気楽おっさんの蓼科偶感

kirakuossa.exblog.jp
ブログトップ
2013年 01月 22日

本郷焼の掘り出し物

2013年1月22日(火)
d0170835_19571878.jpg
会津本郷焼のぐい呑を求めるが、どうも本郷までいかないと手に入らない様子。仕方なく会津の商店街や鶴が城の土産店で探すが見当たらない。諦めかけていたら野口英世青春館の斜め前にある陶器店に見つけた。流紋焼といって最大手の窯元の品。d0170835_20202324.jpgぐい呑にしては少し小さいので、もうひとつ大きな湯呑茶碗のようなものと一緒に購入した。あまり安いので半信半疑で買ってみて、早速ネットで調べるとこの店で買ったものと同じようなぐい呑が紹介されていて、1つ1250円と書いてある(左写真)



ところが買ったのは180円。左の大きいので350円、しめて530円のホンマもんの”会津本郷焼”である。こうして二つ並べて見ると渋い色をしていてなかなかよろしい。こういうのを掘り出し物というんだな、きっと。

by kirakuossan | 2013-01-22 19:55 | 美術 | Trackback
トラックバックURL : https://kirakuossa.exblog.jp/tb/17669954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< Beauty of symmetry      会津の兄弟酒 >>