ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

<   2013年 05月 ( 121 )   > この月の画像一覧

「運命」の歴史的録音

2013年5月31日(金)

ナクソス・ミュージック・ライブラリーに収められている音源から、偉大な指揮者たちの歴史録音を聴き比べてみよう。
曲目はベートーヴェン交響曲第5番ハ短調「運命」から第1楽章。d0170835_22183389.jpg

060.gif
アルトゥール・ニキシュ/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(20 November 1913, Berlin)

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
1926, Studio Polydor, Berlin)


ユージン・ツェンカー/シュターツカペレ・ベルリンのメンバー
(15-16 June 1928, Berlin)

d0170835_19553294.jpgレオポルド・ストコフスキー/フィラデルフィア管弦楽団
(15 July 1931, Academy of Music, Philadelphia)

フェリックス・ワインガルトナー/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
(31 January and 2 February 1933, EMI Abbey Road Studio No. 1, London)

オットー・クレンペラー/ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団
(1 January 1934, Civic Auditorium, Pasadena, CA)

d0170835_201145.jpgアルトゥーロ・トスカニーニ/NBC交響楽団
(27 February - 1-2 March 1939, Studio 8 H della NBC, New York City)

ウィレム・メンゲルベルク/ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
1940

ブルーノ・ワルター/ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団
1941

ピエール・モントゥー/スタンダード交響楽団
(16 February 1947, San Francisco, California)

d0170835_22355680.gifヘルベルト・フォン・カラヤン/ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
(November 1948)

フリッツ・ブッシュ/ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団
(10 December 1950, Human Rights Day Concert, Metropolitan Opera House)

ヘルマン・シェルヘン/ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
1951, Studio Recording)

d0170835_19565623.jpgカール・シューリヒト/シュトゥットガルト放送交響楽団
(10 April 1953, Stuttgart, SDR Villa Berg)

エーリヒ・クライバー/コンセルトヘボウ管弦楽団
(26 September 1953, concertgebouw, amsterdam, Netherland)

オイゲン・ヨッフム/ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
1953, Berlin)

ジョージ・セル/クリーヴランド管弦楽団
(26 November 1955

リヒャルト・シュトラウス/ベルリン国立歌劇場管弦楽団
(時期:不詳


録音の優劣は度外視するとして、冒頭の30秒ほどを聴くだけでも、演奏は千差万別。明らかに音楽性の高い演奏と、そこまででもない演奏とに別れる。
さすがだと思うのは、フルトヴェングラー、クレンペラー、トスカニーニ、メンゲルベルグ、ワルター、カラヤン、シューリヒトら。中でもトスカニーニのドラマ性、堂々としたワルター、かみさん曰く、どことなく色気があるカラヤン、そして強弱や早さが自在なシューリヒトなどなど、ひと味もふた味も違う。
by kirakuossan | 2013-05-31 18:19 | クラシック | Trackback

田代櫂氏の音楽本

2013年5月31日(金)
d0170835_10545768.jpg
今朝はカーンと晴れて気持ちいい。一冊の音楽本を読んでいる。
田代櫂著『アントン・ブルックナー魂の山嶺』(春秋社)
かなりの力作である。ふつうこういった作曲家のことを著した書物は、単に生い立ちから始まって、作曲順につらつらと書き記され、時折、恩師や家族や、あるいは恋い焦がれた女性のエピソードを挿みながら、全体としては無味乾燥な文章で綴られる。だからほとんどは1/3も読み進めば、そこで本を置くことが多い。
だけどこの本は違う。著者の優れた”感性”、”観察力”、”表現力”、”文章力”がいかんなく発揮された名著である。ブルックナーに関しての様々な資料、研究が十分に準備され、満を持して執筆された感がある。

序章からして一気に読者を引き込む。
1891年のある日のこと、ヴィーンのヴェーリンク墓地で、ベートーヴェンの墓が掘り起こされた。遺骨を中央墓地に改葬するためである。64年ぶりに日の目を見たベートーヴェンの遺骨は、遺体安置所に運ばれ、医師たちによる計測を受けた。
計測のあいだ、遺体安置所は立入禁止となった。だが一人の老人がそこへ押し入り、素早く棺に近づいてきた。彼は医師の制止にも耳を貸さず、ベートーヴェンの頭蓋骨をうやうやしく両手に捧げ持った。・・・

ブルックナーが、師ヴァイスが自殺した時、彼の頭蓋骨を手に入れようと試む。このようなブルックナーの傾向を「倒錯」と呼んでよいかどうか分らない。・・・という箇所が後から出てくるが、この序章の老人と錯そうする。
著者の書く文章は、無駄な装飾は排除し、よく整理され、自然な流れによって書き記されることにより、読者も知らない、その時代のその場所へと導いてくれる。

たとえば当時の音楽都市の記述で、単なる風景だけでなく、ほかの興味を惹く引用も用いながら紹介する。本著では2つの有名な都市を教えてくれる。

第2章/ リンツ
その昔、ザルツブルグからヴィーンへ通じていた「塩の道」は、ちょうどその中ほどでドナウ河に出迎えられた。リンツの町はその接点に位置し、古くから交通と商業の要所として栄えた。この町には8世紀の建造に遡る、オーストリア最古の教会がある。
リンツの名で連想されるのは、モーツァルト の交響曲であろう。1784年秋、彼は新妻コンスタンツエとともにザルツブルグからヴィーンへ戻る途中、この町のトゥーン伯爵家に滞在した。同家のコンサートのために、「リンツ」はわずか数日で作曲された。「リンツのヴァイオリン弾きたち」も、音楽史に重要な役割を果たしている。彼らは粗野な田舎の舞曲を弾きながらドナウを下り、ヴィーンにワルツの種を蒔いたのである。
1832年には、リンツからボヘミアのブドヴァイスまで、ヨーロッパ初の鉄道馬車が開通した。レールの上を馬車が走る原始的な鉄道だが、ブルックナーはかつてヴィントハークに赴任する時にこれに乗ったのである。余談ながらブドヴァイス特産のビール「ブドヴァイザー」は、アメリカに輸出されて今日の「バドワイザー」となっている。~~
ブルックナー時代のリンツは、人口35000人ほどの小都市だった。リンツには造船所があり、ドナウを行き交う汽船が河岸から眺められた。ここには水準の高いオーケストラがあり、オペラを上演する劇場があり、幾つかの合唱団が活動していた。


第3章/ ヴィーン
ヴィーンという町は、深々と東欧に突き刺さった楔に似ている。北のプラハ、東のブダペスト、南のザグレブが、じっとこの町を見すえている。ヴィーンの古地図を拡げると、その町は胡桃の実を輪切りにしたように見える。固い殻のような市壁が、町をがっしりと取り囲んでいるのだ。ヴィーンは要塞の町である。
かつてこの市壁は、二度にわたってトルコ軍の猛攻にさらされた。その経験から、市壁は火器を防ぐために補強され、大砲を据えるための保塁が15箇所ほど作られ、それらを繋ぐ巡視路が巡らされた。市壁の外には空堀が掘られ、その外側にはさらに、グラシと呼ばれる防衛用の斜堤が作られた。

トルコ軍は忘れ難い恐怖と共に物珍しいものも残して行った。それが、コーヒーであり、キプファルという三日月形のパン(クロワッサン)だとあって、カフェでコーヒーを飲みながらキプファルをかじるヴィーンの風俗は、18世紀初頭に端を発している、という。
音楽の世界にも置きみやげはある。ヴィーン市民を戦慄させたトルコの勇壮な軍楽は、モーツァルト のK331のピアノ・ソナタの終楽章、いわゆる「トルコ行進曲」に残されている。それどころかヴィーンでは彼の「後宮からの誘惑」をはじめ、トルコ風オペラが大流行した。ベートーヴェンでさえ、「アテネの廃墟」の劇中音楽に「トルコ行進曲」を書いているし、「第九」の終楽章にもトルコ・マーチの響きは聴き取れる。

この本は単に、ブルックナーという一人の偉大な音楽家の評伝だけに終わらず、彼の歩んできた道、音楽にまつわる、人・物・事柄、あるいはその背景となる風景や出来事を、分り易い美しい文章で書き綴り、読者を高遠な空間に導いてくれる素晴らしい著作である。
著者の田代櫂氏は1947年長崎生まれ、クラシック・ギタリストとして活動、とある。
by kirakuossan | 2013-05-31 10:54 | クラシック | Trackback

朝の一曲 25 シンフォニーの凝縮

2013年5月31日(金)
d0170835_9312123.gifd0170835_8395733.jpg




ブルックナー:
弦楽五重奏曲へ長調WAB112


メロス四重奏団



交響曲作家のブルックナーは生涯で、室内楽を5曲書いた。弦楽四重奏曲ハ短調、間奏曲二短調、2つのエクヴァーレ、「晩鐘」であり、そしてこの五重奏曲である。やはりアダージョが最も良い。そこにはシンフォニーのあの繰り返し呼びもどされるような旋律の凝縮を見ることが出来る。これも一度聴いたぐらいではその良さが分かりにくい音楽である。
by kirakuossan | 2013-05-31 08:22 | myライブラリー | Trackback

70.000人

2013年5月30日(木)
d0170835_11485990.jpg

d0170835_16474743.gif

16時46分、
訪問者数70.000人突破。謝。

10.000人は396日目の2011年7月21日(木)
20.000人は202日目の2012年2月7日(火)
30.000人は104日目の2012年5月20日(日)
40.000人は96日目の2012年8月24日(金)
50.000人は89日目の2012年11月21日(水)
60.000人も89日目の2013年2月18日(月)
70.000人は101日目の2013年5月30日(木)
d0170835_11501869.jpg

突如として昨日の訪問者数が298人と1日の新記録、今日も200人に迫ろうとしている。調べてみると・・・
昨夜、ヴァイオリニストの潮田益子氏が逝去されたニュースが流れた。報道がなされた7:00PMぐらいから急激に訪問数が上がった。それは、夫君ローレンス・レッサー氏のチェロ演奏を紹介した本ブログ2010年10月31日の記事「ローレンス・レッサーのチェロ」を多くの人が見に来たためで、潮田益子氏のことを知り、さらにおそらく夫君の事を知ろうと、何らかの検索サイトを調べているうちに”この記事”にヒットしたのだろう。
by kirakuossan | 2013-05-30 16:46 | 備忘箱 | Trackback

やはり人気商品だった

2013年5月30日(木)
d0170835_13262670.jpgやはり、いなば食品のタイカレー缶は品切れ状態が続くほどの大人気商品だった。
一昨年あたりからネットや口コミで人気が出ていたらしく、知る人ぞ知る商品。
共通した意見は「本格的なカレー、これが100円とは信じられない」「そこらの専門店のカレーよりもずっと美味い」。


d0170835_1341017.gif実は<イエロ>ーと<レッド>だけかと思っていたら<グリーン>もあるらしい。ツナ缶からスタートだが、後から出た黄色のチキン缶がさらに旨くて一番人気。いなば食品のHPにもチキン缶は”在庫品切れ中”とある。


タイ現地の香辛料を使い、タイ現地で製造しているが、生産が追い付かないらしい。

~~~~~~~~~~

お客様各位
                                     いなば食品株式会社

いなば「タイシリーズ」品薄状態についてのお詫び

拝啓 平素は弊社製品のご愛顧を賜り、有りがたく厚く御礼申し上げます。
さて、弊社が販売しております「いなば タイシリーズ」は、各メディアに取り上げられたこともあり製造が間に合わない状態となっており、心よりお詫び申し上げます。
品薄状態を解消するべく最大の努力を致しておりますが、いまだに安定供給に至っておりません。お客様には多大なご迷惑ご不便をおかけし、重ねてお詫び申し上げます。
今後も、皆様のご期待にこたえられるよう取り組んで参りますので、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。引き続きいなば製品のご愛顧を心よりお願い申し上げます。
                                          敬具


~~~~~~~~~

Amazonなどのネットで買うと、事実@¥120~¥150となる。瀬田フォレオでは@¥98、しかも品薄の黄色のチキン缶がある。缶づめだから少々の買いだめOK、店頭である時に買っておいた方がよさそうだ。ほかにローソンにも置いてあるとか。
そこまでして買うかとなるが、その価値は十分にある。
by kirakuossan | 2013-05-30 13:25 | 食・酒 | Trackback

平年より10日も早い

2013年5月30日(木)
d0170835_9373511.jpg
梅雨入り。今年は随分早いように思うが・・・
近畿地方は28日ごろ、関東甲信は29日に梅雨入りした。近畿も甲信も昨年より11日、平年より10日も早い、やっぱり。
ところで平年の梅雨明けは7月21日ごろだが、10日早かったから、明けるのも10日早いかと云ったらそうはいかない。4年前なんか、甲信では7月14日には明けていたのに、近畿では8月3日までずれ込んだこともある。気象庁では平年並みと予報しているが、あてにならない。すでに梅雨入りが当初予報より1週間以上も早まったのだから・・・。d0170835_1001952.jpg
by kirakuossan | 2013-05-30 10:00 | 偶感 | Trackback

今日のVerb  fade

2013年5月30日(木)

d0170835_7221364.jpg
                   ¥105の英和辞典 シリーズ3

fade

①しぼむ。②あせる。③衰える。④(球が)コースをそれる。⑤(ブレーキが)きかなくなる。
[好ましい状態から後退する。が本義]


This shirt has faded from washing.
このシャツは洗うと色が落ちた。

d0170835_8434732.jpg
P637

国際的ヴァイオリニストの潮田益子さんが亡くなった。
It prays for the bliss of the dead.
by kirakuossan | 2013-05-30 08:23 | 偶感 | Trackback

待望の3公演チケット

2013年5月29日(水)
d0170835_18383320.jpg
京都コンサートホールから待望の3公演のチケットがようやく送付されてきた。

2013年10月27日(日)
ドヴォルザーク:チェロ協奏曲 ロ短調 op.104
ブラームス:交響曲第1番ハ短調op.68
指揮)イルジー・ビエロフラーヴェク
チェロ)ナレク・アフナジャリャン
チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

2012年11月2日(土)
ベルリオーズ:序曲「海賊」op.21
リスト:ピアノ協奏曲第2番 イ短調
サン=サーンス:交響曲第3番 ハ短調 op.78「オルガン付」
指揮)パーヴォ・ヤルヴィ
ピアノ)ジャン=フレデリック・ヌーブルジェ
オルガン)ティエリー・エスケシュ
d0170835_18472415.jpgパリ管弦楽団

2014年3月22日(金)
マーラー:交響曲第7番ホ短調
指揮)リッカルド・シャイー
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団


いずれも京都コンサートホール

パリ管の演奏会は、またサン=サーンスの交響曲第3番「オルガン付」をやる。今度は京都コンサートホールのパイプオルガン、聴き比べが楽しみだ。

パイプオルガン:
設計・制作 ヨハネスクライス社(ドイツ)  4段鍵盤。 90ストップ。パイプ数7155本。
このオルガンはザ・シンフォニーホールよりだいぶ大きい。はたしてどんな響きがするか。
by kirakuossan | 2013-05-29 18:50 | クラシック | Trackback

モカを挽き、沈香をくゆらせながら・・・

2013年5月29日(水)

d0170835_11464436.jpg楽しい夜会のあと、
ところで
二日酔いをどのようにして覚ますか。

まず朝風呂にゆっくりと浸かり、
スパイスの効いた例のチキンタイカレーをぱくつく。
そしてモカの豆を挽き、
静かにNMLでオペラの好場面集を流す。
そうそう昨日買ってきた沈香の香りをくゆらせながら・・・。


d0170835_12194748.jpgピエトロ・マスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ」で、物語が盛り上がったところで、いったん心を静めるかのように間奏曲が流れる。
この「カヴァレリア・ルスティカーナ」の間奏曲、1分ちょっとして、あのオルガンが加わるところから始まるメロディーなんかを聴いていると、大袈裟ではなく「ほんとうに地球上に生まれてきてよかったなあ」といった心地になる。そして、
「酒と同じように、クラシック音楽って、ほんとに人間を幸福にしてくれるよな」とつくづく思うのである。


追記:
2013年6月2日(日)
ちょうどNMLでこんな特集をやっていた。
【2013年生誕150年】マスカーニ:「カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲」聴き倒し!
この間奏曲(約3分あまり)ばかりを演奏者を変えて連続78曲並べている。圧巻!
(10曲目ぐらいからギブアップ、いくらいいからといってもそう連続して聴けるものではない)

なかでもピエトロ・マスカーニ自身がミラノ・スカラ座管弦楽団を指揮した1940年のこの演奏は、音質もよくさすが最高の出来である。
by kirakuossan | 2013-05-29 11:06 | 偶感 | Trackback

ケストリッツァ・シュバルツビア

2013年5月29日(水)
d0170835_9142073.jpg昨夜は、阪急梅田のガード下の飲み屋街で、久しぶりに I 社長と呑む。席に着くなり、店の人が薦めるドイツの黒ビールでまずは乾杯。「うまい!」と思わず大声が出る。
もともと職場は違ったが趣味が合うというのは楽しいもので、クラシック談議に始まり、温泉の話になり、またクラシックの話に戻り・・・時間の経つのもついつい忘れて酒量は増える一方、とても楽しい夜会だった。
スナップを撮るのを失念してしまうほど会話に夢中でありました。それにしてもあのドイツの黒ビールはホントに美味かった。調べてみると、ケストリッツァ・シュバルツビアというドイツビールだった。
by kirakuossan | 2013-05-29 08:47 | 食・酒 | Trackback

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る

日経
信濃毎日
京都
中日
産経
ITmedia
JP
47NEWS
WORLD CLOCK
radiko



exciteCounter

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル