夜ふかしして読む本

2017年9月10日(日)

【夏の夜ふかし】
おみくじを引いて、出た番号と同じ本が今日のあなたの夜ふかし本。
d0170835_10014131.jpg
三省堂書店で面白い企画をやっていた。どんな本が入っているかわからないので封を開けるまではワクワクする。一種の福袋のような感覚、自分からは決して買うことのない本が手に入り、思わぬ感動に出逢えるかもしれない。。。そんな期待を抱かせる。

なんってリアル!著者にしては短めの物語なんですが、その重量感ったら!
『神無き月十番目の夜』
飯嶋和一著

知らなかった小説家だが、主に歴史小説を書く人らしい。「史料を読み込むと書き手の視点に引っ張られるため、視点を変えることが大事」との姿勢を持ち、権力者ではなく民衆や在野の主人公からの視点で描いた作品が多い、とある。面白いかも知れない。
ちょうど明日から蓼科入り、向こうで10日もあれば、”夜ふかし”しなくても合間合間に読みきれるだろう。


.


by kirakuossan | 2017-09-10 08:35 | 文芸 | Trackback

トラックバックURL : https://kirakuossa.exblog.jp/tb/25572681
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]