2017年11月26日(日)

立命大“サヨナラPG”で2季ぶり選手権出場決定
[2017年11月26日22時37分]日刊スポーツ

<関西大学ラグビー:立命大22-19関学大>◇26日◇最終節最終日◇大阪・ヤンマーフィールド長居
d0170835_07390083.jpg
 立命大が3勝3敗で並んでいた関学大との一戦をSO藤高将(2年)の“サヨナラPG”で制し、3位確定で2季ぶりの全国大学選手権出場を決めた。
 19-19で後半ロスタイムに入り、迎えた43分。引き分けで終われば、リーグ規定で上位3校の同選手権出場を関学大に譲る窮地で、藤高がゴールまで約35メートルの右中間PGを決めた。直後にノーサイドの笛を聞くと「自信はあった。落ち着いて蹴れた」とうれし涙を流した。<略>
 試合後のロッカールーム前。チームメートに「ほとんど泣いているのを見たことがない」と言われる藤高は涙の理由を明かした。「キックを決めてスタンドを見たら、おやじ(清次さん)だけが立ち上がっていて…」。5歳でラグビーを始めてから、支えてくれた父に「選手権に連れて行く」と約束をしていた。紆余(うよ)曲折がありながらも、有言実行した男は泣いた。 全国大学選手権での初戦は12月16日、大阪・金鳥スタジアムで関東大学対抗戦の3位校とぶつかる。藤高は「格上ですけれど、チャレンジするだけ」と言い切り、中林監督は「選手権はどのチームも格上だけれど、勝ちに行く。関学の分も責任がある」と気を引き締めた。雨の長居で、立命大の結束は強まった。


凄い試合だったようだ。実戦を観に行っていたらしびれるなあ~
SOの藤高将選手は大阪桐蔭高卒で、3年時には花園ベスト8。昨春立命館に進学、1年からリーグ戦に出場する期待の星だ。


by kirakuossan | 2017-11-26 23:02 | スポーツ | Trackback

2017年11月26日(日)
d0170835_22161018.jpg
d0170835_21584862.jpg
d0170835_22044621.jpgコンサート前、1時間以上もあるので、近くの横浜美術館へ立ち寄ろうとすると玄関前の広場で外車とマツダの展示会をやっていた。アンケートに答えるだけで、ガラガラポンが出来るとあってチャレンジすると、ものの見事に青い玉が出てきた。大当たりの鐘を鳴らしてもらい、洒落た銀色のUSBをもらう。うれし!


コンサート開演前、実はこれだけでは終わらなかった。横浜みなとみらいホールに隣接するクイーンズスクエアでBOSEのスピーカーを見つける。ちょうどノートパソコンで聴けるオーディオ級のちょっとしたワンボックスのスピーカーが欲しいところだった。しかも今日はブラックフライデーとかいってアメリカなどで小売店が大規模な安売りをする11月の第4金曜日、年に一度の特別なキャンペーン中の最終日とある。そもそも値引きしないBOSEが正価22,000円を15,000円と大幅値引き。.....やっぱし買うてしもうたわなあ~
d0170835_22113753.jpg
大磯に戻ってネットで調べてみたら、ネットでも値引きしてるやないか...
でも、やっぱしBOSEだけあっていい音する~~~

.


by kirakuossan | 2017-11-26 21:58 | 偶感 | Trackback

2017年11月26日(日)

横浜みなとみらいホールのあるみなとみらい周辺は愉しい所。
家族ずれで大賑わい、ちょっと関西にはないような雰囲気の街だ。
d0170835_21391333.jpg
d0170835_21505473.jpg
d0170835_21445021.jpg
d0170835_21455174.jpg
d0170835_21470939.jpg
d0170835_21480044.jpg
d0170835_21485938.jpg

きょうも端から端までよう歩きました。。。



by kirakuossan | 2017-11-26 21:38 | 新日本紀行 | Trackback

2017年11月26日(日)
d0170835_20412229.jpg
フィリップ・ジョルダンは強弱を強調した指揮をする人だ。だからマーラーなんかはもってこいだと思うが、予測通り見事にはまった演奏を聴かせてくれた。わざわざ横浜まで出向いて来た甲斐があるというものだ。
ウィーン交響楽団はやはり超一流の響きを聴かせた。それもさりげにこともなく鳴らしきるといったところに余裕さえ感じさせる。弦はもちろんだが、マーラーの1番ということもあるが、管楽器の素晴しい音色は群を抜く。すべてが当然のようにいとも自然と鳴るのだ。とくに7本のホルンは圧巻。「運命」も好演だったが、あまりにもマーラーが凄すぎた。

休憩のあと開演を知らせる音楽がホールごとに違う。どんな音色で知らせるのか、これも楽しみの一つだが、ここ横浜みなとみらいホール、海辺のホールらしく、船が出港する時に鳴らすドラの音色だった。これも珍しい。ただホール自体は比較的シンプルな内装の箱型で、席が3階奥ということもあったせいか、少し籠って聴こえた。
アンコールにウインナワルツを2曲披露、興奮のうちにコンサートは幕を閉じた。楽団員が全員退出したあと、再びステージにジョルダンが挨拶に現れ、万雷の拍手を浴びた。
d0170835_20584287.jpg

d0170835_21032028.jpgベートーヴェン:
交響曲第5番 ハ短調op.67「運命」
マーラー:
交響曲第1番 ニ長調「巨人」
フィリップ・ジョルダン(指揮)
ウィーン交響楽団

横浜みなとみらいホール



by kirakuossan | 2017-11-26 18:12 | クラシック | Trackback

2017年11月26日(日)

SUBARU(7270)日足

24日終値3,646円

d0170835_07170524.png
まあいろいろあったけど、さすがにSUBARUもここにきてようやく底を打ちそうだ。11月14日の十字線出現をみて底打ち感の兆候が出て、その4営業日後の20日に3562円の年初来安値をつけた。それを境に、まだ足どりは一進一退でおぼつかないが上昇を探るような足取りになりつつある。5日の単純移動線もようやくゆるやかなカーブを描き始めた。直近14日間のMFI(マネー・フローインデックス)も20%と売られ過ぎ、もうこれ以上下げる理由がないのではないか。ただ一方では経常利益予想コンセンサスが、下方修正される動きも片方ではあってその影響がどうか。いずれにしても株価がその移動線上を越えだすとようやく戻しそうだが・・・その意味でも、明日からの動きが気にかかる。
高砂熱学、マクセル、SUBARUとまた来週からの注目株が出揃ってきた。

.

by kirakuossan | 2017-11-26 07:15 | | Trackback