”同じ穴の狢”

2018年4月25日(水)

麻生財務相が、財務事務次官のセクハラ問題でインタヴューを受けて、同じような質問を何度も受け、少し苛立った表情で、
「もっと勉強して常識的な質問をしろよ、朝日新聞だろう」と発言し、その直後に、質問者はNHKの記者だとわかり、うしろの護衛の人も思わず笑みがこぼれてしまうこんな場面が。
d0170835_07303911.jpg
麻生氏が記者をまちがえたのも、当然のことで、どちらも”同じ穴の狢”なのだから。

そして続けて・・・「双方伺った上でないと処分はなかなか決められない」と発言した理由を語った。
d0170835_07321444.jpg
下村博文元文部科学相も「隠しテープで撮っておいて、テレビ局の人が週刊誌に売るってこと自体がある意味で犯罪だと思う」と講演会で語った。

麻生氏や下村氏の言っていることはまったくそのとおりで、セクハラ疑惑も問題だが、その裏に潜んだこのような事実がもっと質(タチ)の悪い問題である。
そしてそのことが見過ごされているのでは、といった正直な発言をすれば、それを受けて、蜂の巣をつついたように騒ぎまくる野党連、これもまた”同じ穴の狢”である。

「生まれはいいが、育ちは悪い」を自称する麻生さん、白洲次郎とだぶって感じるのは私だけでしょうか? 少年少女探偵団の連中に、もっと思いきしびしっと言ってやってください。


トラックバックURL : https://kirakuossa.exblog.jp/tb/26705238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kirakuossan | 2018-04-25 07:45 | 偶感 | Trackback