信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。 当ブログ名は2018年7月1日をもって「のんきなとうさんの蓼科偶感」に変更いたしました。


by kirakuossan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

煽りまくったひどいベートーヴェンが聴こえてきた。

2017年12月30日(土)
d0170835_18105271.png



Sâmbătă, 30 Decembrie

10.00 Grădina de... sunete

Realizator Radu Mihalache. Felix Mendelssohn- Concertul op. 64 în mi minor pentru vioară şi orchestră (Maxim Vengerov, Orchestra "Gewandhaus" din Leipzig, dirijor Kurt Masur); Ludwig van Beethoven - Simfonia a VII-a op.92 în La major (Orchestra Filarmonicii din New York, dirijor Leonard Bernstein); Robert Schumann - Concertul op.54 în la minor pentru pian și orchestră (Martha Argerich şi Orchestra de Cameră a Europei, dirijor Nikolaus Harnoncourt); Johannes Brahms - Simfonia a IV-a op. 98 în mi minor (Orchestra Filarmonicii din Los Angeles, dirijor Gustavo Dudamel)




正月の買い出しを終え、一年の疲れを癒そうと、ルーマニア放送のボリュームを少し上げながら夕方風呂に入っていると、煽りまくったひどいベートーヴェンが聴こえてきた。これはなんぼ何でもやりすぎだ。誰が棒を振っているのか??


d0170835_21202818.jpg
意外というか、納得というか、レナード・バーンスタイン(1918~90)だった。彼はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とベートーヴェンの交響曲全集を1977~79年にかけて録音している。”歴史名盤”ともされるこれが彼のベートーヴェン演奏の定番であるが、その前、60年代に当時の手兵ニューヨーク・フィルハーモニックハーモニックとの間で最初の全曲録音を遺している。ほかにも単発もので、バイエルン放送交響楽団 やボストン交響楽団との共演がある。入浴しながら聴こえてきたのはこのニューヨーク・フィルハーモニックとの1960年代の全集録音よりもさらに早い時期のもので、ニューヨーク・フィルの首席指揮者就任直後に録音されたものではなかろうか。そうすればバーンスタインが40歳になったばかりの頃の演奏ということになる。ライナーノーツでは、「若々しく,力強く,燃える棒は,団員のひとりひとりに伝わっていて・・・」と書かれているが、演奏時間をみると(38:00)とあるから相当早い。最終楽章のアレグロなど(7:27)で、道理で煽り続けるはずだ。
d0170835_21042421.jpg
そこで一枚、バーンスタイン最後の演奏会での7番を聴くことに。1990年8月19日、亡くなる2か月前に行われたボストン交響楽団とのまさに最後のライヴである。こちらは(45:13)ということでさすがにゆったりとしたテンポ、というより途中で怠惰な感さえするが、とくに最終楽章は(8:40)も要し、煽るどころか、明らかに冗長な印象さえする。煽った演奏も耐えがたいが、その逆もこれまた相当の辛抱が必要である。

ということで、では次に”歴史名盤”なるウィーン・フィルとの7番を聴き直してみた。するとこちらの演奏時間も(39:08)ということで、最終楽章がなんと(7:03)、ニューヨーク盤よりさらに短いではないか。ところが不思議なことに、こちらの方は決して煽ったところがなく、心地よく響いた。これがやはり”歴史名盤”たる所以と言えようか。



d0170835_20512572.jpgベートーヴェン:
Symphony No. 7 in A Major, Op. 92
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
レナード・バーンスタイン(指揮)
(録音: 1978, Live recording, Musikverein, Vienna, Austria)


せかせかガンガン・・・まあ、いずれにしても風呂で聴いた7番はひどかった。くどいが。

トラックバックURL : https://kirakuossa.exblog.jp/tb/26283154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kirakuossan | 2017-12-30 18:13 | クラシック | Trackback