がったが、途中、1ホールで急にざっと降った程度で、あとは雨にも会わず、風にも会わず、涼しくて最高のゴルフコンディションとなった。
最終ホールでの萩ヤンのパット。中古だけど新しい、プロも使っているTaylorMadeのパター、終盤になってようやくそのタッチが合ってきたと、満足気でありました。台風が迫る中、遠路はるばる安城からやって来た甲斐があったというものです。
d0170835_20120137.jpg


d0170835_05581165.jpg地元佐久長聖のゴルフ部が練習ラウンドに来ていた。この8月4~5日に宇部72カントリークラブで開かれた「緑の甲子園」と呼ばれる全国高等学校ゴルフ選手権大会に出場、男子団体戦で17位の成績をおさめていた。全国大会に出場する位だからかなりの強豪チームなのだろう。




by kirakuossan | 2017-08-07 20:11 | ゴルフ | Trackback
日経
jiji
47NEWS
Bloomberg

WORLD CLOCK
radiko



exciteCounter
カテゴリ
タグ
記事ランキング
以前の記事
フォロー中のブログ
ブログジャンル