気楽おっさんの蓼科偶感

kirakuossa.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 11日

花がなかった”花の御寺”

2013年6月11日(火)
d0170835_7443027.jpg
昨日、保田與重郎の生家を訪ねたあと、彼の話にもよく出てくる長谷寺に立ち寄った。
長谷寺は桜井市初瀬にある真言宗豊山派総本山の寺で、本尊は十一面観音、道明が開基したとされる。西国三十三所観音霊場の第八番札所で、日本でも有数の観音霊場として知られる。十一面観音は近江の国高島から持ってこられた楠木を用いてわずか3日で創り上げたといわれる。高さ10m、右手に錫杖を持ち、平らな石の上に立つ独特の姿をされている。
初瀬山の中腹に本堂が建っており、初瀬山全体が牡丹でおおわれる4月下旬から5月上旬にかけては見ごろで、当寺は古くから「花の御寺」とも称される。6月は紫陽花や花菖蒲とあるが、時期が早いのかほとんど咲いていなかった。季節の谷間なのか、訪れる人もまばらで、花のない”花の御寺”であった。でも見事な観音様、段差の低い石段をゆっくりと登って行く登廊は心も安らぎ、名刹の趣があった。
d0170835_7564052.jpg

d0170835_7553945.jpg
d0170835_7584857.jpgd0170835_7593937.jpg
d0170835_7571255.jpg


by kirakuossan | 2013-06-11 07:42 | 新日本紀行 | Trackback
トラックバックURL : https://kirakuossa.exblog.jp/tb/18935843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 朝の一曲 27  完成度が高...      今日のVerb  polish >>