信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。 当ブログ名は2018年7月1日をもって「のんきなとうさんの蓼科偶感」に変更いたしました。


by kirakuossan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ちょっとユニークなオランダのヴァイオリニスト

2018年4月9日(月)

d0170835_05345628.jpg
ワタシにゃ、なんでこんなジャケットにする必要があるのか? よーわからんのですが・・・
リザ・フェルシュトマン。1979年、ロシアの音楽一家の家庭に生まれたオランダの人気ヴァイオリニスト。説明によると、「ユニークなプログラムと、聴き手にダイレクトに語りかける独特の演奏スタイルで人気を博している」とあるが、”独特の演奏スタイル”とはこのことなのでしょうか?

ビーバー:パッサカリア『守護天使』 C.105 、バルトーク:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ Sz.117 、ベリオ:セクエンツァVIII~ヴァイオリンのための、と確かに聞いたこともない珍しい選曲ばかりでしたが、最後に、 J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調が入っておりました。これがいい演奏で、とゆ~か、独特の響きがしまして、でも実力のほどが推し測れましたのです。
見るとほかに、イザイとバッハの無伴奏ソナタの一枚もありました。せめてこれぐらいのジャケットでいかがなもんでしょ。本来の素顔の清潔感も保てますし。
リザ・フェルシュトマン - Liza Ferschtman (ヴァイオリン)



d0170835_06040313.png

彼女、ヤン・ヴィレム・デ・フリエンドとの共演で ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲 ニ長調 も録音しています。これなども聴きごたえのある演奏でございました。とくに第一楽章終盤のカデンツァなんか、まったくもってユニーク、初めて耳にするものでしたな。

ベートーヴェン:
ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op. 61Violin Concerto in D Major, Op. 61
リザ・フェルシュトマン - Liza Ferschtman (ヴァイオリン)
オランダ交響楽団 - Netherlands Symphony Orchestra
ヤン・ヴィレム・デ・フリエンド - Jan Willem de Vriend (指揮)
録音: 10-12 February 2010, Muziekcentrum Enschede, Netherlands



トラックバックURL : https://kirakuossa.exblog.jp/tb/26645834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kirakuossan | 2018-04-09 05:34 | クラシック | Trackback