ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

2018年 05月 27日 ( 3 )

風見鶏、鳳凰が如くに舞う。

2018年5月27日(日)

昔、大津の中心街の京町通りにある借家に高校3年生まで住んでいたが、当時のことで今でも不思議と覚えているのは、あとにも先にも人生でたった一度だけの体験となる選挙の立ち合い演説会に出向いたことだ。京町にある大津別院で夕刻から行われた。それは1967年1月に行われた第31回衆議院議員総選挙に滋賀県全県区から堤康次郎の後継者として初立候補した山下元利の演説会だった。そのとき山下氏は広島国税局長を退任した直後で、当選は間違いないということで大物政治家が滋賀県から出るとの評判がたった。またこの話には伏線があって、立候補の直前に、高校の友達だった梅津君が借家を南隣に変るということになった。彼の家はよく遊びに行ったので覚えているが借家と言っても、たいそう立派な大正風の建物で、ステンドグラスの出窓かなんかがあるような洒落た洋館だった。実はそこへ今度広島からやってくる国の偉いさんが住む事になったので、自分らは引っ越しをせざるを得なくなった、とか言っていたのを妙に覚えている。その国の偉いさんが山下元利だったのだ。ちょうど国税庁を退官し、次の衆議院議員総選挙に立候補するために事前準備として、まず滋賀での居宅を確保したのだろう。山下元利(1921~1994)は東京帝国大学法学部政治学科卒で大蔵省出身ということで、滋賀では選挙前から評判が立ち、高校3年だった自分も、いったいどんな人物だろうかと実際に本人を見て、じかに話を聞きに行きたくなったぐらいである。この選挙では宇野宗佑につぎ2位で初当選を果たした。
ところが話はここからが本題。じつはその夜の立会演説会で応援の弁士に、末は総理大臣間違いなしの超大物若手政治家がやって来ると知らされていた。実際のところみな本心はその大物代議士見たさに狭い境内は夕暮から超満員となった。

その人こそが、d0170835_18110412.jpg中曽根 康弘(1918~)氏であった。この人も同じ東京帝国大学法学部政治学科卒業で、山下の3年先輩にあたる。このとき中曽根49歳、山下46歳、でも政治経験は1947年の第23回衆議院議員総選挙で初当選というから、政治ではすでに大先輩にあたるわけだ。その夜の演説は、とにかく人心を惹きつけるような話しぶりだった。中身は難しすぎてまったく覚えていないが、とにかく強烈な印象だけはいまだに残っている。中曽根氏はその後、衆議院議員連続20回当選(1947年 - 2003年)し、確かに総理大臣にまで登りつめた。
今日、100歳を迎えられたそうで、おめでとうございます。

風見鶏、鳳凰が如くに舞う。

by kirakuossan | 2018-05-27 18:12 | 偶感 | Trackback

”劇的な大逆転勝ち”で立命館が完全優勝

2018年5月27日(日)

関西学生野球春季リーグ
最終節2回戦(立命館2勝:勝点5)
同志社0022001005
立命館000001005x6

d0170835_11183136.jpg立命は1対5で迎えた9回、井上(3・報徳学園)の安打などで一死一、三塁とし、内野ゴロと続く大本(3・掛川西)の適時打で2点を挙げる。さらに、押し出しで1点差に詰め寄ると、なおも満塁で代打榮枝(2・高知)がサヨナラ適時打を放ち、激戦に終止符を打った。 投げては、糸井(3・立命館)、小橋(4・立命館)などの救援陣がしっかりと役目を果たし、有村(2・秀岳館)がリーグ戦初勝利を挙げた。(5月26日)

昨日、ネットで試合経過の速報を7回まで観ていて、こりゃ今日はダメだ、3回戦に持ち込みだな、ということで途中で見るのをやめた。
今朝になってさり気にネットを開けると、なんと劇的な大逆転勝ちを収めているではないか。こんな試合眼の前で観戦してたら痺れるだろうなあ、と悔やんだ。同立戦に連勝し、今季完全優勝を果たした。
次は6月11日から始まる全日本大学野球選手権大会に期待。緒戦は奈良学園大(近畿学生連盟)と、これに勝つと国際武道大(千葉大学連盟)、さらにベスト8ではまた関西勢(天理大or大商大)と当たりそうだが、これを勝ち進むと準決勝で関東勢の覇者(東都連盟の代表or創価大か東海大)と対決が見られそうだ。

ところで立命館の辰巳涼介選手だが、先日通算100安打を達成し、今季は21安打を放ち、最終的に104安打まで積み上げた。連盟の通算最多安打は田口壮(関学88春~91秋)の123本だが、あと19本に迫っている。4年生で最終になる秋季リーグでは最低でも10試合を消化することになるが、これで平均毎試合2安打すればこの田口選手の記録を27年ぶりに破ることが出来る。これも大いに楽しみになってきた。



by kirakuossan | 2018-05-27 10:47 | スポーツ | Trackback

朝の一曲 52 柔かいやさしい音楽

2018年5月27日(日)

d0170835_9312123.gif
これも何を思い出したか、TRIO LOS PANCHOS  を朝から聴いている。針が飛び飛び、肝心なところで何度もパスするのでスプレーかけて拭きまくるがだめ。
でも音はことのほか柔らかい。人にやさしい音楽、昭和の香りがする・・・
QUIZAS QUIZAS QUIZAS
キサスという言葉、”多分”を意味する。”多分 多分 そう多分”
d0170835_09345229.jpg
TRIO LOS PANCHOS EN JAPON
(Dec.1959)


by kirakuossan | 2018-05-27 09:26 | myライブラリー | Trackback

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る

日経
信濃毎日
京都
中日
産経
ITmedia
JP
47NEWS
WORLD CLOCK
radiko



exciteCounter

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル