信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。 当ブログ名は2018年7月1日をもって「のんきなとうさんの蓼科偶感」に変更いたしました。


by kirakuossan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ひと目でわかる世界シェア

2018年7月10日(火)

「ひと目でわかる世界シェア市場争奪の構図」
日本経済新聞社が実施した2017年の世界71品目についての「主要商品・サービスシェア調査」において、24品目で米国企業がシェア首位に立ち、日本企業は10品目、次いで中国が9品目で続いた。
ここでは主な品目のベスト3を上げてみる。品目の%は上位3社のシェア。

d0170835_07055098.jpg


バイオ医薬品(35.0%)
ロッシュ16.5(スイス)アッヴィ9.3(米)アムジェン9.2(米)
医療用医薬品(16.3%)
ファイザー5.7(米)ノバルティス5.3(スイス)ロシュ5.3(スイス)
一般用医薬品(20.5%)
ジョンソン&ジョンソン7.6(米)グラクソ・スミスクライン7.4(イギリス)バイエル5.5(ドイツ)
後発医薬品(37.8%)
マイラン14.1(米)テバ・フォーマシュティーカル12.8(イスラエル)ノバルティス10.9(スイス)
医療機器総合(17.7%)
メドトロニック7.3(アイルランド)ジョンソン&ジョンソン6.5(米)アボット・ラボラトリーズ3.9(米)
スマートフォン(46.7%)
サムスン電子21.6(韓国)アップル14.7(米)ファーウエイ10.4(中国)
通信インフラ(77.8%)
ファーウエイ27.9(中国)エリクソン26.6(スウェーデン)ノキア23.3(フィンランド)
自動車(32.8%)
フォルクスワーゲン11.1(ドイツ)ルノー・日産・三菱11.010.7(仏・日)
タイヤ(37.6%)
ブリジストン14.6(日)ミシュラン14.0(フランス)グッドイヤー9.0(米)
自動二輪(58.4%)
ホンダ35.1(日)ヒーロー13.3(インド)ヤマハ発動機10.0(日)
造船(22.7%)
現代重工業8.1(韓国)サムスン重工業(韓国)大宇造船海洋7.3(韓国)
粗鋼(12.4%)
アルセロール・ミタル5.7(ルクセンブルク)宝武鋼鉄集団3.9(中国)新日鉄住金2.8(日)
リチウムイオン電池向け絶縁体(36.0%)
旭化成16.7(日)上海エナジー9.8(中国)東レ9.5(日)
液晶用ガラス(93.0%)
コーニング51.4(米)AGC23.8(日)日本電気硝子17.8(日)
大型液晶パネル(55.8%)
LGディスプレー27.9(韓国)友達光電14.0(台湾)サムスン電子13.9(韓国)
中小型液晶パネル(45.2%)
ジャパン・ディスプレイ20.2(日)LGディスプレー14.4(韓国)シャープ10.8(日)
ビール(43.8%)
アンハイザー26.8(ベルギー)ハイネケン10.9(オランダ)華潤ビール6.1(中国)
化粧品(23.5%)
ロレアルグループ13.4(フランス)ユニリーバ5.2(英・オランダ)P&G4.9(米)
衣料品(4.7%)
インディテックス1.8(スペイン)H&M1.7(スウェーデン)ナイキ1.2(米)
腕時計(30.9%)
スウォッチグループ14.9(スイス)リシュモングループ8.5(スイス)ロレックス7.5(スイス)
スポーツ衣料品(31.3%)
ナイキ16.5(米)アディダス11.9(ドイツ)VFコーポレーション2.9(米)
コーヒー(34.7%)
ネスレ22.6(スイス)ヤコブ・ダウ・エグバーツ9.6(オランダ)ラバッツァ2.5(イタリア)
パソコン(59.9%)
HP22.7(米)レノボ・グループ21.1(中国)デル16.1(米)
半導体製造装置(50.9%)
アプライドマテリアルズ20.9(米)ラムリサーチ15.9(米)東京エレクトロン14.1(日)
デジタルカメラ(89.1%)
キャノン43.4(日)ニコン25.7(日)ソニー20.0(日)
薄型テレビ(39.7%)
サムスン電子20.0(韓国)LG電子12.6(韓国)TCL集団7.1(中国)

こうして見ると世界の現実がよく分る。そして注目を引くのは、腕時計はともかくとしても、本社をスイス国内に置く企業が多いこと。これはヨーロッパのほぼ中心に位置することと、法人税率が他の先進国と比べて低いということが最大の理由だが、実はもうひとつある。それは人材確保、それもホワイトカラーの優秀な人材が集まりやすい。それは英語以外にスイスの公用語がドイツ語、フランス語、イタリア語など多様で複数の言語を話せる人 材に事欠かない、まさに言語上でもグローバルな点にある。




トラックバックURL : https://kirakuossa.exblog.jp/tb/26975791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kirakuossan | 2018-07-10 05:31 | 偶感 | Trackback