信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。 当ブログ名は2018年7月1日をもって「のんきなとうさんの蓼科偶感」に変更いたしました。


by kirakuossan

カテゴリ:自然( 26 )

2018年4月23日(月)
d0170835_09210816.jpg
湖にうかぶ詩神よ 心あらば 落ちゆく鐘のこなたに 聴けや
千年の冬の夜ごとに 石山の 寺よりひびく読経の こえ
島崎藤村「石山寺にハムレットを納むるの辞」
d0170835_08464977.jpg
d0170835_09195337.jpg
d0170835_10285656.jpg
d0170835_15162989.jpg
あんまり綺麗なのでカラスも高みの見物じゃ。
d0170835_10325990.jpg

お向かいのツツジも今が満開、娘さんの手入れの甲斐あって今年も見事に花咲かせました。
d0170835_10332480.jpg


by kirakuossan | 2018-04-23 08:51 | 自然 | Trackback

バス停の桜が満開。

2018年3月30日(金)
d0170835_06070126.jpg
d0170835_06183785.jpg

d0170835_06073102.jpg
d0170835_06075754.jpgバス停の桜が満開。
昨年より10日、一昨年より1週間早い。

大谷選手、開幕戦第一打席第一球痛烈な右安打で花開く、さすが。

by kirakuossan | 2018-03-30 05:59 | 自然 | Trackback

色も鮮やか百日紅の花

2017年7月25日(火)
d0170835_19023433.jpg
d0170835_19103568.jpg
ノウゼンカズラのあとは、夏らしい百日紅の花、鮮やかな赤、というかピンクというか。
昨夜かみさんと散歩していて見つけた白い花。公園横の空地にうっそうと咲いていた。暗かったのでカスミソウかと思いきや、明るいところで見るとそうでもなさそうでただの雑草のようだった。けれど可憐で美しい花だ。今日その空地の前を通ったら、タッチの差で綺麗に雑草は刈り取られていた。

油蝉いま鳴きにけり大かぜのなごりの著るき百日紅のはな
茂吉

夏も、台風も まだこれからが本番だけど。





by kirakuossan | 2017-07-25 18:59 | 自然 | Trackback

紫色のチューリップ

2017年4月27日(木)
d0170835_21002369.jpg
d0170835_21024395.jpgアトリエ近くの自治会館の白い木窓あたりに、毎年白梅が咲いた後には、春になるとチューリップが花開く。それもひょろーっと突っ立って赤いのが1本、黄色いのが1本・・・と単独で咲く。今年はもう一本、珍しい紫色のがひょろーっと咲いた。
そしてチューリップが終ると、今度は芙蓉の可憐な花が咲く。
d0170835_21043005.jpg
.
by kirakuossan | 2017-04-27 20:46 | 自然 | Trackback

ラッパスイセン

2017年4月14日(金)
d0170835_23453577.jpg
d0170835_23463051.jpg
d0170835_23541635.jpg
ラッパスイセンとは面白い名だ。でも本当に内側の花被片がラッパのような形をしている。琵琶湖岸に面した公園に一列に綺麗に並んで咲いているが、よく見ると向いている方角はまちまちである。この目にも鮮やかな黄色は愛らしく印象的である。そしてさらによく見ると、黄色の中にときおり白い花も混じっている。ラッパスイセンは、そもそもイベリア半島からドイツ、イギリスにかけて分布する花でウェールズの国花のひとつでもある。
花言葉は「尊敬」である。


.
by kirakuossan | 2017-04-14 23:50 | 自然 | Trackback

今度はツツジの出番だ。

2014年5月3日(土)

d0170835_16582918.jpg
d0170835_1724388.jpg
d0170835_173679.jpg
d0170835_1734238.jpg
d0170835_1741014.jpg
d0170835_1762246.jpg

自然の出番は上手い具合に演出してある。梅が咲き、次に桜が満開になって、寂しくなりかける間もなくハナミズキが咲き誇り、ピークを越えた頃に、今度はツツジの出番となる。
今、石山寺界隈ではツツジが綺麗に咲いている。境内のキリシマツツジ、今年も艶やかだ。

d0170835_17124552.jpg

山門を出て、南へ少し歩いた所に、紫、藤色、ピンク、白、赤...とすべての色が出揃って一同に咲いていた。さしずめ”ツツジのお徳用版”みたいなもんだ。
by kirakuossan | 2014-05-03 16:57 | 自然 | Trackback

つかの間の紅葉

2014年4月23日(水)
d0170835_8452874.jpg
d0170835_8462134.jpgd0170835_9133327.jpg
d0170835_8464597.jpg
紅かなめが今、真赤に染まっているが、いずれ緑色に変わって行く。アトリエのあの”名も知らぬ木”も赤い新葉を出して来た。クスノキも古い葉っぱを落として、替わりに新しい赤い葉が出てきて、薄緑に変わって行く。昨日、図書館利用の件で立命の草津キャンパスへ行ってみたが、あそこもできてもう20年になるのだそうだ。新入生が入学したばかりなので、キャンパスは多くの学生で溢れかえっていた。でもそれもつかの間のあいだだけだ。木々も一部赤く染まっていたが、これもつかの間だけだ。そうなんだ紅葉は別に秋に限ったことではないのだ。

d0170835_981884.jpgd0170835_98357.jpg
by kirakuossan | 2014-04-23 08:44 | 自然 | Trackback
2013年10月3日(木)
d0170835_15113328.jpg
d0170835_15162356.jpgアトリエ前のハナミズキの実。目にも鮮やかな赤なのでどうしても一枚撮りたくなる。ひと月前と比べるとこんなに赤さが違う。葉っぱも赤くなるはずだが、今年はちょっと遅いのか?
石山寺はどうかな、と出向くと、もみじが一本だけ赤く染まっていた。一面の紅葉には少なくともあと1か月以上はかかる。

d0170835_15234953.jpgd0170835_1524273.jpg
d0170835_1525492.jpg

by kirakuossan | 2013-10-03 15:07 | 自然 | Trackback
2013年9月25日(水)
d0170835_18401883.jpg
d0170835_19451543.jpgd0170835_1842023.jpg堀辰雄文学記念館より東へ歩いて4~5分のところに軽井沢町追分宿郷土館がある。追分宿の歴史展示物と浅間山観測の企画展をやっていた。玄関前のヤマボウシの木に可愛い赤い実がなっていた。
油屋の庭にはなんとも美しいススキが咲いていた。銀と赤とが揃って、綺麗に整列したススキは珍しい。
d0170835_18411820.jpg

by kirakuossan | 2013-09-25 17:45 | 自然 | Trackback
2013年4月17日(水)
d0170835_1643279.jpg
d0170835_1645027.jpg
どんよりした空模様だが、ハナミズキが花開いた。まだ青っぽいが、一斉に咲いた。
週末はまた冷え込むようだが、明後日から蓼科、そして奥羽への旅。秋田の乳頭温泉郷はまだまだ春は遠そうだ。
八甲田山麓の酸ケ湯にいたっては毎日少しずつ雪が降っていてまだ積雪364mmだとさ。
来週はじめに酸ケ湯近くの蔦温泉を予定しているが、こちらはまだ冬だべ。

d0170835_16111586.jpg乳頭温泉郷の蟹場温泉ライヴカメラより。
by kirakuossan | 2013-04-17 16:04 | 自然 | Trackback