信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。 当ブログ名は2018年7月1日をもって「のんきなとうさんの蓼科偶感」に変更いたしました。


by kirakuossan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

なぜか毎月アクセス数の多い「えんじ色とマルーンの違い」

2018年4月1日(日)

3月度は一か月間で7,783人の訪問を受けたが、トータル訪問者数500,000人まであとわずか。いよいよ秒読みに入ってきた。この調子だと4月6日には記念すべき日を迎えそうだ。

ところで訪問者数の他に、どの記事にアクセスされたかという記録も毎日出てくる。3月は全体で22,637件のアクセスがあったが、一日当たり730件になる。下のランキングは3月度月間アクセス集計のベスト20を挙げてみたもの。


順位記事タイトルグラフPV合計
12018年クラシック来日公演32.10 %1,574
2指揮者100選☆17 クレンペラー3.73 %183
3「指揮者ランキング」を見て、3.69 %181
4センバツ、90年の節目を迎えて。。。⑭...3.22 %158
5えんじ色とマルーンの違い2.49 %122
6続く巨匠の”セクハラ疑惑”2.43 %119
7指揮者100選☆32 バルビローリ1.41 %69
8指揮者100選☆28 クリュイタンス1.20 %59
9指揮者100選☆46 トスカニーニ1.16 %57
10センバツ、90年の節目を迎えて。。。⑰...1.16 %57
11読響の新しい若手指揮者マイスターの「復活...1.08 %53
12センバツ、90年の節目を迎えて。。。⑳...1.06 %52
13センバツ、90年の節目を迎えて。。。⑮...1.02 %50
14楽しみな44年ぶりのニューヨーク・フィル0.94 %46
15「貧の意地」・・・落ちぶれても、武士はさ...0.92 %45
16みんなをこの地で永久に待つよ0.92 %45
17煌びやかさと野太い響きを併せ持つニューヨ...0.92 %45
18指揮者100選☆84 レヴァイン0.88 %43
19冥途の土産0.88 %43
20お~クリーミー!0.88 %43


1位の「2018年クラシック来日公演」は2017年8月22日の記事で、1574アクセス(全体の32.1%をしめる)以下、2位「指揮者100選☆17 クレンペラー」2011年5月21日、183(3.7%)、3位「指揮者ランキングを見て」2015年8月23日、181(3.7%)、4位「センバツ、90年の節目を迎えて。。。⑭..出場校の戦力分析」2018年3月3日、158(3.2%)、5位「えんじ色とマルーンの違い」2015年12月16日、122(2.5%)と続く。ところが意外というか、困ったなというか、やっぱしみな関心があるんだな、と思ったのは、6位の「続く巨匠の”セクハラ疑惑”」2018年3月18日、119(2.4%)、やはりこうしたゴシップ調の記事はみな敏感なのだろう。


日頃よく使う言葉で「えんじ色」と称している色はどれか?

d0170835_6421665.png
d0170835_6552233.png
d0170835_6433688.png
d0170835_647311.png
d0170835_6531642.jpg


また、不思議なのは5位の「えんじ色とマルーンの違い」が例月ベスト5に入ること。単なる立命館のスクールカラーのことを書いた記事だが、なぜだかいつもアクセスが多い。
正解は・・・上から3番目が「えんじ色」(臙脂色)で早稲田のカラー。ちなみに立命館のスクールカラーは「えんじ色」ではなく正式には「マルーン」で一番上の色、栗色とも呼ぶ。2番目は「猩紅色」で中国の想像上の動物の色、4番目は「茜色」で沈んだ赤色、5番目の「緋色」は紫に次ぐ高貴な色とされる。

また「お~クリーミー!」が2018年3月25日の記事で3月も残り1週間ほどしかなかったのに43アクセスあって20位に入っていた。

そうこうしているうちに本日の訪問者は71人を数え、通算498,670人となった。きょうの訪問者数はまた多くなりそうな気配だ。






トラックバックURL : https://kirakuossa.exblog.jp/tb/26624753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kirakuossan | 2018-04-01 07:54 | 偶感 | Trackback