信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。 当ブログ名は2018年7月1日をもって「のんきなとうさんの蓼科偶感」に変更いたしました。


by kirakuossan

「文学温泉紀行」まとめ編⑤ ちっちゃな旅の想い出

2017年5月29日(月)

d0170835_12214174.jpg旅はかみさんの手作り弁当から始まった。
(有馬での昼食)
d0170835_12232339.jpg










酢牡蠣とハイボールで旅の無事を祈念する。
(相生湾でペーロン祭の練習の太鼓を聞きながら・・・)









d0170835_13093540.jpg日東第一形勝の地で仙酔島巡りをしたあと対潮楼へ立ち寄ったがもう閉まっていた。その代わり付近に龍馬の隠れ宿を見つける。







d0170835_13245988.jpg志賀直哉の旧居は急坂な上にあった。降り道から船が見えた。
d0170835_13290150.jpg











広島の中心街にお好み焼き村がある。開業して53年、現在20数軒の店が同じビルに同居している。関西のお好み焼きのイメージはなく、パサパサしていてキャベツ焼きのようだ。(正直失望)


d0170835_13415551.jpgおばちゃん長い間独りでたたずみ、絶好の一枚が撮れなかった。d0170835_13520224.jpg










常栄寺の雪舟庭園の四明池が県指定天然記念物とされるモリアオガエルの繁殖地で、樹上に卵を産む特異性がある。一つに3~500の卵があって、1週間でオタマジャクシになってやがて水面に落下する。


d0170835_14230496.jpg
この日は炎天下、歩き疲れて喉はカラカラ、獺祭もさることながら、松蔭神社前の期間限定夏みかんのシャーベットが抜群に美味かった。d0170835_14304113.jpg






高杉晋作の生家で一輪の美しい花に見とれる。












d0170835_14440864.jpgまた来ちゃんさい、温泉津温泉へ~












d0170835_14494264.jpg石見銀山の近くにある大田市立大森小学校。山中の小さな分校のような学校に50m走のグランドがあった。全校児童は20人とか。d0170835_14585211.jpg






石見銀山の精錬所跡に半夏生の葉が生茂っていた。この葉の存在を知らぬ人は、きっと銀の精錬でこのように変色したのだろうと勘違いするだろうなあ~と連想しながら銀山の坂道を下ってきた。


d0170835_15094741.jpg
石見銀山の代官所跡付近のこ洒落た食事処。ここの鯵の唐揚げ定食がパリパリで抜群においしかった。
d0170835_15154697.jpg








出雲大社は二拝四拍手一拝の作法で拝礼する。
拝殿横で見かけた白鳩、ひょっとして大国主大神の化身かと思った。







d0170835_15413466.jpg
温泉評論家石川理夫の共同浴場番付に関金温泉の関の湯が西方の前頭上位に挙がっていた。









d0170835_15533613.jpg倉吉白壁観光地の入り口に琴桜記念館がある。入場無料。











d0170835_15590760.jpg砂丘を訪れたのはもう夕刻になっていた。そこで、青い鳥を見つけた。











d0170835_16062473.jpg有意義な9日間であった。すこし20歳のときの一人旅を思い出した。
d0170835_16123391.jpg
「人生は すばらしい」
遠くにイカ釣りの漁火を眺めながら、最終日の魚は実に美味かった。ただ一つ心残りなのは、鳥取の地酒「日置桜」を買い忘れたことである。
「文学温泉紀行」、あまり文学とは関係なかったが、とりあえずこれでおしまい。

全51話完。



トラックバックURL : https://kirakuossa.exblog.jp/tb/24276177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kirakuossan | 2017-05-29 08:21 | 文学温泉紀行2017 | Trackback