ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

気難しい花  (i Ca-tyann)

2013年6月11日(火)
第58題 010.gif
d0170835_20312968.jpg
かみさんが珍しい花を買ってきた。ハイビスカス。花自体はよく知っているが、自宅で飾るのは初めてだ。昼間は陽をいっぱいに浴びて、それこそ思いきり花弁を拡げて色鮮やかな姿を見せる。

d0170835_20345995.jpgところが一転、強い陽が射さないと萎んだまま、決して開こうとしない。日中どんよりと曇っていたら一日中、紫蘇でまいたような情けない恰好をしている。この花は、ジリジリとした汗ばむような太陽のもと、カーンと晴れ渡らないと顔を見せない気難しい花のようだ。別名ブッソウゲともいうとか・・・かみさんが買ってきた花。


追記:
2013年6月12日(水)
朝見たら、花が2輪、房ごと地面に落ちていた。寿命だったのか。しかもあちらこちらに花弁を散らすのではなく、自分で花弁を閉じて、丸めて、迷惑がかからないようにポトリと落ちた感じだ。そういう意味では行儀のよい花なのだろう、知らずに悪いことを云った。
by kirakuossan | 2013-06-11 20:25 | i Ca-tyann | Trackback
トラックバックURL : https://kirakuossa.exblog.jp/tb/18943074
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る

日経
信濃毎日
京都
中日
産経
ITmedia
JP
47NEWS
WORLD CLOCK
radiko



exciteCounter

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル