ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

タグ:草花・木 ( 388 ) タグの人気記事

棘のある白い花

2017年5月16日(火)
d0170835_11381343.jpg
d0170835_11383447.jpg
d0170835_11385637.jpgアトリエの裏庭に咲くのある白い花。バラ科の一種だろうが、これも名がわからない。甘い香りに虫たちが競いあって寄って来る。
今が満開だ。

by kirakuossan | 2017-05-16 11:37 | アトリエ | Trackback

新芽と黄色いバナナ

2017年5月10日(水)

またアーカイブだが、何故か、2年前のこの記事もちょくちょく見に来られる。昨日のトップで、20件のアクセスがあった。確かに何度読んでも面白いとは思うが・・・


メルヘン翁

2015年7月3日(金)
d0170835_13202812.jpg

祖父が死んだのは私が高二の時である。
祖父は全くろくでもないジジィであった。ズルくてイジワルで怠け者で、嫁イビリはするし、母も私も姉も散々な目に遭った。
そんな祖父のXデーは、五月の爽やかな土曜の夜に突然訪れた。
夜中十二時頃、祖母が「ちょっと来とくんな、ジィさんが息してないよ」と台所から呼んでいる。私と父と母はビックリして祖父の部屋に行った。なるほど、祖父は息をしておらず、あんぐり口を開けたまま動かなかった。あまりのバカ面に、私も父も母も、力が抜けたままなんとなく笑った。
まもなく医者が来て、祖父の屍をひと目見るなり「これは大往生ですね」と言った。死因は幸福の条件の中でも最も大切な要素のひとつである”老衰”であった。


人間の尊厳な死の場面をとらまえて、このように笑ってしまう、自然と湧き上って来るこの可笑しみとは、何なんだろう。知的で上品なユーモアに盛られた、さくらももこ著『もものかんづめ』の一章だが、中でもこの「メルヘン翁」が断然面白い。”死”という本来悲しむべき出来事なのに、これほど冷静に正面から見据え、その上で思いっきし笑い転げている。そこにはある意味、人間の真実が見え隠れするような不思議な現象がある。「全くろくでもないジジィであった」と揶揄するが、その裏には実はちゃんと持ち合わせた家族愛と、もうこれきり逢えないといった一抹の寂しさが同居した、そんな心の裏返しでもある。

夜中三時頃、続々と親戚が集まってきた。こんな大騒ぎにもかかわらず、姉は自室で熟睡している事を思い出したので、私は慌てて起こしに行った。
「ジィさんが死んだよ」と私が言ったとたん、姉はバッタのように飛び起きた。
「うそっ」と言いつつ、その目は期待と興奮で光輝いていた。私は姉の期待をますます高める効果を狙い、「いい? ジィさんの死に顔は、それはそれは面白いよ。口をパカッと開けちゃってさ、ムンクの叫びだよあれは。でもね、決して笑っちゃダメだよ、なんつったって死んだんだからね、どんなに可笑しくても笑っちゃダメ」としつこく忠告した。
姉は恐る恐る祖父の部屋のドアを開け、祖父の顔をチラリと見るなり転がるようにして台所の隅でうずくまり、コオロギのように笑い始めた。
死に損ないのゴキブリのような姉を台所に残し、私は祖父の部屋へ観察に行った。誰も泣いている人はいない。ここまで惜しまれずに死ねるというのも、なかなかどうしてできない事である。
<略>
「ジィさんの顔、口を閉じてやらなきゃ、まずいなァ」と誰かが言った。私は、そのままでも面白いから問題ないと思ったのだが、そういうわけにもいかないらしい。
「白いさらしの布で、ジィさんの頭からアゴにかけて巻きたいのだが、布はあるか」と親類の男が尋ねるので、母と祖母は必死で探したのだが見つからなかった。深夜なので買いにも行けず、モタモタしているうちに死後硬直が始まってしまいそうだったので、やむをえずありあわせの手ぬぐいで代用する事になった。
この手ぬぐい、町内の盆踊り大会で配られた物であり、豆しぼりに『祭』と赤い字で印刷されていた。
ジィさんは、祭の豆しぼりでほっかむりされ、めでたいんだかめでたくないんだか、さっぱりわからぬいでたちで、おとなしく安置されていた。祖母は、「ジィさんは、いつでも祭だよ」と力なく呟いた。私が姉に「ジィさんのくちびるから、祭ばやしが聴こえるねェ」と言ったら、彼女はまた台所のゴキブリになってしまった。
<略>
体をS字にくねらせて、頬に手を重ねるジジィの姿は、ちょうど夢見るメルヘン少女のようであった。~
ジィさんの戒名の称号は居士であった。死ぬと無条件に仏の弟子になれるというこの世のシステムには改めて驚かされる。もしジィさんか本当に仏の弟子になってしまったら、インチキはするは酒は飲むわで一日で破門であろう。
それなのに”居士”だ。私が、「立派な戒名もらってヨカッタねえ」と母に言うと、彼女は、「あたしゃ、生きているうちにいい目に逢えりゃ、居士でもドジでもなんでもいいよ」と言いながら、葬式まんじゅうをパクパク食べ始めた。
位牌が少し傾いたような気がした。


さくらももこ著『もものかんづめ』(集英社文庫)より「メルヘン翁」



さくらももこ(三浦美紀1965~):
清水市生まれの漫画家・作詞家・脚本家。静岡の短大卒業後に上京してぎょうせいに入社するが勤務中に居眠りする等して上司から「会社を取るか漫画を取るかどちらか選べ」と迫られ「漫画家として生活していく」と回答、約2か月で退職した。
そしてその年『りぼん』で「ちびまる子ちゃん」の連載開始する。


d0170835_13090717.jpg
枯れかけて心配していたアトリエのクスノキ。今日見ると新芽が。。。

d0170835_13174765.jpg
それと、これもなぜか、バナナのこの黄色がとても好きでよく撮る。これなど、濃い黄色でいかにも美味そう。食べてみるとまだ浅い割にはやわらかく甘味がした。

by kirakuossan | 2017-05-10 13:09 | アトリエ | Trackback

代りにモクレンが満開

2017年5月3日(水)

d0170835_16080862.jpg
d0170835_16090728.jpg桜が見られず、仕方なくいつもの小斉の湯へ。桜の代りに、白と紫のモクレンが満開。あさ時間が早いこともあったが、ゴールデンウイークなのに入浴客はまばら。一人でまた酸性湯を満喫。今年もよろしく。
d0170835_16125990.jpg
d0170835_16132163.jpg

.

by kirakuossan | 2017-05-03 16:06 | 温泉♨ | Trackback

桜、今年は遅い

2017年5月3日(水)

d0170835_15271547.jpg
d0170835_15314683.jpg楽しみにして訪れた小津安二郎の散歩道にある一本桜、まだ全然開花の様子もなし。昨年は5日に訪れてすっかり散ってしまった後だったのに。
で、近くの聖光寺の千本桜はどうかと観に行くと、こちらはようやく咲き出す寸前。「去年は連休前には終っていましたのに」と世話人の女性が云う。
d0170835_15414364.jpg

2016年5月5日(木)



そう云えば、tutti の山桜、その気配すらまだない。.



by kirakuossan | 2017-05-03 15:02 | 蓼科の風景 | Trackback

紫色のチューリップ

2017年4月27日(木)
d0170835_21002369.jpg
d0170835_21024395.jpgアトリエ近くの自治会館の白い木窓あたりに、毎年白梅が咲いた後には、春になるとチューリップが花開く。それもひょろーっと突っ立って赤いのが1本、黄色いのが1本・・・と単独で咲く。今年はもう一本、珍しい紫色のがひょろーっと咲いた。
そしてチューリップが終ると、今度は芙蓉の可憐な花が咲く。
d0170835_21043005.jpg
.
by kirakuossan | 2017-04-27 20:46 | 自然 | Trackback

今月の一枚::湖岸沿いのラッパスイセン Apr.2017

2017年4月25日(火)

d0170835_21072221.jpg
2017年4月14日(金)09:03am 琵琶湖湖岸緑地志那付近のラッパスイセン
レンズ:1NIKKOR VR 10-30mm f/4.5 焦点距離:10.0mm(27.0mm)露出+0.0 シャッター1/640 ISO100 AUTO


.


by kirakuossan | 2017-04-25 20:58 | PHOTO | Trackback

また、バッサリと。 ・・・ (i Ca-tyann)

2017年4月25日(火)
また、バッサリと。
d0170835_14511322.jpg
第149題 010.gif
d0170835_14450947.jpgそのよう働く嫁さん、昨日、自宅のクスノキのてっぺんをひとりで剪定してしまった。もう今年は切らんとこ、来年業者に任そうとふたりで言っていたのに、急に思い立ったか、脚立を駆使して、隣のおばさんも下から見上げて指図してくれ、無事終了。しばらくは殺風景だが、頭を押さえたので、これで枝ぶりは横へと広がっていくはずだ。.

by kirakuossan | 2017-04-25 14:41 | i Ca-tyann | Trackback

「五月の緑」と「八月の青」

2017年4月25日(火)
d0170835_11211464.jpg
d0170835_11215078.jpg昨日、サンタナのリサイタルに出かけるとき、石山寺の前を歩いていると、八重桜が満開だった。ソメイヨシノはもうすっかりなくなり、そのあとの青々とした鮮やかなが一層美しく目に映った。もう「五月の緑」である。

(2017年4月24日)



冬と夏の間を行きつ戻りつしているうちに、冬は去って夏がもうすぐそこまで来ているのに気づくのが、英国の春というものである。雪解けと風と、雨と泥の季節とも言えるだろうか。そうするとその点でも、もし英国の春の詩を一篇挙げることになったら、それはエリオットの「荒地」だということになるかも知れない。

d0170835_11001747.jpg
オォガスタ・ジョンという画家の作品に「八月の青」という題で紺碧の海にボオトを浮べて一群の裸体の少年が泳いでいるところを描いた油絵がある。いかにもその題通りの明るい感じがする絵であるが、こういう絵が出来るのも、一つには英国の夏が決して長くはなくて、そして冬が英国では半年以上も続いているからである。日本の北国に似ていて、冬が明けて春になると、それが早足で夏に変っていく。そうなることを待っていた自然が緑を拡げ、花を咲かせるのを急ぐのと同じ具合に、人間も一斉に外に出て来て、長い冬の間に不足していた太陽の光と熱を取り戻すのが仕事にも、夏の喜びにもなる。~
その昔、
また夏の期限が余りにも短いのをどうしたらいいか。

というシェイクスピアの詩を引用して、こう書いたことがある。

この詩を読む時、西に傾いた太陽の、いつかは終るとも見えない絢爛な光線が大気に金粉を舞わせている英国の夏の黄昏を思わざるを得ない。我々東洋人はこういう濃厚で、そしてそれでいて生のままの美しさを持った現実を、西洋の詩や音楽、或は絵画を通してしか知らない。それは英国の冬がどの位陰惨かを知らないのと同じである。例えば、英国の秋は木が紅葉すると言っても、その色は赤と黄に限られているのではなくて、紫、茶、黄、赤などの色がまだ紅葉していない緑と混じって何れがより鮮明であるかを秋空の下に競うのであり、英国の夏の緑もそれに劣らず、何か現実とは思えない光沢を持っている。
(吉田健一『英国に就いて』から「英国の四季」より)

ここで些細なことだが一つの間違いに気づく。吉田健一がオォガスタ・ジョンと言ったのは、どうもヘンリー・スコット・テュークの勘違いのようである。



.

by kirakuossan | 2017-04-25 10:59 | 文芸 | Trackback

気になる畑の花

2017年4月19日(水)
d0170835_22575249.jpg
d0170835_22584749.jpgアトリエのベランダから見えるが、黄色い可憐な花が咲きだした。ここ二日ほどで急に咲いた。気になるので畑をやっているおっちゃんに尋ねてみた。その名は分からず仕舞いだったが、その奥に咲いているオレンジ色の花、これはキンセンカということだ。
d0170835_23044455.jpg
d0170835_23313992.jpgキンセンカはキク科の植物で原産地は地中海沿岸。軟膏になって皮膚の治療薬にもなる。また中世の頃はキンセンカを眺めているだけで視力が強化されると考えられていた。晴れやかな色をしているが、花言葉は「別れの悲しみ」「悲嘆」「寂しさ」
そういうと、おっちゃんは仏さまの花に用いられると言っていた。金盞花と書く。.

by kirakuossan | 2017-04-19 23:00 | 偶感 | Trackback

新たに仲間の木を2本 ・・・ (i Ca-tyann)

2017年4月16日(日)

d0170835_193333.jpg
d0170835_19332997.jpg第148題 010.gif
アトリエのクスノキが独りで寂しそうなので、新たに仲間としてコノテヒバを2本植えることにした。
この木もずいぶん高くなりそうだ。3本の木の成長がまた楽しみである。水やりはわたしの当番です。






d0170835_19413957.jpg
by kirakuossan | 2017-04-16 19:32 | i Ca-tyann | Trackback

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る





ブログパーツwww.rock-roll-bands.com





47NEWS

世界時計

・・・・・・・・・・・・・・・
exciteカウンター
369729
直近1週間訪問者数
353
364
468
456
452
409
386(昨日)
2888


d0170835_742451.jpg
d0170835_9203688.jpgシマノフスカ:
夜想曲 変ロ長調

グリンカ:
歌曲「ひばり」

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル