ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

若さ溢れるセル、生涯最後の録音

2018年6月7日(木)

1897年の今日6月7日、ジョージ・セル(George Szell、1897~1970)が、ハンガリーのブダペストに生れた。残念ながら一度も彼の指揮に接したことはなかったが、なぜかしら昔からその存在は気になるものであった。それは早くから手にしていた彼のドヴォルザーク第8番のレコードのせいかもしれない。また。あののちのちに語り継がれる名演を残すことになった1970年5月大阪万博の最初で最後になった初来日、そしてそのわずか2か月後の急逝、その印象があまりにも鮮烈であったからかもしれない。
d0170835_17043402.jpg
この愛聴盤(ドヴォルザーク交響曲第8番)はセルが初来日する半月前に演奏した最晩年のもので、彼の最後の録音となった。ライナーノーツでは藤田由之氏がこう記している。


本年(1970年)5月のセルとクリーヴランド管弦楽団とのはじめての来日は、こうしたセルとそのオーケストラとがもつ演奏の特質を、あますところなく伝えていたが、その来日にさきだって、4月末にその根拠セヴァランス・ホールにおいて録音されたシューベルトの第9交響曲と、さらにひきつづき録音されたこのドヴォルザークの作品は、セル自身快心のできばえであったといわれ、事実、それらは、彼の最晩年の円熟をみごとに立証するとともに、彼の最後のレコーディングともなったのである。その偉大な存在の死は、たしかに、世界の楽壇の損失といえ、驚異的なテクニックと完璧な耳とが生みだす音の魔術には、永遠にふたたび接する機会を失ってしまったが、これらのレコーディングは、そのなまの演奏に接した感動とともに、いつまでも音楽を愛する人びとの心の中にのこってゆくにちがいない。



ところでセルはよほどこのドヴォルザークの8番を愛したのだろう。古くは1951年、最初にアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団との演奏で録音した。さらにいずれもコンセルトヘボウと1958年、1970年と3度もレコーディングを行なっている。その他に、1969年にはスイス、ルツェルンでチェコ・フィルハーモニー管弦楽団との名演奏を残している。これはNMLでも聴けるが、高音質のライブ録音である。
そして手兵のクリーヴランド管弦楽団を振ったのが生涯最後の録音となった。
その演奏は、円熟味もさることながら、どちらかといえば、そこには感情をむき出しにした、あの冷徹な印象を抱かせたセルとは別人のようなほとばしるような若々しいセルの姿があるように思う。



by kirakuossan | 2018-06-07 16:43 | myライブラリー | Trackback
トラックバックURL : https://kirakuossa.exblog.jp/tb/26878339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る

日経
信濃毎日
京都
中日
産経
ITmedia
JP
47NEWS
WORLD CLOCK
radiko



exciteCounter

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル