気楽おっさんの蓼科偶感

kirakuossa.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:注目盤◎( 108 )


2018年 12月 22日

珍盤 ―3 ピアノロールの信じられない音

2018年12月22日(土)

d0170835_07293837.png


d0170835_07522046.jpg今日のGoogleサイトを開けるとこんな絵が出てくる。
今日はベネズエラの女性作曲家でピアニスト、マリア・テレサ・カレーニョ・ガルシア・デ・セナ(María Teresa Carreño García de Sena, 1853~1917)の生誕日ということだが、19世紀生まれの女流ピアニストといえば、エリー・ナイ(1882~1968)やマイラ・ヘス(1890~1965)、あるいはクララ・ハスキル(1895~1960)の名が出るが、さらに古くといえばフランスの著名な作曲家でもあったセシル・シャミナード(1857~1944)を思い浮かべる。テレサ・カレーニョはその彼女と同世代の音楽家であった。

 13歳の時にホワイトハウスでリンカーンに御前演奏を披露したというぐらいだから、時代を感じさせ、のちにアントン・ルビンシテインの門下になり、ヨーロッパ各地で演奏活動を展開した。1890年代、40歳代で名声を確立、男性遍歴も華麗で20世紀初頭には2度の世界的な演奏旅行を行なったとある。
 そんな凄いピアニストがいたというのも驚きだが、さらに驚くのは彼女の演奏が今も聴けるということである。1905年4月に、自動再生ピアノ「ウェルテ・ミニョン」を通じてベートーヴェンの「ワルトシュタイン」やショパンの夜想曲、リストのピアノ曲、さらには自作の曲まで20曲近くピアノロールを録音した。
 いわゆる自動ピアノと称するものだが、当初のものは音の強弱がうまく表現できないとされ、話題性だけにとどまった。しかし、1904年のセントルイス万国博覧会に改良されたものが出品され、「ウェルテ・ミニョン」という自動ピアノが発売された。
 NMLでこの演奏が聴けるが、ただただ驚くばかりの澄んだ音質で、110年以上前の演奏が蘇る。聴いていても信じられないくらいだが・・・


d0170835_08464170.jpgスメタナ/リスト/シューベルト/ショパン:ピアノ作品集(カレーニョ)
テレーサ・カレーニョ - Teresa Carreno (ピアノ)
(ヴェルデ=ミニョン・ピアノ・ロール・レコーディング)




by kirakuossan | 2018-12-22 07:30 | 注目盤◎ | Trackback
2018年 11月 29日

新盤☆秀盤 NO31 溌剌とした愉しいロッシーニを満喫

2018年11月29日(木)

d0170835_20371176.jpg
d0170835_20404512.jpg

期待のイタリア人若手指揮者のひとりミケーレ・マリオッティの新録音が出た。しかも嬉しいことに彼が得意とするオペラ作品で、ロッシーニの序曲集、オーケストラは手兵のボローニャ市立劇場管弦楽団 とくれば、これはもう聴かないわけにはいかない。
2007年11月、ボローニャ市立劇場でのヴェルディの「シモン・ボッカネグラ」公演の成功を皮切りに、その翌2008年2月より、ボローニャ市立劇場の首席指揮者を務めることに、それは弱冠29歳の若さでの就任となった。
前にも書いたが、イタリアは若手指揮者の宝庫だ。アンドレア・バッティストーニ(31歳)、ダニエーレ・ルスティオーニ(35歳)、そして39歳のミケーレ・マリオッティ。バッティストーニがスカラ座、ベルリン・ドイツ・オペラ、バイエルン国立歌劇場で活躍すれば、ルスティオーニはロイヤル・オペラ・ハウスで、そしてマリオッティはボローニャということになる。三人ともオペラから出発したことも共通点でいかにもイタリア人指揮者である。さらに前二人はそれぞれ日本のオーケストラとも親しい関係にあって、東京フィル・ハーモニー、東京交響楽団といったあんばい。マリオッティは日本での知名度はまだ二人に及ばないかも知れないが、さすが最も年長だけのことはある、懐の広い音楽を聴かせる。上品な軽やかさに加えて溌剌とした愉しいロッシーニが満喫できる。


d0170835_20284022.jpg
ロッシーニ:序曲集
ボローニャ市立劇場管弦楽団 - Bologna Teatro Comunale Orchestra
ミケーレ・マリオッティ - Michele Mariotti (指揮)
録音: May 2018, Library of the Convento San Domenico, Bologna, Italy








by kirakuossan | 2018-11-29 20:00 | 注目盤◎ | Trackback
2018年 11月 17日

☆秀盤 -43 ドラティのチャイコフスキー

2018年11月17日(土)

d0170835_08445062.jpg
2週間ほど前、イルゼ・フォン・アルペンハイムの素敵なメンデルスゾーンの「無言歌集」を聴き、彼女の夫が指揮者のアンタル・ドラティであると知った。そこで久々にドラティの演奏も聴いてみたいと思っていたところ、今日NMLの新着タイトルでチャイコフスキーの交響曲集など3枚の音源が新たに配信されていた。


オーケストラ・ビルダーで知られるアンタル・ドラティ、チャイコフスキー序曲集のなかでも祝典序曲「1812年」は初めて実際の大砲音を収録したことで知られる名演・珍演盤である。
それと同じくチャイコフスキーの交響曲第4番 ヘ短調 Op. 36、これはドラティのおはことも言うべきシンフォニーで、1963年4月にロンドン交響楽団が初めて日本にやって来た時、ドラティ57歳、二日目の大阪フェスティバルホールでの演奏会でこの曲を披露している。この時88歳のピエール・モントゥー、51歳のゲオルク・ショルティが一緒に来日しており、3人が日替わりで15日間にわたり、日本各地で演奏会を繰り広げた。ドラティは大阪での1公演、広島、福岡、名古屋、そして東京の2公演を受け持った。


チャイコフスキー:
デトロイト交響楽団 - Detroit Symphony Orchestra
アンタル・ドラティ - Antal Doráti (指揮)
録音: April 1978, United Artists Auditorium, Detroit, United Statesd0170835_09120610.jpg

チャイコフスキー:
コンセルトヘボウ管弦楽団 - Concertgebouw Orchestra
アンタル・ドラティ - Antal Doráti (指揮)
録音:1956年9月(モノラル)


チャイコフスキー第4番、”真っ向勝負”のドラティの真骨頂ともいえる名演である。




by kirakuossan | 2018-11-17 08:59 | 注目盤◎ | Trackback
2018年 10月 20日

名盤◎銘盤 NO24 よき時代の”新鮮”なモーツァルト

2018年10月20日(土)

1960年代のステレオ録音、マイクの位置が少しピアノから離れ、しかもオケの響きもそれを外から柔らかく包み込むように聴こえる。現在の鮮明過ぎる録音に聞き慣れた耳には、より優しく、より懐かしく、より自然と耳に入り込む。その響きは”新鮮”でもある。
d0170835_07364192.jpg
名ピアニストゲザ・アンダが遺したモーツァルトピアノ協奏曲集。その演奏水準の高さから模範的な名演奏として古くから名高い銘盤とされている。彼の名を初めて知ったのもこの演奏からではないだろうか。

今朝のNMLの新着タイトルに顔を出していた。さっそく6番、8番、そして「ジュノーム」と聴き始めている。初期後半と中期の作品がとくに味わい深い。「ジュノーム」のAndantinoなど最高!


d0170835_07410174.jpg
モーツァルト:
ピアノ協奏曲第1番 - 第6番, 第8番, 第9番, 第11番 - 第27番 Piano Concertos Nos. 1-6, 8-9, 11-27
ゲザ・アンダ - Géza Anda (ピアノ・指揮)
カメラータ・ザルツブルク - Camerata Salzburg





by kirakuossan | 2018-10-20 07:41 | 注目盤◎ | Trackback
2018年 10月 13日

珍盤 ―2 日本を愛した美声のピアニスト

2018年10月13日(土)

今朝のNMLの新着ラインナップから一つ目にとまった。”最後の巨匠 - マックス・エッガー追悼アルバム”とある。今までに一度も名を聞いたことがないピアニストだ。興味半分に聴いてみて驚いた。
ショパンの第2番「葬送」、この力強いタッチのうらに、一転秘められた美しすぎるピアニシモ。これはただ者ではない・・・

数少ない資料から次のことが分った。d0170835_11422873.jpg
マックス・エッガー(1916~2008) スイス・ロールシャハの生まれ。チューリヒ大学音楽部を卒業後、1943年スイス音楽協会賞を受賞。同年チューリヒ音楽院のピアノ科主任教授となり、多くの優れたピアニストを養成し、コンクールの審査員やピアノ奏者として活躍した。54年スイス文化使節として初来日。59年には武蔵野音楽大学の教授として再来日した。以降、東京芸術大学、洗足学園大学教授を歴任、日本の若手ピアニストを多数育てた。長く日本に住み、最後は京都市北区鷹峯土天井町の自宅で日本人妻庸子さんに看取られて91歳の生涯を閉じた。

さらに驚いたのは、録音はかなり旧いがシューベルトやトスティの声楽曲の弾き語りが収められており、これがまた素晴らしい美声なのである。
そしてアルバムの最後に、彼の肉声で紹介されたショパンの「告別」が入っている。1999年2月の録音でエッガー83歳の演奏である。


最後の巨匠 - マックス・エッガー追悼アルバム
マックス・エッガー - Max Egger (ピアノ)


by kirakuossan | 2018-10-13 11:27 | 注目盤◎ | Trackback
2018年 10月 03日

新盤☆秀盤 NO30 ”クールななかにも凝縮された燃焼”の「悲愴」

2018年10月3日(水)

新しく出たティルソン・トーマスのチャイコフスキー。
一言でいえば”クールななかにも凝縮された燃焼”そんな「悲愴」である。



d0170835_08290108.jpg
チャイコフスキー:
交響曲第6番 ロ短調 「悲愴」 Op. 74
Symphony No. 6 in B Minor, Op. 74, "Pathétique"
サンフランシスコ交響楽団
マイケル・ティルソン・トーマス(指揮)
録音: 1-4 March 2017, Live recording, Davies Symphony Hall, San Francisco, USA




チャイコフスキーの濃厚な哀愁に正面からあくまでも端正な目でとらえ、しかも決して情熱は失わない、そんなバランスのとれた演奏、新鮮で味わい深い共感に浸れる。
やはりM・T・Tの歌わせ方は一味違う、そんな思いがする一枚である。
d0170835_08474115.jpg


by kirakuossan | 2018-10-03 08:22 | 注目盤◎ | Trackback
2018年 09月 08日

新盤☆秀盤 NO29 アリスの新境地~ゆっくりと悩める如く

2018年9月8日(土)

Ott, Alice Sara Nightfall

d0170835_22544690.jpg夕暮、アリスの新盤を聴く。

ドビュッシー、サティ、ラヴェル、
2年ぶり8枚目のアルバム
20代最後の録音。
今までにない彼女の新境地だ。

録音: March 2018, Meistersaal, Berlin, Germany






夢想Rêverie
ベルガマスク組曲Suite bergamasque
Debussy

3つのジムノペディ - 第1番 ゆっくりと悩める如く
3 Gymnopédies: No. 1. Lent et douloureux
Satie

夜のガスパールGaspard de la nuit
亡き王女のためのパヴァーヌ(ピアノ版)Pavane pour une infante défunte (version for piano)
Ravel




by kirakuossan | 2018-09-08 22:55 | 注目盤◎ | Trackback
2018年 09月 01日

新盤☆秀盤 NO28 ヤルヴィの創った故郷のエストニア祝祭管弦楽団でショスタコーヴィチの「悲愴」を聴く

2018年9月1日(土)

d0170835_07575886.jpg
いよいよ巨匠の領域に達しつつあるパーヴォ・ヤルヴィ。彼が創った故郷におけるオーケストラ、エストニア祝祭管弦楽団とのショスタコーヴィチを聴く。

d0170835_08024576.jpgショスタコーヴィチ:
交響曲第6番 ロ短調 Op. 54
Symphony No. 6 in B Minor, Op. 54
エストニア祝祭管弦楽団 - Estonian Festival Orchestra
パーヴォ・ヤルヴィ - Paavo Järvi (指揮)
録音: 17-19 July 2016, Pärnu Concert Hall, Pärnu, Estonia





ショスタコーヴィチ最大の交響曲第5番ニ短調に次いで1939年に書かれたこの3楽章からなるシンフォニーは叙情的な作品である。レナード・バーンスタインは、ショスタコーヴィチの第6番は「悲愴」を受け継いでいるとしてこの曲を評した。

チャイコフスキーの「悲愴」とこの曲は共に交響曲第6番でロ短調である。「悲愴」は音楽史上初めて、長くゆったりとした終楽章を持ってきており、ショスタコーヴィチの第6番は、音楽史上初めて、長くゆったりとした第1楽章になっている。

第二楽章の出だしなど、まるでチャイコフスキーの「くるみ割り人形」なる旋律を彷彿させる。たしかに全曲を通してチャイコフスキーを意識している。




by kirakuossan | 2018-09-01 08:03 | 注目盤◎ | Trackback
2018年 07月 26日

新盤☆秀盤 NO27 不思議とすーっと耳に入ってきて、心地よい響きを感じたとったドビュッシー

2018年7月26日(木)

d0170835_03271093.jpg あれほど苦手だったドビュッシーが、どうしたことだろう、不思議とすーっと耳に入ってきて、心地よい響きを感じたとった。
4年前に傘寿記念ピアノリサイタルを開いた女流ピアニストによるドビュッシー。
北村陽子。井口基成やフランス人ピアニストのイヴ・ナット、ピエール・サンカンに師事したとあるから、時代を感じさせる。
1957年にパリ国立音楽院ピアノ科を卒業、1960年にはジュネーブ国際コンクール最高位に入選、帰国後、桐朋学園で教鞭をとり多くのピアニストたちを育てた。
この4月にも紀尾井ホールでリサイタルを開き、シューベルトの即興曲集やラヴェルを聴かせた。
それにしても、今まで受けつけなかったドビュッシーが・・・ほんとにどうしたことだろう。


ドビュッシー:
北村陽子 - Yoko Kitamura (ピアノ)
(録音: 5-7 September 2016, Inagi Municipal i Plaza, Tokyo, Japan)


by kirakuossan | 2018-07-26 03:27 | 注目盤◎ | Trackback(1)
2018年 07月 04日

珍盤 ―1 「作曲家による自作自演と歴史的音源集」

2018年7月4日(水)

d0170835_06385090.jpgヨハン・シュトラウスII世の作品で一番好きなのは「美しく青きドナウ」ではない、「皇帝円舞曲」でもない、「アンネン・ポルカ」は好きだが、一番はワルツ「春の声」である。今はどこにしまい込んだか見当たらないが、昔、たしか母の親友の女性から貰った25cm盤のレコードに収録されていた曲で、何度も何度も繰り返し聞いたものだ。
その「春の声」を演奏会用パラフレーズのピアノ曲としてアルフレート・グリュンフェルト(1852~1924)が作曲し、1905年ウィーンで自作自演した貴重な録音が残っている。
グリュンフェルトは革職人の息子としてプラハに生まれたが、今日が誕生日であった。彼の友人にヨハン・シュトラウスII世がいて、シュトラウスのワルツの演奏会用パラフレーズの公開演奏で名を馳せた人物である。そんなところからこの「春の声」を献呈されている。
NMLでも聴けるが「作曲家による自作自演と歴史的音源集」(Naxos Historical)のなかに収録されている。
ほかにサン=サーンスのアルジェリア組曲より『夕べの夢想』や、グリーグの人びとの生活の情景 Op.19より第2番『婚礼の行列』、あるいはシャミナードのへつらう女 Op.50など・・・楽しい一枚である。


d0170835_07024786.jpgヨハン・シュトラウスII世:
(Walzer-Paraphrase über „Frühlingsstimmen Op. 410“ von Johann Strauß)
アルフレート・グリュンフェルト - Alfred Grünfeld (ピアノ)
録音: late 1905, Vienna, Austria




by kirakuossan | 2018-07-04 06:39 | 注目盤◎ | Trackback