ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

<   2018年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

「本当の音楽」

2018年6月18日(月)

d0170835_21404877.jpgスヴャトスラフ・リヒテルの最後の来日公演は1994年2月、彼が亡くなる3年半前の79歳の時である。飛行機嫌いは有名で、なかなか来日を果たせなかった(もちろん他に大きな理由はあったが)そして彼の初来日もまた例の1970年大阪万博の時であった。それ以降は度々日本を訪れることとなり、調子が悪いとキャンセルを繰返し、何かと話題性の多いピアニストでもあった。しかし「20世紀最大のピアニストのひとり」と日本での人気は高く、リヒテルの名を不動のものにした。


1924年2月、リヒテル最後の来日公演での、サントリーホールのピアノ・リサイタルで聴いたグリーグの「抒情小曲集」のことをいまもときどき思い出す。
なぜなら、あのときの演奏こそ、数少ない「本当の音楽」だと強く思ったからだ。
当日になるまでプログラムはわからないという気まぐれが許される数少ない巨匠だったリヒテルは、いつもの習慣として会場全体の照明を落とし、ピアノの上だけに明かりを置いて、スコアを広げながら、静かにグリーグを弾いた。
それは多くのファンが期待したような華やかな作品とは似ても似つかないものだった。が、淡々とした地味な小品たちを一曲また一曲と弾き進むにつれて、ずっとここでリヒテルの弾くグリーグを聴いていたいと思うほど、強い幸福感に襲われた。
グリーグの「抒情小曲集」は、そういう外面的な世界の正反対の何物かである。言い換えれば、それは詩そのものである。ひけらかしやエゴの表出とは無縁に、四季折々の情景、素朴な暮らしの一場面が、個人の日記のように記されている。その背後には、人はいかにして生きるべきかというグリーグの省察がある。

「リヒテルが教えてくれた本当の音楽」(林田直樹著クラシック新定番より)


d0170835_22135248.jpg私の悪い習癖で、物事を決め込んでしまうところがある。それは自分なりに根拠を持ったものであるが、しかし厳密に考えなおせば、必ずしもそれが根拠といえるだろうか、単なる思い込みではなかろうかといった所詮曖昧なものなのである。
北欧の作曲家といえばやはりシベリウスであり、ほかのライバルは見当たらない。しいて言えばグリーグなのだろうが、彼の音楽はいかにも「通俗的」であり、真の音楽性からすればすこし外れたものである。ピアノ協奏曲イ短調を聴けば感じるが、あの一見してとっつきやすさがそのことを物語っている。(これ自体がそもそも偏見なのだろう)
ところがここでの林田直樹氏のグリーグ観を読むにつけ、その偏見は一瞬にして覆されたのである。


自然は、人間をさまざまな属性から解放し、純粋な一個人へと還元する。そして人を謙虚にさせる。この謙虚さが、グリーグの音楽の持っている「徳」の源なのだろう。

ここに出てくるリヒテル最後の来日公演のわずか4か月ほど前に、同じグリーグの「抒情小曲集」アテネでのライヴで録ったディスクがある。林田氏が数少ない「本当の音楽」と評した演奏を想像しながら、いま聴いているのである。



グリーグ:
スヴャトスラフ・リヒテル - Sviatoslav Richter (ピアノ)
録音: 19 October 1993, Athens, Greece



by kirakuossan | 2018-06-18 20:07 | クラシック | Trackback

不思議と週末か休み明けの朝に地震は起きる

2018年6月18日(月)

d0170835_17425894.jpg

昨日自宅の扉の鍵をどうやら京阪バス車内で紛失、今朝問い合わせてみると預かっているとのことで、ヤレヤレ。そこでさっそく営業所に貰いに行き、帰り際「気をつけてお帰り下さい」と言われ、「どうもどうも」と外へ出たまではよかったが、その途端、突如ドカーンときた。
屋外でもあれほどの揺れを感じるほどだから、部屋の中にいたら相当のショックだっただろう。鳥も地面で暫く首をかしげてじっとしておった。
しかしなぜか不思議と週末か休み明けの朝の通勤時間帯に地震は起きる。


午前7時58分ごろ、大阪市北区、大阪府高槻市、枚方市、茨木市、箕面市で震度6弱の地震があった。震源地は大阪府北部で、震源の深さは約13キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6・1と推定される。大阪府で震度6弱を観測したのは観測態勢が整った1923年1月以降で初めて。今回の地震の震源地周辺には「有馬-高槻断層帯」があり、地震と関係している可能性があるとされるが、この断層付近では1596年に慶長伏見地震が起きており、マグニチュード(M)は7・5だったと考えられている。それ以来の大地震かもしれない。
by kirakuossan | 2018-06-18 17:45 | 偶感 | Trackback

「一生青春」はいいんですけど・・・

2018年6月17日(日)
d0170835_19452745.jpgd0170835_19454110.jpgd0170835_19493694.jpg

松井君の丸眼鏡をちょっと拝借して一枚。
2か月ぶりの再会は同じ京都駅前でも今日は新規開拓の焼き鳥屋で一杯。一杯どころか純米白鹿の澗酒が何本も空きました。
「一生青春」はいいんですけど・・・それにしても吾輩、もうさすがに爺ちゃんですな...こうして見ると...

by kirakuossan | 2018-06-17 19:46 | 偶感 | Trackback

かぶ奮戦記 さてここからは。。。

2018年6月17日(日)

日経平均株価 月足

d0170835_09580916.png
日経平均は今年に入ってから乱高下を続けながら、右肩上がりとはいかなくともとりあえずは横ばいで株価を維持してきた。そして再度23,000円を伺う動きになってきた。本格的にネットで株取引を始めたのが、昨年9月からだが、このチャートで見ればタイミングよくちょうど大きな陽線が立ちはじめる手前からスタートしたのが分かる。8月末の日経平均株価が19,646円、そして先週末の終値が22,851円ということだから、16.3%の上昇をみた。しかし、吾輩の実績は、といえば年利換算しても二桁どころか、日経平均の伸びの半分にも届かない。たしかにダイト(4577)、島津製作所(7701)あたりでだいぶ稼がせてはもらったが、如何せん片方でデンソー(6902)やトプコン(7732)あたりでが大幅な下落となって動くに動けず塩漬け状態にある株が足を引っ張った。しかしトプコンの業績は堅調だし、たしかにデンソーは今期減益見込みだが、それも一過性であって必ずや復活するとみとおり心配はしていない。
ところで好決算にもかかわらず、今年に入って極端に下げ続けている銘柄がある。これらはこれから狙い目である。ニコン(7731)日本工営(1954)セイコーエプソン(6724)あたりに目をつけている。
ただある程度値幅が大きく動く銘柄が魅力的で、リスクもあるが妙味も多い。最近ずっと見ていてアサヒGH(2502)が面白い。日替わりで日に100円以上の差で高下している。

アサヒGH(2502)日足

d0170835_10322663.png
18/06/15 始値5,707高値5,737安値5,670終値5,702+6出来高1,590,000

この1か月間で5,500~5,900円のボックス圏で推移、ここにきて再度上放れしそうな気配だ。週明けから要注目である。

もうひとつこれから注目しようとしているのがアドバンテスト(6857)これも今期業績は急回復する見込み。しかし株価は先週末までに下げに下げてここ1か月で500円下げた。窓空きもしっかり埋めたしもうそろそろ底値ではないだろうか?


アドバンテスト(6857)日足
d0170835_10424631.png
18/06/15 始値2,374 高値2,386 安値2,320 終値2,322-102 出来高5,034,600

以上、この2銘柄から目を離せない。はたして成果のほどは?



by kirakuossan | 2018-06-17 09:51 | | Trackback

で、サッカーはさておき、さっそく彼女の歌声を満喫している。

2018年6月16日(土)

d0170835_06575956.jpg


W杯ロシア大会が昨日開幕した。いつもなら”俄かサッカーファン”となって必死で日本を応援するところだが、どうしたことか、今回はまったくそんな気持ちが湧いてこない。それどころかほんのつい最近までワールドカップが6月から始まることすら知らなかった。(また本田かいな?代わり映えしないな~が本音)
そんなんでもちろん開幕式のセレモニーも観ていないが、ここで歌姫アイーダ・ガリフッリーナが美声を披露したらしい。というのは今朝のNMLの新着タイトルで「グノー/ドリーブ/リムスキー=コルサコフ/チャイコフスキー/ラフマニノフ:ソプラノのための作品集」というのが目にとまった。ここで素晴らしい歌声を聴かせるプリマドンナが彼女だ。
ガリフッリーナはCDのレーベル(Decca)から次のように紹介されている。

d0170835_07185763.jpgロシアのカザンから来たアイーダ~アイーダ・ガリフッリーナ、デビュー!
2012年8月、イタリアのジェノバ近くにあるリビエラ海岸の真珠と呼ばれる町ポルトフィーノで行われたアンドレア・ボチェッリの野外コンサートで、ロシア人歌手がセンセーションを巻き起こしました。コンサートのプロデューサー、デイヴィッド・フォスターが公演のインターミッションで、観客の中から皆の前で歌う人を募ったところ、東洋的な女性がステージに登場したのです。女性は「ロシアのカザンから来たアイーダ」と名乗り、「私のお父さん」を歌いました。観客は満場総立ちになって拍手喝采し、デイヴィッド・フォスター氏は驚きを隠すことができませんでした。その歌手こそ、カザン出身でウィーン音楽院の卒業生、アイーダ・ガリフッリーナだったのです。彼女はその後2013年ドミンゴ・コンクールで優勝し、ウィーン国立歌劇場、マリインスキー劇場、などで絶賛を浴びています。デビュー盤となる当盤では彼女が得意とするアリアを録音。チャーミングで心地よい親密な歌声をお楽しみいただます。



で、サッカーはさておき、さっそく彼女の歌声を満喫している。


ソプラノのための作品集(ガリフッリーナ)Vocal Recital (Soprano): Garifullina, Aida - GOUNOD, C.-F. / DELIBES, L. / RIMSKY-KORSAKOV, N.A. / TCHAIKOVSKY, P.I. / RACHMANINOV, S. (Aida)
アイーダ・ガリフッリーナ - Aida Garifullina (ソプラノ)
ウィーン放送交響楽団 - Vienna Radio Symphony Orchestra
コルネリウス・マイスター - Cornelius Meister (指揮)
録音: May 2016, ORF Große Sendesaal, Vienna, Austria



d0170835_08014655.png


https://youtu.be/OaR48Ig5SAA
https://youtu.be/z6WudgH52T0





追記:
2018年6月17日(日)

一夜あけて気がついたが、このCDでウィーン放送交響楽団を指揮しているのがコルネリウス・マイスターではないか。なんと今度29日にマーラーの「復活」で読響を振るあのマイスターではないか!
そんなことで、今朝また聴き直している。



by kirakuossan | 2018-06-16 07:19 | クラシック | Trackback

リストのマニフィカト

2018年6月15日(金)

いい曲、なんの曲。

フランツ・リストは若い頃からダンテの愛読者であった。1837年、26歳時にピアノ曲「ダンテを読んで」(『巡礼の年』第2年)の第1稿を書いている。リストが作曲した2つの標題交響曲のうち「ファウスト交響曲」に次ぐ2作目「ダンテ交響曲」を1856年に完成させた。
この曲は「序奏」と「フーガとマニフィカト」からなる2つの楽章で構成されるが、2楽章後半の「マニフィカト」が心洗われる。リストは、天国の喜ばしさを音楽で現わそうとしたが、ワーグナーが「天国を表現することは不可能である」と述べ、そこでリストは《天国を仰ぎ見つつ終結する》かたちをとった。
ピアノ曲「ダンテを読んで」が「地獄」を音で表わしたものならば、この「マニフィカト」は「天国」を表現しようとした。
d0170835_23003763.jpg



リスト:
「ダンテ交響曲」より序奏、フーガとマニフィカト S109/R426より
ベルリン放送女声合唱団 - Berlin Radio Chorus, female section
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 - Berlin Philharmonic Orchestra
ダニエル・バレンボイム - Daniel Barenboim (指揮)



by kirakuossan | 2018-06-15 22:51 | いい曲、なんの曲 | Trackback

全国10番目の「古都」指定

2018年6月14日(木)

d0170835_19392923.jpg
~大津市・全国10番目の「古都」指定~ の看板。
夕食後の散歩。折り返し点の京阪石山寺駅まで来て、いつも前を通っているのに今日初めて気づいた。
で、
京阪石山寺駅からの帰り道、その「古都」は何処なのか? いろいろ思い浮かべながら戻って来た。
京都市、奈良市、鎌倉市、明日香村、盛岡市、福岡市、そして大津市、う~ん、あとは出てこない。

正解は・・・

古都指定
日本の法律において「古都」は「古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法」で「わが国往時の政治、文化の中心等として歴史上重要な地位を有する京都市、奈良市、鎌倉市及び政令で定めるその他の市町村」と定義しており、「政令で定めるその他の市町村」については政令(古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法第二条第一項の市町村を定める政令)で「天理市、橿原市、桜井市、斑鳩町、明日香村、逗子市及び大津市」と規定している。これは住環境保全運動が制定の契機となった法律で、施行の対象を通念としての「古都」に限定するものではない。

【Wikipedia参照】

大津市が入っているとは知らなかったので、実質正解は4つ。

それほどの由緒ある所なのに、日ごろから感じていることだが、滋賀県や大津市はアピール力が不足している。もっともっと皆で知恵を出し合って、情報発信しなければならない。自分が知らなかったから言うのではないが、県・市の努力不足。
それから何度も書くが、石山寺は入場料・駐車場料金をもっと低料金にする努力をせよ! 600円+600円=1200円はあまりにも暴利である。何となく年々石山寺の参拝客が減っているような気がする。ガラガラの駐車場に高齢者の従事員の多さだけが目につく。これも寺・市の勉強不足努力不足。


by kirakuossan | 2018-06-14 20:01 | 近江抄 | Trackback

リヒャルト・シュトラウス、絶対音楽から標題音楽への過渡期の作品

2018年6月14日(木)

いい曲、なんの曲。

d0170835_17054824.jpgリヒャルト・シュトラウス(1864~1949)は交響曲を4曲書いた。よく知られるのは家庭交響曲(1903年39歳)とアルプス交響曲(1915年51歳)だが、その前に若くして、16歳で交響曲ニ短調を、20歳で交響曲第2番ヘ短調 を書いている。そのあと、1886年、彼が22歳の時に、交響的幻想曲「イタリアから」という佳作を作曲している。この作品は今ではほとんど省みられないが、シュトラウスが絶対音楽から標題音楽へ創作の中心を移して行く時期の過渡的な作品として重要な位置にある。表題はこそ「イタリア」とつけたが、楽曲は描写的な表現はなく、ソナタ形式や三部形式で構成されたの絶対音楽とみなされる。
第1楽章:「カンパーニャにて」三部形式 
第2楽章:「ローマの遺跡にて」ソナタ形式
第3楽章:「ソレントの海岸にて」自由なソナタ形式
第4楽章:「ナポリ人の生活」ソナタ形式

第4楽章ではきき慣れた「フニクリ・フニクラ」のメロディが出てくるが、この楽曲では特徴あるトランペットとホルンの駆け合いがユニークな第1楽章、そして美しい旋律の第3楽章が好きだ。
わずか22歳で書き上げたこの作品から、すでにシュトラウス独自のオーケストレーションが感じ取れる。それはマーラーとはまた異なった温暖質の音色である。
この作品のあとに、「ドン・ファン」(1888年)ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら(1896年)、そして「英雄の生涯」(1898年)へと交響詩の作品群が連なっていく。



リヒャルト・シュトラウス:
シュターツカペレ・ドレスデン - Dresden Staatskapelle
ルドルフ・ケンペ - Rudolf Kempe (指揮)

ここでの演奏はリヒャルト・シュトラウスの作品の演奏に定評のあったルドルフ・ケンペ。今日は彼の生誕日である。



by kirakuossan | 2018-06-14 16:21 | いい曲、なんの曲 | Trackback

新たに、有馬&山中

2018年6月14日(木)

d0170835_15335361.jpg
ポイント・バケーション・リロから新たに追加となった施設案内が送付されてきた。7月に有馬温泉、8月に山中温泉がオープンする。どちらも自前の新しい施設ということでますます充実されることになる。
有馬温泉は、当温泉ならではの「金泉」で、いわゆる有馬の湯が満喫できそうな露天風呂だ。一方、加賀山中温泉もは芭蕉が親しんだほのかな匂いが特徴の硫酸塩泉。どちらも名高い温泉が身近に楽しめるとあって、これはまた機会をみて早晩訪れることになるだろう。


by kirakuossan | 2018-06-14 15:33 | 温泉 | Trackback

米朝首脳会談報道を見て

2018年6月13日(水)

d0170835_22050926.jpg
今回の米朝首脳会談ではテレビ各局が揃いも揃った報道を行なっていた。どの局も専門家と言われる連中たちが”知ったかぶった”自説を披露するのを得意がっているようなのが多かった。そこで共通することは、いつものことながら、ネガティブな話題になると皆口角泡を飛ばし先を競って喋るが、ポジティブな事柄が出てくるとかえって一斉に場が静まりかえるといった傾向にある。その点、山本浩之アナが進行する「ちちんぷいぷい」がミーハー報道に徹していてかえっておもしろかった。


橋下徹氏が「米朝首脳会談を評論する愚」と題して、PRESIDENT Online で語っている。

北朝鮮問題なんて、これは官僚組織の一担当者が扱えるレベルでないことは誰にも分かる。なんと言っても、まだ朝鮮戦争は継続中なんだよね。今休戦しているだけ。そして北朝鮮という超独裁国家において核兵器が着々と準備されているんだから。
こんな問題を解決するのに官僚組織の一部局、ましてや一官僚が対応できるわけがない。今回の米朝首脳会談については、特に新聞を中心に、出てくるわ出てくるわ、色んなインテリたちが持論を述べていた。でもね、ほとんどのインテリは、自分たちの領域と役割というものを分かっていない。
どの部分を政治家であり、国家のトップであるトランプのおっちゃんが担って、どの部分を専門家である官僚組織やインテリが担うのかの整理が必要で、まずそこをしっかりと整理するのが自称インテリの役割なんだ。トップと組織、政治家と官僚の役割分担論ね。ところが、政治家がやらなければならない領域にまで口を出して、トランプのおっちゃんのやっていることを全否定する自称インテリも多いね。
このように急展開で米朝首脳会談が実現することになったけど、米朝首脳会談が決定するまでは、また決定した後も、会談を行うトランプはバカだ、アホだと偉そうに罵っていた自称インテリが多かった。準備不足だ、戦略欠如だ、ともっともらしいことを言ってね。
でもこんな戦争にもなりかねない大きな問題を解決するのに、国のトップが会談する以外に、どんな方法があるというのか。




d0170835_22235026.jpg実は今回の会談前に二人はすでに会っていた??

by kirakuossan | 2018-06-13 22:26 | 偶感 | Trackback

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る

日経
信濃毎日
京都
中日
産経
ITmedia
JP
47NEWS
WORLD CLOCK
radiko



exciteCounter

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル