信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。 当ブログ名は2018年7月1日をもって「のんきなとうさんの蓼科偶感」に変更いたしました。


by kirakuossan

<   2015年 08月 ( 81 )   > この月の画像一覧

悲願達成なるか?

2015年8月31日(月)
テニスの世界4大大会は全豪オープンテニス(1月)全仏オープンテニス(5月)ウインブルドン(6月)全米オープンテニス(8月)ということだが、それぞれの優勝賞金は全豪オープン265万オーストラリアドル(約2億5000万円)、全仏オープン165万ユーロ(約2億2000万円)、ウインブルドン176万ポンド(約3億2000万円)、そして全米オープンは、300万USドル(約3億6000万円)、ゴルフのメジャー大会マスターズでさえ、優勝賞金が約160万ドルなのを思えば、テニスの全米オープン破格の優勝賞金だ。その今年最後のメジャー大会が日本時間で明日の深夜開催される。
第4シード(世界ランキング4位)の錦織圭選手が順当に勝ち進んだ場合の対戦相手の予想は次の通り。
1回戦  VS ブノワ・ペール(41位)
2回戦  VS マルセル・イルハン(83位)
3回戦  VS トミー・ロブレド(26位)
4回戦  VS ガエル・モンフィス(16位)
準々決勝 VS ダビド・フェレール(7位)
準決勝  VS ノバク・ジョコビッチ(1位)
決  勝 VS ロジャー・フェデラー(2位)
d0170835_19273032.jpg

錦織圭選手、今年3勝はしているというものの、負傷や途中棄権が相次ぎ悔しい思いが募っている。昨年準優勝という輝かしい実績を誇るこの大会、何とか最後のメジャー全米オープンで悲願を達成して欲しいものだ。

また今夜から寝不足になるのか?・・・



追記:
2015年9月1日(火)
まだ初戦だから昨夜は観ずに早く寝た。朝起きて知った。錦織圭、まさかの初戦敗退。
by kirakuossan | 2015-08-31 19:03 | スポーツ | Trackback
2015年8月31日(月)

”マイ・ライブラリー600”を”マイ・ライブラリー1000”に変更。

d0170835_15175254.jpg自宅分も加えて再度選定し直したたところ400枚抽出。
さらにBOX盤が約200セットあって枚数にして約1200枚に上った。ここからBOX盤の約半分の603枚が加わり、6段棚と棚下スペース活用とで、ちょうど1000枚分収納が可能となった。後にそれ以上残ったBOX盤600枚とバラの1000枚あまり、あとの整理がこれまたたいへん。
d0170835_15374571.jpgd0170835_1538990.jpg


”マイライブラリー1000”の作曲家別枚数
【選定基準】
①古今東西、いつの時代も名盤として聴き継がれ、小生も納得する”名盤”
②世評はともかく、これが真の名盤と信じて疑わない”自薦盤”
③名盤かどうかは別として、いつも手元に置いて一人で愉しめる”愛聴盤”
④新人演奏家などの、今後注目して聴き続けていきたい”注目盤”
⑤楽曲優先で、どうしてもライブラリーに加えておきたい”いい曲盤”

バッハ・・・15
ヘンデル・・・9
ハイドン・・・56
モーツァルト・・・76
ベートーヴェン・・・128
シューベルト・・・10
メンデルスゾーン・・・35
ベルリオーズ・・・19
ショパン・・・20
シューマン・・・3
リスト・・・34
ブラームス・・・24
ブルックナー・・・43
マーラー・・・24
ドヴォルザーク・・・18
チャイコフスキー・・・13
R・シュトラウス・・・17
ワーグナー・・・5
フランス系・・・15
ロシア系・・・22
北欧系・・・30
英国系・・・10
オペラ・・・55
オムニバスその他・・・317
合計1000枚(2015年8月31日現在)

注:ハイドン、モーツァルト、メンデルスゾーン、リスト、ブルックナーが多いのは全集BOXが含まれているもの。ベートーヴェンは全集BOXで59枚、バラで69枚。


これらを毎日1枚ずつ聴いていって3年かかるのです。
by kirakuossan | 2015-08-31 15:08 | クラシック | Trackback
2015年8月31日(月)

d0170835_10152027.jpg”マイ・ライブラリー600”選定をやり始めたが、やはり昨日だけではとても無理だった。というのも最初は厳選しすぎて偶然にもちょうど半分の300枚にとどまった。
ベートーヴェン・・・57
バッハ・・・12
モーツァルト・・・25
ハイドン・・・3
シューベルト・・・5
メンデルスゾーン・・・2
ベルリオーズ・・・9
ショパン・・・7
シューマン・・・3
ブラームス・・・23
マーラー・・・14
予想外に多かったのが、
ブルックナー・・・34
ドヴォルザーク・・・12
チャイコフスキー・・・10
その他もろもろで・・・84
合計ちょうど300枚。
d0170835_1094637.jpg
d0170835_10112591.jpgということで、自宅在庫分はBOXものが多いとはいえ、この際すべて一挙に選定することとした。
これをアトリエへ運び込むのもたいへん、ボストンバッグに、本棚に、手提げバッグに・・・あっという間に後部座席がいっぱいになった。

いま、家の百日紅が綺麗に咲き誇っている。今朝の小雨で、さらにその色は鮮やかさを増している。
d0170835_10125970.jpg



つづく・・・
by kirakuossan | 2015-08-31 10:07 | クラシック | Trackback
2015年8月30日(日)
d0170835_12433355.jpg
昼から6段CD棚へ収納すべく”マイ・ライブラリー600”選定の大作業に入った。
まずすべてのライブラリーからBOX盤を除き、自宅とtutti にあるものは別の機会として、とりあえずアトリエの在庫分から選定に入った。

【選定基準】
①古今東西、いつの時代も名盤として聴き継がれ、小生も納得する”名盤”
②世評はともかく、これが真の名盤と信じて疑わない”自薦盤”
③名盤かどうかは別として、いつも手元に置いて一人で愉しめる”愛聴盤”
④新人演奏家などの、今後注目して聴き続けていきたい”注目盤”

作業としてはまず選定に値するもの、値しないもの、保留分の3つに分け、値するものから6段棚へ格納する。その配列の方法は、探し出すときにエクセルの索引から見つけやすい「レーベル別」を考えたが、かみさんからの注文があって、誰が見ても探しやすいものにしてくれとのことで、最もポピュラーな「作曲家別」とする。

さて、今日中に選定は終わるであろうか?


つづく・・・
by kirakuossan | 2015-08-30 12:34 | クラシック | Trackback
2015年8月30日(日)
d0170835_9394762.jpg
d0170835_1091117.jpg東京・稲城の高尾ぶどう。
「高尾」は1956年に生まれた新しい品種で、選抜された巨峰の実生改良種。果粒は紫黒色の長楕円形、巨峰よりやや小さく、果肉は締まり、甘みは強く、酸味は適度で、香りもあるという種なしのぶどう。
初めて食べたかもしれないが、これは濃厚で美味い!まさに甘露、甘露!
このブドウ栽培管理が非常に難しいためなかなか普及しなかったが、稲城市や日野市でこのブドウに惚れ込んだ生産者の手によって1970年ごろから栽培が始められるようになった。その稲城に住む次弟が贈ってくれた。
by kirakuossan | 2015-08-30 09:39 | 食・酒 | Trackback
2015年8月30日(日)
d0170835_8294366.jpg
d0170835_8302079.jpg今年も稲穂が大きく膨らんだ。毎年9月の12日ごろ稲刈りだ。毎年のことながら、刈り取り前に稲穂を狙って来るのが雀たち。黒いビニールマントをした案山子たちが今年はとくに多く見張ってる。昨日は風があってマントが風でなびくものだから、雀たちも警戒して遠巻きで見ておった。
ところが今朝はせっかくの黒マントも雨でびっしょ濡れ。微動だにもせず。雀たちは安心して思う存分飛来しておった。ついには案山子の頭に止まり・・・せっかくの黒マントもさっぱりワヤや。
いつもの2羽のカラスは、自分たちとよく似たのが田んぼに多くいるものだからかえって警戒しておりました。
収穫前の稲穂、全部雀に食べられてしまわないかと、毎年ヤキモキするこの頃である。025.gif
d0170835_8335287.jpg

by kirakuossan | 2015-08-30 08:13 | アトリエ | Trackback

6段装備のCD棚完成

2015年8月29日(土)
d0170835_13443318.jpg
内装工事中、和室に運び込んでおいたスピーカーをまた居間の元の位置へ移動。これがたいへん、重くて一人ではとても持てない。だから床に柔らかい布を敷き、その上に載せて恐る恐る引きずるのである。ようやく運び終えて、今度はスピーカーとアンプやCDプレイヤーとの接続作業、もうすでにこの時点で汗だく...部屋の気温30℃もしてらあ...昨日と10℃も違えばこりゃ堪りません。しかも湿度が高い。

d0170835_13562420.jpgこれを終えると、次は楽しみにしていたCDの整理に取り掛かる。実は、今回の内装工事で、CD棚を頼んでおいたのだ。
これがまたスカット6段装備の、なかなかいいものが出来ているじゃありませんか。嬉しくなってしまう。

ところで1段に何枚入るかだ。優に2000枚は越えるので、ここにすべて収納することは期待していないが、実験的に1段を詰めてみると、縦置きで80枚、上に横載せで24枚、計104枚ということだから、全部で600枚ちょっとというところか。ここには自慢のライブラリーを並べようと思う。これから”マイ・ライブラリー600”を選ぶのがこれまた愉しい作業なのである。
d0170835_146595.jpg

by kirakuossan | 2015-08-29 13:43 | 偶感 | Trackback
2015年8月29日(土)

「はたしてアトリエの住人は喜んでくれるでしょうか?」
d0170835_1044819.jpg
d0170835_11295175.jpg外壁の塗り替え、
OLD ROSE の上品な色合いは狙い通りに。2階ベランダとのつり合いもバッチリと決まった。
また内装の一部増築と改装は想像以上に広さを感じ、蓼科から帰ってきたばかりの”アトリエ住人”は大喜びでした。
d0170835_1053153.jpg

d0170835_10183093.jpg
d0170835_10193387.jpgd0170835_1019524.jpg
d0170835_15353542.jpg




ビフォーアフター

d0170835_10253181.jpgd0170835_10411462.jpgd0170835_10283199.jpgd0170835_11365720.jpg色見本だけでは結構仕上がりとは違いがよくあるものだが、この外装の色は思った通りの色が出ていてたいへん喜んでいる。内装はちょうど椅子一つ分(約45cm)が2間半ほどの幅で奥へ広がったのと、天井が10cmほどくり抜けただけなのに、こんなに広々感が出るとは・・・

あとはデッキが仕上がったらまた一層映えるだろう。
ひと月ぶりに見るクスノキ、なにか一回り大きくなって逞しく見える。
d0170835_114854.jpg

by kirakuossan | 2015-08-29 10:57 | アトリエ | Trackback
2015年8月28日(金)

d0170835_1294371.jpgd0170835_12124485.jpgtuttiの入り口の敷石に鹿が糞をしていると一瞬驚いた。よくよく見ると、変わった黒色したキノコだった。どう見ても毒キノコだろう。

1767年の今日亡くなった作曲家がいる。ヨハン・ショーベルト(1735~1767年8月28日)というドイツ出身のフランスの作曲家でクラヴサン奏者。幼きモーツァルトにフランス風のロココ趣味を植え付けた張本人として知られる人物である。
なに、シューベルトがモーツァルトに音楽を教えた? 早合点してはいけない。
シューベルトではない、Schobert である。

モーツァルトがショーベルトのソナタの楽章を研究して自作の「ヴァイオリンとクラヴィーアのためのソナタ」K.6~9に反映させたといわれる。

モーツァルトが1764年(8歳)に作曲
K.6:クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ ハ長調
K.7:クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ ニ長調
K.8:クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ 変ロ長調
K.9:クラヴィーアとヴァイオリンのためのソナタ ト長調

 
ショーベルト:
三重奏曲 変ロ長調 Op. 16, No. 1


モーツァルト:
ヴァイオリン・ソナタ第4番 ト長調 K. 9


d0170835_13511583.jpgd0170835_13525151.jpg美食家のショーベルトは1767年の夏に、毒キノコを食用キノコと誤って家族とともに摂り、亡くなったという。
by kirakuossan | 2015-08-28 13:04 | 知られざる作曲家 | Trackback
2015年8月28日(金)
d0170835_1255989.jpg
明日早朝に帰津するが、今回は最長記録の30日間であった。たしか来たときは糊空木の白い花が鮮やかに咲き誇り夏真っ盛りを迎えようとしていたころだった。
ひと月たち、白樺の葉には黄色いものが目立ち始めて来た。いつも蓼科入りしたら最初に訪れる女神湖。蓼科山はガスがかかって姿を見せず、どことなく夏の名残を惜しむような、そんな空気が漂っていた。
d0170835_12232364.jpg
d0170835_12252788.jpg
7月30日夜聴いたニーナ・コトヴァが奏でるバッハの無伴奏チェロ組曲、ひと月後の今日、ジャクリーヌ・デュ・プレが愛用したという1673年製ストラディヴァリウスのチェロでまた聴いてみる。

d0170835_16593967.jpgJ.S. バッハ:
無伴奏チェロ組曲集
ニーナ・コトヴァ - Nina Kotova (チェロ)
by kirakuossan | 2015-08-28 12:05 | La casa di tutti | Trackback