信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。 当ブログ名は2018年7月1日をもって「のんきなとうさんの蓼科偶感」に変更いたしました。


by kirakuossan

2018年 07月 14日 ( 2 )

2018年7月14日(土)

第100回全国高校野球選手権記念大会
南大阪大会

d0170835_15575973.jpg立命館大学の付属高校5校のうち京都の立命館高と南北海道の立命館慶祥が早々と姿を消したが、今日は南大阪大会で初芝立命館が登場。強力打線が売り物のその前評判通り初戦の長吉戦に早くも打線が爆発して幸先良いスタートを切った。
今日の大阪久宝寺球場、先ほどの大体大浪商が連合チーム相手に26-0、そして続く初芝立命館が負けじと35-1と大勝。猛暑日の上に打った方も打たれた方もさらに暑さを帯びて体感温度は軽く40℃?を越えていただろう。
猛暑の中、お疲れさまでした。
(写真は12日皇子山球場にて)





明日以降の注目校のスケジュール

15日:立命館宇治vs大江(9:30)膳所vs守山(12:30)小諸商vs長野日大(12:00)
16日:立命館守山vs虎姫(12:30)大津商vs伊香(12:30)彦根東vs草津東(10:00)
   乙訓vs京都成章(12:00)小諸商4回戦(12:00)
18日:立命館宇治vs西城陽or亀岡(9:30)長野大会準々決勝
19日:乙訓4回戦(12:00)
21日:立命館守山3回戦(16:00)膳所3回戦(13:30)初芝立命館3回戦(9:00)
22日:立命館宇治4回戦(12:00)大津商vs彦根東?(16:00)
23日:滋賀大会・京都大会準々決勝



by kirakuossan | 2018-07-14 15:35 | スポーツ | Trackback
2018年7月14日(土)

チェコの世界的ホルン奏者ラデク・バボラークが今年4月から山形交響楽団の首席客演指揮者に就いた。日本のオーケストラで北の地には3つのオーケストラが存在する。札幌交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、そしてこの山形交響楽団であるが、いずれも優秀なオーケストラである。財政的には決して恵まれた状況にはないなか、とくに東北の2つのオーケストラにとっては東日本大震災の影響から今まで大口スポンサーであった東北電力の撤退がさらに大きく影を落とした。それらの苦難を乗り越え、その存立意義を明確に打ちだし、演奏水準を維持向上してきたことは素晴らしい。

d0170835_08034536.jpg山形交響楽団では2007年から常任で音楽監督の地位にある飯森範親と「モーツァルト定期」と呼ばれるシリーズが始まり、震災を乗り越え、モーツァルトの全交響曲を8年がかりで演奏された。その演奏をCD13枚組の全集として高音質で定評のExtonから発売されているが、これは同一指揮者、同一オーケストラで制作された日本人初の快挙とされる。
今朝のNMLに新たな配信として加わった。

d0170835_08083045.jpgモーツァルト:
(山形交響楽団/飯森範親)




by kirakuossan | 2018-07-14 08:04 | クラシック | Trackback