ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

全国10番目の「古都」指定

2018年6月14日(木)

d0170835_19392923.jpg
~大津市・全国10番目の「古都」指定~ の看板。
夕食後の散歩。折り返し点の京阪石山寺駅まで来て、いつも前を通っているのに今日初めて気づいた。
で、
京阪石山寺駅からの帰り道、その「古都」は何処なのか? いろいろ思い浮かべながら戻って来た。
京都市、奈良市、鎌倉市、明日香村、盛岡市、福岡市、そして大津市、う~ん、あとは出てこない。

正解は・・・

古都指定
日本の法律において「古都」は「古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法」で「わが国往時の政治、文化の中心等として歴史上重要な地位を有する京都市、奈良市、鎌倉市及び政令で定めるその他の市町村」と定義しており、「政令で定めるその他の市町村」については政令(古都における歴史的風土の保存に関する特別措置法第二条第一項の市町村を定める政令)で「天理市、橿原市、桜井市、斑鳩町、明日香村、逗子市及び大津市」と規定している。これは住環境保全運動が制定の契機となった法律で、施行の対象を通念としての「古都」に限定するものではない。

【Wikipedia参照】

大津市が入っているとは知らなかったので、実質正解は4つ。

それほどの由緒ある所なのに、日ごろから感じていることだが、滋賀県や大津市はアピール力が不足している。もっともっと皆で知恵を出し合って、情報発信しなければならない。自分が知らなかったから言うのではないが、県・市の努力不足。
それから何度も書くが、石山寺は入場料・駐車場料金をもっと低料金にする努力をせよ! 600円+600円=1200円はあまりにも暴利である。何となく年々石山寺の参拝客が減っているような気がする。ガラガラの駐車場に高齢者の従事員の多さだけが目につく。これも寺・市の勉強不足努力不足。


by kirakuossan | 2018-06-14 20:01 | 近江抄 | Trackback
トラックバックURL : https://kirakuossa.exblog.jp/tb/26898221
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る

日経
信濃毎日
京都
中日
産経
ITmedia
JP
47NEWS
WORLD CLOCK
radiko



exciteCounter

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル