信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。 当ブログ名は2018年7月1日をもって「のんきなとうさんの蓼科偶感」に変更いたしました。


by kirakuossan

カンバック間近、がんばれ!

2018年9月14日(金)

大相撲九月場所。先場所2勝13敗と大きく負け越して幕下下位まで転落した嘉風が今場所は昨日まで5連勝と元気で安心した。最近新顔の進出が目立つが、ふと幕内以下の番付を見ると、一時上位陣で活躍していたのに最近見ないと思ったら「あっ、そうかここまで落ちているのか」と気がつく力士が多くいる。ほとんどがケガによる長期休場が原因だが(一部には何となくという人もいるが・・・)、なかには幕下まで下がってしまった気の毒な力士もいる。

豪風(元関脇)→西十両6枚目
臥牙丸(元小結)→東十両12枚目
常幸龍(元小結)→東十両14枚目
千代鳳(元小結)→東東幕下25枚目
豊響(元前頭2枚目)→東幕下3枚目
蒼国来(元前頭2枚目)→東幕下9枚目
徳勝龍(元前頭4枚目)→東十両11枚目
誉富士(元前頭6枚目)→西東幕下6枚目
里山(元前頭12枚目)→東東幕下21枚目

そのなかでもこの2力士は別格だ。
元関脇の安美錦が西十両筆頭、同じく元関脇の豊ノ島は西幕下筆頭に甘んじている。

d0170835_07185911.jpg豊ノ島(アキレス腱断裂)の三役から4場所後に幕下に陥落したのは史上初の記録。
平成28年3月西関脇 3勝12敗
平成28年5月東前7 5勝10敗
平成28年7月東前11 0勝0敗15休
平成28年9月東十8 0勝0敗15休
平成28年11月西下7 4勝3敗

ただ幸いなるかな、安美錦は4勝1敗、豊ノ島は3勝0敗と今場所好調。39歳安美錦は再入幕が、35歳豊ノ島は関取復帰がほぼ間違いない状況にある。
カンバック間近、がんばれ!



白のさがりが気になるが、さがりの本数は力士の体格によって異なり、17本前後が原則で、必ず奇数と決められている。幕下以下の力士のさがりは、ふのりで固められておらず縄のれんのようになっている。

トラックバックURL : https://kirakuossa.exblog.jp/tb/27106315
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kirakuossan | 2018-09-14 07:20 | スポーツ | Trackback