信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。 当ブログ名は2018年7月1日をもって「のんきなとうさんの蓼科偶感」に変更いたしました。


by kirakuossan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

かぶ奮戦記 「果敢な攻めと勇気ある撤退」は大正解であった!

2018年4月16日(月)

まずはアーカイブから。。。





archive


かぶ奮戦記 ダイトは今週中までか?


2018年4月2日(月)



ダイト(4577)日足
d0170835_21043705.png
ところでここ1か月、ダイト(4577)の株を集中的に追いかけているが、今日もいつものように3,860円で始まり、測ったようにそこからやはり50円下げたところの3,810円が最安値であった。そこから上昇を開始、最高値3,930円をつけ、値幅は120円に。しかし、午後の値下がりに同調した形で伸びず、結局3,875円で終えた。今日は一気に上伸するかと思い、始値からわずか15円低い3,845円で買った。その直後に、一気に最高値までつけ、上場来最高値の3,945円に迫った。さらなる上昇を期待し、今日のところは保有。明日は無理としても、明後日あたりには、一気にこれを抜き、青天井になってついに4,000円を狙いに行くだろう。
ただ、来週の4月13日が当社の決算発表日となっており、第三四半期の数字の良し悪しは別として、ここらあたりまでが山場で、あとは一転下げ基調に入ると見ている。勝負どころは今週中かもしれない。




そして2日後、4月4日(水)にこう記している。


直近の7日連続の陽線が続き、400円上げはさすがに過熱気味、ここは今日のさらなる急伸を予測し、「果敢な攻めと勇気ある撤退」ということで、一昨日の買値3,845円の150円高ほどでの売却を想定していたが、結局3,990円で手放した。”勇気ある撤退”とはカッコよかったが、ちょっと”勇気”が過ぎて、早く売りすぎた。でも当初の目標は達成、これからは少し静観がよさそうだ。



👇


そして、先週末大引け後の決算発表を受け、本日、大暴落をみた。その予想は的中した。
まるで、25日線に辛うじてひっかかってもっと下まで落ちなかってよかったような・・・


ダイト(4577)日足

d0170835_23421612.png
18/04/16  始値3,700高値3,780安値3,555終値3,640  -395安


ちょうどオレンジ色枠の2月27日から4月4日まで参戦、13回の売買を行いすべて成功した。そして「果敢な攻めと勇気ある撤退」ということで4月4日を最後に、もうこれまで!と、思い切って手を引いた。あとは黄色枠のとおり・・・
これが大正解であった。

アナリストらが思惑で中間決算発表前から予想を引き上げ、強含みで株価を形成、あとは少々の好結果発表でも決算後は一斉に売るといった常套手段?か。過去の、高砂熱学工業、マクセルや山一電機などの苦い経験がここにきて活きた。

トラックバックURL : https://kirakuossa.exblog.jp/tb/26668868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kirakuossan | 2018-04-16 23:51 | | Trackback