ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

「神宮の奇跡」 ⑤

2018年6月9日(土)

東都大学野球1958年(昭和33)秋のリーグ戦。第5週までの戦績は、①日本大学4勝(勝点2)⓶専修大学4勝2敗(勝点2)③駒沢大学4勝4敗(勝点1)④中央大学3勝3敗(勝点1)⑤学習院大学3勝4敗(勝点1)⑥東京農業大学1勝6敗(勝点0)であった。開幕前は、同年の春を制した中央大、それに専修大、日本大の3校が優勝候補に挙げられ、5週のこの時点では日本大と専修大が有望視されていた。ところが学習院大が全勝の日本大にまさかの連勝をし、俄かに様相は変わって来た。①専修大6勝3敗(勝点3)⓶駒沢大7勝5敗(勝点3)③中央大・日本大・学習院大がそれぞれ5勝4敗(勝点2)
この時点で駒沢大が学習院大に勝ち点を挙げれば初優勝に近づくということで、いよいよリーグ戦は混とんとしてきた。ところが学習院大はその駒沢大に根立、井元の二本柱が立ちはだかり、3回戦で井元投手が6-0と完封勝利を収め、駒沢大の初優勝の夢を打ち砕いた。それは同時に、ひょっとしてひょっとする学習院大の優勝の可能性も残す勝点3の奪取であった。そしてトップを行く専修大に日本大が勝ち点を奪い、いよいよ怪しくなって来た。


波乱に富んだ昭和三十三年東都大学秋季リーグ戦は、最終週で中央・専修がともに優勝の可能性を残して激突した。
専修が勝ち点を上げれば、もちろん優勝。中央が優勝するには、専修に連勝しなければならない。
問題は、中央が二勝一敗で専修を倒した場合だった。
この時、実に勝ち点三で五チームが並ぶという前代未聞の事態となる。そして勝率の関係で、中央、日大、学習院の三チームが「七勝五敗・勝ち点三」で完全に並ぶという予想もしなかった結果が生まれることになる。
この場合、勝ち点は同じ「三」だが、駒沢と専修は「八勝七敗・勝率五割三分三厘」となり、中央、日大、学習院の「五割八分三厘」に及ばず、優勝圏外に転落するのである。
ネット裏では、「専修の優勝が一週のびただけだろう」という予測が大半だった。


優勝のかかる専修大vs中央大戦で、絶対のエース坂井で初戦をものにした専修大だが、何を焦ったか、続く2回戦でも1回戦で延長10回まで投げた坂井を連投させた。そしてまたもや延長となり、13回に専修大がサヨナラ負けを喫する。
専修大はここで力尽きた感じで、3回戦で1-2で敗れ、まさかまさかの三つ巴優勝決定戦が現実のものとなった。
ところが優勝決定戦の三つ巴の戦いは2度繰り返されるが決着つかず。連盟の判断は「優勝預かり」を決定しようとしていた。

d0170835_17534842.jpg

連盟側から案の定、「優勝預かり」が提案された。
すでに野球をやれる環境ではない。とにかく寒すぎる。優勝預かりやむなし、だった。中央、日大はともに了承した。
だが、その時、学習院のマネージャー松木が口を開いた。
「もう一度だけ、もう一度だけやりましょう」
学習院は前年、柳谷部長が東都大学野連盟の理事長、そして松木が連盟の総括マネージャーを務めていた。二人とも連盟の運営については、すべて知り尽くしていた。
「・・・・・・・」
一瞬の沈黙が流れた。
「そうは言っても球場が・・・」
すでに十一月も下旬だ。神宮球場をこれ以上使うことは許されていなかった。球場がなければ、さすがに優勝決定戦もない。
その時、松木は、こう言った。
「駒沢球場があります」
東映フライヤーズの本拠地である駒沢球場は、プロ球団がフランチャイズにしているだけのことはあって、この十一月下旬が来てもまだ「使用可能」だった。
当時の駒沢球場の場長だった田沢八十彦は東都大学リーグに理解の深い人物だった。あらかじめ松木は、駒沢球場を使わせてもらえるか、田沢に電話を入れていたのだ。
「せっかくこれだけの注目を集めているのですから、もう一度だけやりましょう」
球場まで用意されていては、中央、日大としても、拒否できる理由は見つからない。各大学とも授業を休講にしていた。そのため、学生は心おきなく応援に駆けつけることができた。優勝決定戦は、学生たちにも評判が上々だった。
「仕方ない、やるか・・・」
中央と日大のマネージャーが目と目を合わせて頷いている。
連盟の総括マネージャーを前年に努めた松木の貫禄勝ちだった。この席に来るとき、松木は、
「松木、絶対に続けさせろよ!」とナインから言われていた。学習院の面々は、闘志満々だったのだ。


d0170835_21423283.jpg
決定戦続行の知らせを聞かされた中央と日大ナインたちは「えッ?」「本当か?」といったのが偽らざる本音であった。すでにこの時点で勝敗は決した。
学習院大学野球部が悲願で唯一の優勝を手にした。それは1958年(昭和33)11月も押し迫った25日のことであった。



d0170835_17592686.jpg

学習院大学が奇跡の優勝を果たしたその翌日、1958年(昭和33)11月26日午前9時、宮内庁から発表があった。「明日11月27日午前10時から、皇居東の間において皇室会議が開かれる。議題は、皇太子殿下の婚姻に関する件である」


皇太子のご婚約は学習院の優勝と同じく大逆転劇であり、不思議なほど、学習院の優勝への戦いと同時進行している。
当初、連続して勝ち点を落とした学習院が覇権に向かって歩み始めるのは、十月に入ってからである。あきらめず、こつこつと立ち向かっていった学習院ナインが、同率首位に這い上がり、優勝決定の三つ巴戦への参加が決まるのは、十一月八日のことだ。それは皇太子が電話攻勢でやっと美智子の心を動かした時期と重なる。
また、皇太子が正田家から婚約承諾の知らせを受取った日の翌十一月十四日、学習院は優勝を九分九厘決めていた中央を逆転し、穴沢のサヨナラヒットで二度目の優勝決定シリーズに持ち込んでいる。
そして、前述の通り、宇佐美宮内庁長官が、天皇家の正式な使いとして正田家を訪問する十一月二十一日、学習院は再度の優勝決定戦で初優勝をかけて中央に挑み、皇太子はこの闘いを神宮球場のスタンドから見つめた。
それは、それまで逆転に賭けて突き進んだ皇太子と学習院大学野球部が見事に”クロス”した瞬間だった。
皇太子はこの時、愚直に、誠実に、戦いを挑む後輩たちに対して、心からの拍手と声援を送っている。ひょっとしたら皇太子はその時、母校のために戦う後輩たちと自らを重ね合わせていたのかもしれない。
あの時に見せた皇太子の心からの笑顔には、おそらく逆転を成し遂げた自身の輝かしい未来への夢と希望も含まれていたのだろう。
皇太子殿下と学習院大学野球部―両者が大願を成就させたのは、あの小金井の学習院仮校舎の光華殿前広場で、皇太子と草刈が、戸田侍従に野球の手ほどきを受けてから十二年後のことだった。

門田隆将著「神宮の奇跡」



学習院大学野球部が3度にわたる三つ巴の優勝決定戦を制した1958年(昭和33)は長嶋茂雄選手が4打席4三振でデビュー、 富士重工業が「スバル・360」を世に出し、「チキンラーメン」なるものが登場し、 東京タワーが竣工、東京 - 大阪間に特急「こだま」が姿を見せ、聖徳太子の1万円札が流通もした、まさに新しい時代の幕開けを予感させる年であった。
今、学習院大学野球部は東都大学の3部リーグにあるが、1982年秋の3部降格後、2部リーグへの復帰は一度もない。2015年秋、久し振りの3部リーグ優勝、そして続く2017年の秋季リーグにも優勝、2部最下位の東京農大相手の入れ替え戦では緒戦に先勝、2戦目は逆転負け、3戦目は延長戦にもつれ込む大接戦となったが惜しくも敗れ、2部昇格はならなかった。そして今春のリーグ戦も勝ち点4で順天堂大と優勝決定戦まで進んだが敗れ2位になった。最近徐々に力をつけてきており、近いうちに2部昇格が実現、往年の雄姿を取り戻すかもしれない。



by kirakuossan | 2018-06-09 15:31 | 文芸 | Trackback
トラックバックURL : https://kirakuossa.exblog.jp/tb/26882856
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る

日経
信濃毎日
京都
中日
産経
ITmedia
JP
47NEWS
WORLD CLOCK
radiko



exciteCounter

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル