ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

<   2017年 10月 ( 73 )   > この月の画像一覧

かぶ奮戦記 明日はひょっとしたらひょっとするかも。。。

2017年10月31日(火)

株探ニュース
2017年10月31日15時00分

ソニー、今期税引き前を28%上方修正・10期ぶり最高益、未定だった配当は5円増配

 ソニー <6758> が10月31日大引け後(15:00)に決算(米国会計基準)を発表。18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結税引き前利益は前年同期比3.6倍の3474億円に急拡大した。
 併せて、通期の同利益を従来予想の4700億円→6000億円(前期は2516億円)に27.7%上方修正し、増益率が86.8%増→2.4倍に拡大し、10期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。
 会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結税引き前利益は前年同期比63.9%増の2525億円に拡大する計算になる。
 業績好調に伴い、従来未定としていた今期の年間配当は25円(前期は20円)実施する方針とした。
 直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結税引き前利益は前年同期比4.9倍の1985億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の2.7%→9.9%に急改善した。
第2四半期累計決算【実績】
決算期売上高営業益経常益最終益1株益対通期
進捗率
発表日
U   15.04-093,700,799184,925210,904115,99495.569.315/10/29
U   16.04-093,302,147101,93997,53626,00820.638.816/11/01
U   17.04-093,920,644361,839347,459211,723167.657.917/10/31
前年同期比+18.73.5倍3.6倍8.1倍8.1倍(%
単位:百万円
今期【予想】
決算期売上高営業益経常益最終益1株益1株配発表日
U 旧2018.038,300,000500,000470,000255,000201.8117/08/01
U 新2018.038,500,000630,000600,000380,000300.742517/10/31
修正率+2.4+26.0+27.7+49.0+49.0(%
今期【修正】
決算期売上高営業益経常益最終益1株益1株配発表日
U 旧 2018.038,300,000500,000470,000255,000201.8117/08/01
U 新 2018.038,500,000630,000600,000380,000300.742517/10/31
修正率+2.4+26.0+27.7+49.0+49.0 (%)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日の中間決算発表は何を意味するのか?
それは今期通期の見込みが各項目で前回8月時点よりも大幅に上回ったことに他ならないが、増収もさることながら、経常利益ベースで4700億円→6000億円へと約28%も上昇し、しかも10期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった、というところに大きな意義がある。主力の半導体事業に加え音楽、テレビ事業が好調で、各部門の利益予想を引き上げたのが大きな要因。世界のソニーも一時は経営不安に陥り、苦境を乗り越え、ここに来ての完全復活はみなが待ち望んでいたのかもしれない。
 ソニーは今年4月28日に2017年3月期決算を発表した。その直後の株式市場は発表を好感し、直近安値3402円(4月17日安値)から4091円(5月11日高値)へと、15営業日ほどで700円近く、20%も値を上げた。そんなことから考えても今日の好業績への修正発表はさらにインパクトが大きいものと思われ、その時以上の値上がりがあっても不思議ではない。ここは大きく最低でも1000円上げが期待できるのではないだろうか。それを予知してだろうか、昨日の日足の十字線がそれを物語っているように思える。


ソニー(6758)

<日足>
d0170835_20141247.png
好業績発表を予測してか、今日は出来高を伴って、一時は4428円まで上がり、終値4413円103円高でひけた。
今度こそホントに目が離せない。
まずは明日の寄り付きが気になる。

.

by kirakuossan | 2017-10-31 17:53 | | Trackback

かぶ奮戦記 二度あることは三度ある

2017年10月31日(火)

日経平均が14連騰をみたその翌日の10月21日にこう書いていた。

相性の良いTDK(6762)を三たび狙おうと思っている。陰線が出て下りそうになると長い下ヒゲの陽線が出て踏ん張っている。この株の本当の株価復活はこれからだと思っているので、週明けから7800円切れがあれば狙い目か? 誰かがいつも言っている一目均衡表の「雲」から見ても日足、週足ともに1週間前に突き抜けたし、上値のしこりは少ないと思われる。

<日足>
d0170835_14083570.png
このとき前日の終値は7840円であった。だから週明けに7800円切れがあれば三たび買う方針であった。このあたりがいざ投資に臨む段になると少しでも安く拾おうといった欲が出る。これで、今までにトプコン、マクセルと続けて拾い損ないをしているのに、またもや三度、同じ過ちをしてしまった。結局この日を境に7800円どころか、日毎に急伸し、ついに今日の前場で高値8600円を突破、今現在8670円までつけた。もう、放心状態で、いま少し微熱が出てきた・・・

どうしても今がチャンスと決断したら、目先の細かい欲を出さずに、その近辺だったら思い切って成り行きで買ってしまうことが肝要だ。ある本にも書いてあった。
「素人の人は買いも売りも成り行きがよい、下手に指値癖をつけないこと」




旭硝子5201

<日足>
d0170835_12550434.png
I   2015.1213,26284542937.118.016/02/05
I   2016.1212,82567547441.018.017/02/07
I 予 2017.1214,5001,030640279.360.017/08/01
前期比(%)+13.1+52.5+34.96.8倍
          (左から決算期 売上高 経常益 最終益 1株益 1株配 発表日)


そんな教訓もあって、一昨日、これは絶好の買い場と旭硝子(5201)を成り行きで4430円で買った。これが逆にそうはうまくはいかないもので、昨日15円下げ、今日もさらに動きが弱い。
ただ旭硝子は今12月期が好決算の予想で、それを織り込んでもまだまだこの会社の実力から行けば超割安に置かれている。何といっても、板ガラスでは世界最大のメーカーで、新たに30年前から温めていたバイオ分野にも、昨年、今年と外国の会社を続けて買収し、本格参入することになる。さらに来年7月には社名をAGCに変更することも決まっていて、今までどちらかと言えば地味な印象だったが、ここにきて新たな変貌を遂げようとしているようである。過去には12,000円越えの高株価もあったぐらいで、好業績に裏打ちされた同社の底力は計り知れない。
今日、取引終了後に四半期決算発表がされる予定にあるが、今後の旭硝子の動向には要注目であると思う。

ついでにもう一つ、ソニー(6758)。実はなにを隠そう、先日売り抜けた分以外にも、先月の12日にさらに上の4429円で衝動買いしてしまっていた。それからというものは下げ続け、一時は4039円までになった。ここは信じて忍の一字、その甲斐あって、ようやく浮上、上昇トレンドに入ってきた。ここも好決算が予想されるのにあまりにも株価が低すぎる。今日、4414円までに復活してきた。ここまでせっかく辛抱したのだから、ここはじっくりと構えるつもりである。ここも今日の取引終了後に中間決算発表が控えている。本来人気銘柄だけにこれからが大いに愉しみである。



102.png102.png102.png

追記:
(15:15)
株探ニュース
2017年10月31日15時00分

旭硝子、1-9月期(3Q累計)税引き前が71%増益で着地・7-9月期も3.1倍増益

 旭硝子 <5201> が10月31日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。17年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結税引き前利益は前年同期比70.9%増の806億円に拡大し、通期計画の1030億円に対する進捗率は78.3%に達し、4年平均の75.6%も上回った。 
 会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した10-12月期(4Q)の連結税引き前利益は前年同期比9.6%増の223億円に伸びる計算になる。
 直近3ヵ月の実績である7-9月期(3Q)の連結税引き前利益は前年同期比3.1倍の318億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の7.1%→8.9%に改善した。
第3四半期累計決算【実績】
決算期売上高営業益経常益最終益1株益対通期
進捗率
発表日
I   15.01-09989,59851,01470,25942,74537.083.115/10/29
I   16.01-09939,90262,15247,20832,91128.569.916/10/31
I   17.01-091,063,95682,45180,68960,611263.978.317/10/31
前年同期比+13.2+32.7+70.9+84.29.3倍 (%)
単位:百万円




110.png110.png110.png

さらに追記:
(16:30)
アセットアライブ株式情報

5201 旭硝子の関連ニュース

  • 2017/10/31 15:26
    【決算】1-9月期営業利益は32.7%増。自社株買いも実施
    旭硝子は1-9月期営業利益は32.7%増の824億円、純利益は84.2%増の606億円となった。進捗率は71.6%。
    建築用ガラスは引き続き堅調に推移。自動車用ガラスはロシア・ブラジルなど新興国の市場回復から堅調に推移する見通し。また、ディスプレイ用特殊ガラスや車載ディスプレイ用カバーガラスなども増加する見通し。

    発行済み株式総数2.2%を自社株買い。500万株、150億円。取得期間は11月1日~1月19日。
    自社株買いとは、株式市場から過去に発行した自社株式を自らの資金を使って買い戻すことをいう。自社株買いを行うと、発行済み株式総数から自己株式数が除かれるため、1株あたりの利益が増加する。流通する株式数が減ることから需給関係がタイトになり、株価の上昇にもつながる。
【自社株買い】自社株買いが行われると発行済株式の総数が減り、総数が減るので1株あたりの資産価値やROEが向上する。利益余剰金などを使い、自社株買いを行うが、自社株買いは「株主への還元対策」となり、その企業は「株主の事を考えている」とされ好材料としてとらえられることが多い。株主への還元対策を考えた場合、一般的に、自社の株式が割安であると考えれば「自社株買い」を行い、割高であると考えれば「配当金」による株主還元を行うのが一般的である。定期的に自社株買いを行う企業にキヤノンがあるが、今回の旭硝子の500万株は規模的にしれてはいるが、自社の株式を「安い」と判断して購入するという事は、自社の将来の業績に関して自信を持っている証拠でもあって、将来株価が上ると見込んでいるとも言え好感できる。ただ問題は、企業が自社株買いを実施したあと、取得した自己株式をひとまずはそのまま保有を続けるのが一般的だが、いずれどこかの場面で売却してくることがある。その時は、逆に株価下落の要因になる。


.

by kirakuossan | 2017-10-31 13:13 | | Trackback

ハロウィン 2017

2017年10月31日(火)

d0170835_07331738.jpg
ハロウィン 2017

Halloween 2017 Google Doodle: Jinx's Night Out





by kirakuossan | 2017-10-31 07:27 | 偶感 | Trackback

今月の一枚:: 雨の京都 Oct.2017

2017年10月30日(月)

d0170835_21513310.jpg
2017年10月28日(金)11:09am 島原の揚屋「角屋」
レンズ:1NIKKOR VR 10-30mm f/3.5 焦点距離:10mm(27mm) 
露出+0.0 シャッター1/160 ISO200 AUTO

.

by kirakuossan | 2017-10-30 21:46 | PHOTO | Trackback

作曲家大澤壽人に再び光が。

2017年10月30日(月)
ボストン交響楽団を日本人として初めて指揮した作曲家大澤壽人のことが、先週27日の日経新聞夕刊の「カルチャー」で紹介されたが、その記事を松井くんがメールで送ってくれた。

d0170835_18152482.jpg

神戸生まれの作曲家、大澤壽人(1906~53年)にスポットライトが当たっている。約600ページ立ての評伝が出版され、特集演奏会が東京に次いで阪神間でも開かれるなど、関連事業が目白押し。早すぎる死に、再評価の機運が追いついてきた。




大澤の音楽は戦前の作品にしてはあか抜けたモダンさが特徴だ。コントラバスやサクソフォンなど、日本人作曲家が普通は手がけない楽器に光を当てた協奏曲を作曲していることにも一端をうかがえる。それは大澤が東京音楽学校(現在の東京芸術大学)といった音楽の専門教育から距離を置いて育った経歴と無関係ではない。関西学院を卒業後、音楽修業で留学先に選んだのは米国とフランス。1930年から34年にかけてボストンに留学、パリを経て36年帰国した。
「戦前の日本では西洋音楽といえばドイツ・オーストリア系が主流。その一辺倒に染まらなかったのが先駆的」。こう語るのは評伝『天才作曲家 大澤壽人』をみすず書房から出版した生島美紀子(神戸女学院大学非常勤講師)



NMLで代表作の一つ、1938年に作曲されたピアノ協奏曲の「神風協奏曲」を聴いているが、完成度が高いもので、斬新さも持ち合わせ、聴くものを退屈させずに惹きつけるものがある。第二楽章のアンダンテがまたなんと美しいことよ。残念ながら、コントラバスやサクソフォンの曲は配信されていないので聴くことはできないが、「神風協奏曲」一曲でもその一端がうかがえる。”神風”というのがまたいかしてる。

「因みに、”神風”は特攻隊ではなく、朝日新聞が発注し三菱航空機がつくった純国産の2人乗り機。当時東京―ロンドン間の最短飛行時間記録をたてた」とNMLのレヴュアーで俵孝太郎氏が紹介している。

エカテリーナ・サランツェヴァ(ピアノ)
ロシア・フィルハーモニー管弦楽団
ドミトリ・ヤブロンスキー (指揮)

by kirakuossan | 2017-10-30 18:08 | クラシック | Trackback

企業のオーケストラ

2017年10月30日(月)

NTTフィルハーモニー管弦楽団と言うオーケストラがある。定期演奏会をすでに40回を越え、第42回定期演奏会が11月25日(土)に、すみだトリフォニーホールで山下 一史指揮のもとでヴェルディの「レクイエム」が演奏されることになっている。ちょうどその2日前が同じ会場でエリソ・ヴィルサラーゼの演奏会が行われ、聴きに行くことになっている。

アマチュアオーケストラといえば大学のオーケストラが比較的水準も高く、今までにも立命館大学交響楽団など数多くの演奏を聴いて来た。また社会人で構成されたオーケストラも、近畿フィルハーモニーや紫苑交響楽団などの存在も知っている。意外と知らないのが企業のオーケストラである。
ソニー・フィルハーモニックやd0170835_15292793.jpgパイオニア交響楽団という組織がある。さすが音響に関連する企業だけにさぞかし水準も高いのだろうと思われるが、ほかに電機機器メーカーでは日立フィルハーモニー管弦楽団や東芝フィルハーモニー管弦楽団が存在するし、他業種でも三井物産管弦楽団、JR東日本交響楽団、三菱東京UFJ銀行管弦楽団、リコーフィルハーモニー、そして前出のNTTフィルハーモニー管弦楽団など・・・
中にはフェンスター管弦楽団というのもあって2014年にマイクロソフト管弦楽団を母体とし、創立10周年を機に会社と関係を持たないアマチュアオーケストラとして発展解消、再結成されたオーケストラまである。パナソニック電工(旧松下電工)ではパナソニックエコソリューションズ吹奏楽団を持つし、オーケストラではないがパナソニック本体では40年以上の歴史を誇るパナソニック合唱団(旧松下中央合唱団)がある。

d0170835_15453824.jpg今朝のNMLの新着タイトルにチェコ・フィルハーモニー管のモーツァルトの40番と41番が配信されている。指揮者は誰かと言うと、武藤英明という人で初めて聞く名だ。調べて見ると・・・桐朋学園大学卒業、齊藤秀雄に指揮を学び、1976年チェコのプラハへ渡り、ズデニェク・コシュラーに師事する。1977年には国際バルトーク・セミナーに参加して最優秀指揮者に輝く、といった経歴の持ち主。その武藤氏が日立フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会でよくタクトを振るそうだ。このオケもNTTフィルと同じく今年で定期演奏会42回を数えた。





d0170835_16005325.jpgモーツァルト:
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
武藤英明(指揮)
(録音:2006年6月10,16日 プラハ『芸術家の家』ドヴォルザーク・ホール)
.
by kirakuossan | 2017-10-30 07:02 | クラシック | Trackback

カズオ・イシグロの日本を舞台にした小説

2017年10月29日(日)
d0170835_17282078.jpg
時代は戦後まもなくの一九四八年十月、今から69年前、私が生まれるちょうど半年前の出来事である。そして翌一九四九年四月、十一月、一九五〇年六月と話は流れる。戦時中、名の通った画家である小野は多くの弟子に囲まれ、尊敬を受ける地位にあったが、息子を戦争で失い、妻も亡くし終戦を迎える。周囲の目は徐々に変わって行くなか、画業を引退し、人生を振り返る。そこには自らが貫いてきた信念と、戦後の新しい価値観とのずれを感じ、心が揺れる。

『浮世の画家』カズオ・イシグロが1986年、32歳のときに著した第二作目の長編小説である。ここでの舞台は日本、自らの幼い頃の日本での記憶を辿りながら綴っていく。娘二人と孫との会話場面では、ふと昭和のどこにでもあるような光景、あの小津映画のストーリーとダブってしまう。この小説はヴィットブレッド賞に輝いた著者の出世作である。
カズオ・イシグロの小説は、「わたし」の目線で書かれている。主人公は常に「わたし」である。10ページほど読んでは、何か用事を済ませ、手空きになると、またページを繰ってみる。そんなゆったりとした読み方がとても性に合うような、そんな気安さと、懐かしさと、そしてさりげなくついつい読み進めて行きたくなるような、そんな魅力がある。

d0170835_17405878.jpg

このあたりには今でも<ためらい橋>と呼ばれている小さな木橋がある。そのたもとから、丘の上までかなり急な坂道が通じている。天気のいい日にその坂道を登りはじめると、それほど歩かぬうちに、二本並んでそびえ立つ銀杏の梢のあいだからわたしの家の屋根が見えてくる。丘の上でも特に見晴らしのよい場所を占めているこの家は、もし平地にあったとしても周囲を圧倒するほど大きい。たぶん坂を登る人々は、いったいどういう大金持ちがこんな屋敷に住んでいるのかと首をかしげることだろう。
いや、そんな家に住んでいるからといって、わたしは決して金持ちでもないし、かって金持ちだったというわけでもない。この家はわたしではなく、前の住人が―ほかでもない、あの杉村明が―建てたものだといえば、みんななるほどとうなずくのではあるまいか。~
『浮世の画家』冒頭部


.

by kirakuossan | 2017-10-29 17:28 | 文芸 | Trackback

「焼いたらいっそう、おいしいどっせ」

2017年10月29日(日)
d0170835_08200616.jpg
d0170835_08223093.jpg東寺の東門傍に大正元年創業。ふっくらとやわらかな求肥の中に、きめ細かな餡が詰まった銘菓東寺餅。
求肥(ぎゅうひ)とは和菓子の材料のひとつで、白玉粉または餅粉に砂糖や水飴を加えて練りあげたものである。

よもぎ大福は一日経つと固くなるので焼き餅にして食べるとよいとある。
「焼いたらいっそう、おいしいどっせ」

by kirakuossan | 2017-10-29 08:16 | 食・酒 | Trackback

明文化されていなかったことが問題だった?

2017年10月29日(日)
d0170835_07380516.jpg
スバルの無資格者が検査問題

スバルとしては、30年以上前から、完成検査に従事する者について、担当検査工程に必要な教育と訓練、完成検査業務に必要な知識と技能を100%身に付けたと現場管理者(係長)が認定、監督者の監視下でマンツーマンで完成検査業務に従事、独り立ちして業務経験を積み、そして筆記試験を受け完成検査員となり、完成検査業務に正規登用というプロセスになっていた。
普通に考えると「完成検査業務に必要な知識と技能を100%身に付けたと現場管理者(係長)に認定」された時点で、完成検査員に認定すれば法令違反とならず、記者からも同様の質問が出たが、「係長が認定した時点で完成検査員に登用すれば問題はなかったのだろうが、私どもとしては実務経験を重視した。これがきちんと明文化されていなかったことが問題だと思っている。印鑑について、現場の監督者の印章を、ハンコを押すまでが業務ということで渡している。印章も班長のものを渡して、管理している。そこは正すべきだと反省をしている」と語る。 
スバルは国内向け、海外向けを1つのラインで混流生産しており、今回の問題が影響するのは国内生産分のみ。輸出生産分に関しては、日本と同等の検査をした上で、各国の法令に準拠した検査をしているが、例えば北米には完成検査員という制度がなく輸出分は問題にならないという(そもそも北米のイリノイ工場には完成検査員がいない)。しかし、国内分については、法令違反は法令違反。 
吉永社長は、「会社の中で起きたことは社長の責任」と語り、今回の問題によってスバルというブランドが毀損することに関連した、「ブランドの再構築のためなにがもっとも必要か?」という質問に対して、「4月に社名変更をして、5月に決算発表した。当社は社内全員が実力を高めていくことをしなければいけないと話した。成長できたことはうれしいが、全体の力がこの件に限らず追いついていない。無理矢理どんどん販売台数を上げていこうとは思っていない。本当の意味で足下を見つめ直して企業としての実力を高める」と答えた。 記者会見は17時ちょうどに始まり、19時20分に終了。重複質問もあったが、質問のために挙手をしたすべての記者に答える形で終了した。
(10月27日、CAR WATCH より抜粋)





by kirakuossan | 2017-10-29 07:43 | 偶感 | Trackback

雨の京都をあるく~

2017年10月28日(土)

雨の京都をあるく~ 松岡君の選んだ京都巡り。

d0170835_21251347.jpg山下君と3人で小雨降るなか今日は、東寺⇒島原界隈角屋⇒聖護院門跡⇒将軍塚と訪れた。東寺は2017秋期特別公開で国宝・五重塔の初層内部を公開中である。足元が悪いなかでも熱心な観光客が朝早くから訪れていた。内部は心柱を大日如来に見立て、その周囲に阿しゅく如来、宝生如来、阿弥陀如来、不空成就如来の金剛界四仏と八大菩薩が安置されている。

d0170835_22384733.jpg
d0170835_21531858.jpg
島原は、江戸時代以来公的に許された花街として発展した。花街は歌舞音曲を伴う遊宴の町であり、江戸吉原に代表される遊郭とは性格が異なる。島原という地名は、寛永18年(1641)、それまで六条三筋にあった花街がいまの地に移された。当時は辺鄙な一帯で西新屋敷と名付けられたが、そのときの移転騒動が、4年前の寛永14年(1637)に勃発した島原の乱を連想させたことから、島原と呼ばれるようになったといわれる。花街には「揚屋」と「置屋」があって、揚屋に太夫や芸妓を派遣するのが置屋である。揚屋はかつて江戸の吉原や大阪の新町にもあったが、吉原は宝暦7年(1757)の大火で焼失。大阪は昭和20年の空襲で消滅してしまった。「揚屋」は、大規模な宴会場のことをいい、江戸時代中ごろまでは間口が狭く奥行きのある小規模な建物で営業されていた。1階に台所と居住部分、2階に座敷があり、そこで客を2階へ揚げるところから「揚屋」と呼ばれるようになった。当時は20数軒あったとされる「揚屋」だが、その中でも角屋は、島原を代表する揚屋で、つい30年ほど前まで営業をしていたが現在は営業していない。大規模な建物は花街文化をいまに伝える貴重な建造物である。
d0170835_22061768.jpg
d0170835_08445888.jpg
d0170835_08412735.jpg
d0170835_22145944.jpg


平安時代中期の天台宗の僧増誉が開基したと伝えられる聖護院門跡、本尊は不動明王、日本の修験道における本山派の中心寺院であると共に全国の霞を統括する総本山である。周辺、和菓子の聖護院八ツ橋、京野菜の聖護院大根・聖護院かぶなどの発祥の地である。
d0170835_22235610.jpg
終りに東山にある「将軍塚」へ足を伸ばす。平安遷都の折り、桓武天皇が築かせた将軍塚で、そこから見下ろす京の街はあいにくの小雨で靄ってはいたが絶景の場所であった。
d0170835_22253921.jpg
d0170835_22300721.jpg



by kirakuossan | 2017-10-28 21:18 | 新日本紀行 | Trackback

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る

日経
信濃毎日
京都
中日
産経
ITmedia
JP
47NEWS
WORLD CLOCK
radiko



exciteCounter

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル