ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

大江健三郎とボブ・ディラン

2017年2月8日(水)

d0170835_12154770.jpgこれから書くことはファンや愛読者から非難を浴びること承知で書くのだが、私には、大江健三郎ボブ・ディラン、この二人のノーベル賞受賞者の良さがまったく理解できない、というより鼻について嫌いである。何かこの二人には独特の共通した雰囲気がある。大江文学を読んだことがないし、ボブの音楽も聴いたことがない。それでいて”嫌い”と一言で片づけるのはいささか大人げないが、でも嫌なものは生理的に嫌なのである。
そんなことではいけないと、先日鉄ちゃんから借りたボブ・ディランを1枚手にしては見たものの、最初の曲のイントロから悪い予感がし、もう1分と持たずに止めてしまった。彼は1941年生まれだから、ポール・サイモンやアート・ガーファンクルと全く同い年だ。私にとってはえらい違いだ。ノーベル賞も、もう乱発し過ぎではないか?
鉄ちゃん、同じハーモニカでも借りたBILLY JOELの方は良かったよ。

今日はそろそろスバルインプレッサーの4号と5号がまとめて送られてくるはずだ。「明日に架ける橋」でも聴きながら製作することにしよう。

.
by kirakuossan | 2017-02-08 12:34 | Trackback
トラックバックURL : https://kirakuossa.exblog.jp/tb/23828226
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る

日経
信濃毎日
京都
中日
産経
ITmedia
JP
47NEWS
WORLD CLOCK
radiko



exciteCounter

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル