信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。 当ブログ名は2018年7月1日をもって「のんきなとうさんの蓼科偶感」に変更いたしました。


by kirakuossan

日本一の鰻

2012年4月13日(金)
d0170835_215147.jpg大谷には有名な鰻の店があることを思い出して、少し早い昼食をとった。日本一の鰻「かねよ」。
日本庭園が素晴らしく、大津絵に出てくる大きな「鬼の念仏」が庭園の真ん中でにらみを利かしていた。「夏季は”関西の箱根・軽井沢”と伝われ市中より数度低く暑さ知らずの避暑地でございます」とはちょっと言い過ぎと思うのに、さらに”日本一の鰻”とはこれまた大きく出たものだ。早速、仲居さんに尋ねてみると・・・「野口雨情先生がお越しになって、箸袋にそのように書いていただきました」となる。

”鰻料理は逢坂山にひびくかねよか日本一”  野口雨情


味の方はというと・・・すこし薄味で素朴な味付け、鰻はふっくらと焼き上がっているが、江戸前でもない感じ。そこそこボリュームもあって食べ応えはあるが何かひとつ物足りない感じ。よくわからないが・・・?d0170835_2162985.jpg

この店、よく知られているようで有名人の色紙も多く飾ってあった。ミヤコ蝶々の色紙などは粋な感じで良い。

d0170835_2193625.gif野口雨情(1882~1945)は、詩人で童謡・民謡の作詞家。
『十五夜お月さん』『七つの子』『赤い靴』『青い眼の人形』『シャボン玉』『こがね虫』などの童謡、他に『波浮の港』『船頭小唄』など、”しっとりとした”心温まる作品を数多く書いた。
トラックバックURL : https://kirakuossa.exblog.jp/tb/15719290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by kirakuossan | 2012-04-13 23:37 | 食・酒 | Trackback