2017年5月22日(月)
d0170835_21114053.jpg
d0170835_21121882.jpg
d0170835_21125746.jpg
d0170835_21141768.jpg
d0170835_21153527.jpg松蔭神社近くにある巨大な観光ホテル萩本陣。ここのお湯がなかなか良かった。
14種の風呂が愉しめるというが、なかでも源泉28.9℃の青い大きな丸い瓶の風呂が気に入った。
地下2000メートルから毎分200リットルの湯量を誇る自家源泉は、氷河期にあたる2万年前から少しずつ地底に蓄えられた地下水という。

泉質:カルシウム・ナトリウム-塩化物温泉

by kirakuossan | 2017-05-22 21:08 | 文学温泉紀行 | Trackback

2017年5月22日(月)

d0170835_20272853.jpg
d0170835_20371286.jpg吉田松陰の叔父玉木文之進が松下村塾を起こし、のちに松蔭が引き継ぐ。ここ玉木文之進の居住地は松蔭神社の上手に位置する。さらに奥へ登ると松蔭の生誕地がある。高台から萩を見下ろす絶景にある。



d0170835_20391981.jpg
松陰神社内にある三畳半の松蔭幽囚の間。
d0170835_20424109.jpg
d0170835_20431204.jpg
d0170835_20473084.jpgd0170835_20491442.jpg木戸孝允と高杉晋作の生誕地。
さらには伊藤博文の旧宅まである。
d0170835_21001404.jpg
d0170835_21020542.jpg

by kirakuossan | 2017-05-22 20:37 | 文学温泉紀行 | Trackback

2017年5月22日(月)
d0170835_05422881.jpg
d0170835_05584317.jpg道の駅「みとう」の朝は、鶏声暁を告げる一声で目が覚める。昨夜は、石川県小松から見えたHさんと話がはずみ、楽しいひとときを過ごす。
さあ、花子ちゃんともお別れだ。またどこかで逢えるかも?
今日は秋芳洞と萩だ。なにか、温泉巡りというより観光地巡りになってきた。


秋吉台と秋芳洞

秋吉台でまず朝食。カルスト風景を観ながらのホットコーヒーが美味い。

d0170835_19455236.jpg
d0170835_19555749.jpg
d0170835_19563319.jpg
d0170835_20063365.jpg
d0170835_20014836.jpg
d0170835_19592817.jpg
d0170835_20070740.jpg


by kirakuossan | 2017-05-22 05:41 | 文学温泉紀行 | Trackback