ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

「立春大吉」を追い求めて

2014年2月4日(火)
d0170835_1233021.jpg
立春

「寒さがあけて春に入る日」春の初日にあたる。二十四節気によると、冬至が年の分割の起点と考えられ、立春を一年の初めとされる。明治時代に改暦が行われるまでは、立春は正月とほぼ同じ頃に重なっていたため、今でも正月に「早春」や「新春」というわけだ。

立春の早朝、禅寺では厄除けのために門に「立春大吉」と書いた紙を貼る習慣があるという。一年間災難にあわないというおまじないである。そんなことで禅寺を求めて、昨年は宇治へ日本最初の曹洞宗の寺院である興聖寺を訪れた。残念ながら「立春大吉」は貼ってなかったが、早朝より気の引き締まる思いがし、神妙な面持ちになった。
それでは今年はと、臨済宗は京都東山の東福寺を訪れた。でもここでも「立春大吉」の張り紙を見ることはできなかったが、雄大な風景に触れ、心落ち着き、思う事あり。来てよかった。
by kirakuossan | 2014-02-04 12:26 | 偶感 | Trackback
トラックバックURL : https://kirakuossa.exblog.jp/tb/20315197
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る

日経
信濃毎日
京都
中日
産経
ITmedia
JP
47NEWS
WORLD CLOCK
radiko



exciteCounter

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル