信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。 当ブログ名は2018年7月1日をもって「のんきなとうさんの蓼科偶感」に変更いたしました。


by kirakuossan
カレンダー

2018年 07月 13日 ( 2 )

2018年7月13日(金)

d0170835_22474639.jpg
d0170835_22461833.jpg

プロ野球のオールスター戦を最初からじっくりと観戦するのはずいぶん久しぶりだ。新人で唯一出場するベイスターズの東克樹投手。おそらく今日の大阪での出番だと思っていたら、予想通り7回から登板、ランナーを出しながらも要所要所はビシッと抑え、2イニングを零封した。

きっちり空振りが取れるのは、スピードと伸びですね。やっぱりいいボール投げますね。ねじ伏せた感じですね、ナイスピッチングです。

と解説者で同じ立命館OBの古田敦也氏が褒めていた。

d0170835_22543714.jpg


ベンチに戻り親子ほど歳が違う上原浩治投手からハイタッチ!



by kirakuossan | 2018-07-13 22:48 | スポーツ | Trackback
2018年7月13日(金)

d0170835_22212875.jpg

大相撲名古屋場所
6日目の今日、場所前の稀勢の里、4日目からの白鵬に続き、鶴竜も休場となって、横綱不在の場所となった。3横綱全員が消えた場所は貴乃花、3代目若乃花、曙の1999年春場所以来19年ぶりとなる。
横綱不在は珍しいことだが、それよりもっと珍しいのは千代の国(4勝2敗)が、4日目の白鵬、今日の鶴竜戦とどちらも横綱からの不戦勝を得た。でもこれも過去にあって、同じ1999年秋場所に玉春日が貴乃花、曙から二日連続で得ている。
これで今場所の優勝の行方は新大関の栃ノ心と関脇御嶽海を軸に、1敗の遠藤も有力候補になってきた。千代の国も元気なだけにこのまま2敗を守れば不戦勝の2勝が効いてくる。と、言ってる間に栃ノ心に土、いよいよ混戦だ。
それにしても長野県出身力士御嶽海の応援団は凄い!場所ごとにタオルを持って声援を送る人が増えているようだ。

d0170835_22230545.jpg



追記:
(22:30)
栃ノ心が玉鷲に小手投げを食い、土俵に崩れる際に右足親指を痛めた様子だ。休場はしないということだが、心配だ。
3横綱がいないうえにさらに大関一人がもし休場ともなれば、面白味はなくなる。もうその際は15日間もやらずトーナメントで優勝を決めればいいのではないか? 



追記:
2018年7月14日(土)

やはり心配していたとおり栃ノ心が今日から休場。最強の横綱、大関陣が揃いも揃って休場、残った弱い大関二人ではどうも締らない。
栃ノ心は1か月の加療を要するということなので無理をしないで欲しい。今場所の再出場よりも来場所に万全な形で臨んだ方がよいと思う。



by kirakuossan | 2018-07-13 17:58 | スポーツ | Trackback