ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

強いのはライバル選手の存在があるから

2017年2月27日(月)

スケート世界スプリント、小平V
日本女子で初の快挙

2017/2/27 08:27(共同通信)

d0170835_981053.jpg【カルガリー共同】スピードスケート女子の小平奈緒(30)が26日、カナダのカルガリーで行われた世界スプリント選手権で総合優勝に輝いた。日本選手の総合優勝は1987年の黒岩彰以来30年ぶりで、女子では初めて。来年の平昌冬季五輪に向け、期待が膨らむ結果となった。
500メートルと1000メートルを2回ずつ滑って総合成績で競う大会。小平は25日の第1日に両種目で自身の日本記録を更新した。26日は500メートルで1位、1000メートルで3位だった。
黒岩は83年と87年の2度、優勝を飾った。女子は2001年の三宮恵利子と10年の吉井小百合の2位が最高。



高梨沙羅がスキージャンプ・ワールドカップで歴代最多タイの53勝を先日達成したばかりだが、昨日は、スピードスケート女子で小平奈緒が世界スプリント選手権で総合優勝に輝いた。女子としては初めての快挙。どこにそんな力を秘めているのか、ひょうひょうとしていて、どちらもあのあどけない表情からしてとても想像がつかない。なぜそんなに群を抜いて強いのか。この二人には共通点がある。それはライバル選手の存在だ。高梨には、伊藤有希が、小平奈緒には、同年齢の辻麻希らがいる。そして驚きは、小平選手の場合は、30歳という年齢にある。スケートのことはよく分からないが、決してスポーツ選手としては若い方とは言えないのではないか。それだけにより立派だと思う。
さらに嬉しいことに彼女は茅野市の出身で、信州大学教育学部を卒業、松本にある相澤病院に所属している。そんなこともあってより親近感を覚える。来年の平昌冬季五輪に向け、期待が膨らむ。



.
by kirakuossan | 2017-02-27 09:17 | スポーツ | Trackback
トラックバックURL : https://kirakuossa.exblog.jp/tb/23883626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る

日経
信濃毎日
京都
中日
産経
ITmedia
JP
47NEWS
WORLD CLOCK
radiko



exciteCounter

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル