ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

タグ:演奏会 ( 264 ) タグの人気記事

ハンマーが打ち下ろされ、あの4つのシンバルが炸裂する。

2017年5月15日(月)
d0170835_08162196.jpg
ハンマーが打ち下ろされる、あの4つのシンバルが炸裂する、サロネン&フィルハーモニー管のマーラー6番は圧巻だった。ハンマーはグスタフ・マーラーが考案した楽器?ということらしいが、非常に珍しく、実演で見るのも初めてである。この6番と、あとはワーグナーの「ラインの黄金」ぐらいにしか登場しない。そのハンマーが2度振り下ろされ、ティンパニが容赦なくリズムを刻み、やがて80分にもおよぶ超大作は幕を下ろした。
d0170835_09064840.jpg
マーラーの交響曲は最大の、最高のオーケストレーションが愉しめるが、30種類以上の楽器が駆使されるこうした華やかな演奏風景を見ながらマーラーの音楽を聴くとその楽しさは倍増され、陶酔することが出来る。何度もやり直しながら舞台上の楽員の人数を端から数えてみるが、管とパーカッションが正面に50人ほど、弦が左右に60人ほどの、110名を越える大編成である。
盛大な拍手とブラヴォーの連呼、数度のカーテンコールのあと楽団員らはおもむろに立ち上がり席を離れかけた。そしてその直後、サロネンがまた舞台に登場、万雷の拍手を浴びた。そのときの細面の表情や首の振り方から、ふとあのアバドが浮かび上がった様な気がした。
先の、ベートーヴェンの3番のコンチェルト、チョ・ソンジンの一音一音大切に弾く、丁寧なピアノも悪くなかった。

フィルハーモニア管弦楽団演奏会
指揮:エサ=ペッカ・サロネン
ピアノ:チョ・ソンジン



d0170835_09160303.jpg感動をかみしめながら、庵原氏ともども兵庫芸術センターのホールを後にした・・・

(2017年5月14日)

by kirakuossan | 2017-05-15 08:14 | クラシック | Trackback

甲子園とマーラー6番

2017年5月14日(日)

d0170835_06364561.jpg甲子園球児らを集めた近畿大に対して、甲子園を夢に見た京都大野球部員。その京都大が近畿大を晴れ舞台甲子園で打ち負かす。。。そんな胸のすくシーンを期待し、また首の皮一枚残った立命館の優勝を夢見て、いざ、甲子園へ。そのあとは庵原氏と合流して、マーラーの6番を聴く。
で、今日の散歩コースは、甲子園球場から西宮北口の兵庫芸術センターまでで決まり。阪神電車で2駅、阪急今津線で2駅分ぐらいだから、1時間程度か。庵原氏言うには日中26℃ぐらいまで気温が上がるらしいから、芸術センターへ着くころには恐らく汗だくになるだろう(シャツの着替えは忘れないように)
今日はある意味「スポーツと芸術の祭典」ですなあ。.

by kirakuossan | 2017-05-14 05:55 | 偶感 | Trackback

また新たな感動を与えてくれることだろう。

2017年5月12日(金)

d0170835_13250281.jpg

指揮
エサ=ペッカ・サロネン
ピアノ
チョ・ソンジン
管弦楽
フィルハーモニア管弦楽団プログラム

     ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調
    マーラー:交響曲 第6番 イ短調 「悲劇的」

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

80:32
d0170835_13362052.jpg交響曲第6番 イ短調 「悲劇的」

Symphony No. 6 in A Minor, "Tragic"

                  




14日の演奏会に向けて、マーラーの大作の予習を。ちょうど良いことに、NMLで当日の演奏家と全く同じ顔ぶれでのディスクがあった2009年5月、ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホールでのライヴ盤である。
前回初めてこのオーケストラを聴いたのは4年前の2月、そのときもマーラーで第1番をやった。兵庫県立芸術文化センターの大ホールいっぱいに爆音が響き渡る。あそこまで徹底して鳴らし切るには、やはりマーラーしかないだろう。ここと云ったところの集中は5番よりも今日の1番の方があるのではないかしら。
フィルハーモニア管弦楽団はひと言で云って、”分厚い音”、弦も管もしっかり鳴らし切る。その点がロシア系のオケに似通っている。反面、繊細さや情緒にちょっと欠けるか、の印象。指揮者サロネンは溌剌としたタクトさばきが目についた。特に右手の使い方が特徴的で、強弱のニュアンスが鮮明で分かりやすい。
と当日のブログで書いたが、今回は第6番、重厚さにかけてはそれ以上かもしれない。このときも先にベートーヴェンのコンチェルトがあって、レイフ・アンスネスが第4番を披露した。今回は先のショパンコンクールで優勝したチョ・ソンジン、彼のベートーヴェンが聴けるのも、もう一つの愉しみである。

d0170835_15183344.jpgところでフィルハーモニア管弦楽団だが、初来日は1970年万博、オケの呼び名もニュー・フィルハーモニア管といったときで、指揮者として当初ジョン・バルビローリが初来日する予定であったが、彼が急逝したため、代わりにジョンはジョンでもジョン・プリッチャードという中堅指揮者が来日、聴衆はがっかりしたものである。このときの「音楽の友」別冊号によると・・・巨匠ジョン・バルビローリの突然の死によってこのオーケストラへの興味は半減したようであった。しかしそれを補ってくれたのは、風格をましたピアニストのジョン・オグドンとマーラー歌いのアルト、ジャネット・ベーカーの二人の好演であったといっても過言ではあるまい。
d0170835_15133845.jpg
またこの同じ記念号で評論家の三浦淳史がバルビローリ急逝に関しての事情を書いている。
オーケストラの海外演奏旅行で今回のニュー・フィルハーモニア(NPO)の場合のような悲運は初めてではないかと思う。来日を目前にひかえた7月28日、NPOと日本公演の曲目をリハーサルしたサー・ジョン・バルビローリは、ロンドンの自邸に帰ってまもなく心臓発作のため倒れ、救急車で病院へ運ばれる途中で息をひきとった。サー・ジョンは70歳の誕生日を迎えた昨年の12月に健康状態の不調を覚え、それいらい三回心臓発作を起こしたにもかかわらず、本人は万博参加公演で始まるハード・スケジュールをやりとげるといってきかなかった。医師団は5月24日以降の契約をすべてキャンセルして静養するようアドヴァイスしたのだった。サー・ジョンはイギリスにおける出演契約はほとんどすべてキャンセルしたが、万博への参加する希望を最後まで捨てようとはしなかった。不帰の客となった前日、サー・ジョンは「わたしは倒れるまでやらなければならない。それよりほかにわたしには道がない」と語っている。彼は骨の髄までロマンティックな人間だった。
そして、その10日も経たない8月6日にフェスティバルホールで日本公演が始まった。初日のプログラムはマーラーの第1番とオグドンとの共演のベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番。バルビローリで当初予定されていたのと全く同じプログラムであった。明日は奇しくもその同じベートーヴェンの3番を若きソンジンで聴くわけだ。
フィルハーモニア管はその後、1978年にラファエル・フリューベック・デ・ブルゴスとともに、82年にはウラディミール・アシュケナージと、そして85年にはネヴィル・マリナーが30歳の若きサイモン・ラトルを伴い来日している。この時は、ラトルが聖徳学園川並記念講堂や昭和女子大人見記念講堂でベルリオーズ「ローマの謝肉祭」やドビュッシー「海」、ショスタコーヴィチの第10番、長野、岩手などの地方公演ではシベリウスの2番をメーンに据えて、3月4日から12日まで8公演を受持ち、後半はマリナーがレスピーギ「鳥」、メンデルスゾーン交響曲第4番、ドヴォルザークの第8番と同一プログラムで6公演を行った。そして87,88年と毎年のようにジョゼッペ・シノーポリとやって来るなど、日本ではすっかりおなじみのオーケストラとなっていった。創設以来、「録音の多いオーケストラ」とされ、伴って演奏会も多い、世界でも最も多忙なオーケストラである。さて、明後日の来日は何度目になるのか? また新たな感動を与えてくれることだろう。.


by kirakuossan | 2017-05-12 13:20 | クラシック | Trackback

美しいベーゼンドルファーの響きにのせて~

2017年4月29日(土)

d0170835_06291524.jpg
ラ・フォル・ジュルネびわ湖2017

d0170835_21444657.jpg
d0170835_21484400.jpg29日(土)15:00~16:05
アンヌ・ケフェレック/リサイタル
至福の音色と呼ばれるベーゼンドルファーの美しい響きがびわ湖ホール中ホールいっぱいに広がった。ケフェレックのピアノはあくまでも優しく気品に満ちたものであった。


ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
モンポウ:「歌と踊り」より 第4曲
ラヴェル:「高雅で感傷的なワルツ」より 第2曲
ドビュッシー:「子供の領分」より 雪は踊る
シャブリエ:「遺作の5つの小品」より アルバムの綴り
アーン:「当惑したナイチンゲール」より 愛と倦怠のダンス
ラヴェル:古風なメヌエット
サン=サーンス:のんきなワルツ
ドビュッシー:「カンマ」より カンマのダンス
プーランク:「8つの夜想曲」より 幻の舞踏会
ショーソン:パヴァーヌフランク:ゆるやかな舞曲
マスネ:狂ったワルツ


彼女の1975年11月の日本公演よりバッハのパルティータ5番と2番のディスクを。同世代で同じフランス人女性でアイドルとなったシルヴィ・ヴァルタンに面影がどこかよく似ている。つい見とれてしまうほど可憐だ。.


d0170835_22133036.jpgd0170835_22154986.jpg


先に行われた児玉桃のリサイタル。急遽、姉の児玉麻里の代役を務めた広瀬悦子との連弾、息もピッタリと合っていた。
ちょうど手元にあった文庫本『読書案内』の表紙うらにサインをもらうとき、「お姉さんも楽しみにしていたのに残念でしたね」とつい声をかけると桃さんは、「そうなんですよ、でも彼女とできたから・・・」と左隣を指さした。
また、ジョシュア・タン指揮、日本センチュリー交響楽団とのベートーヴェンの第7番、これもなかなかの熱演で聴きごたえのあるもので、タンは非凡な指揮ぶりを披露した。

.

by kirakuossan | 2017-04-29 21:43 | クラシック | Trackback

「カルミナ・ブラーナ」作品そのものの限界なのだろう。

2017年4月28日(金)

d0170835_21275495.jpg
ラ・フォル・ジュルネびわ湖2017
28日(金)19:00~20:10
前夜祭コンサート
d0170835_21263458.jpg

オルフ:
「カルミナ・ブラーナ」
石橋栄実(S)
大沼徹(B)
藤木大地(T)
びわ湖ホール声楽アンサンブルラ・フォル・ジュルネびわ湖合唱団
日本センチュリー交響楽団
沼尻竜典(指揮)


総勢200名にも上る大合唱団、1月より全20回を越える練習を重ね、今日の本番を迎えた。ソリスト陣、オケ、それに指揮も悪くなかった。でも正直言ってまったく感動しなかった。これは演奏家がどうこうといった問題ではなく、やはり音楽そのものに根本原因があるのだろう。マーラー、もちろんベートーヴェンの合唱の曲よりはるか及ばない。「カルミナ・ブラーナ」作品そのものの限界なのだろう。生演奏よりもレコードで聴いた方が面白いといった稀有なケースである。

.

by kirakuossan | 2017-04-28 21:23 | クラシック | Trackback

ラ・フォル・ジュルネびわ湖2017 児玉麻里が聴けない。

2017年4月28日(金)

1995年にフランス北西部の町ナントで始まった「ラ・フォル・ジュルネ」音楽祭。

d0170835_08022809.jpg
ラ・フォル・ジュルネびわ湖2017

28日(金)19:00~20:10
前夜祭コンサート「カルミナ・ブラーナ」
日本センチュリー交響楽団
沼尻竜典(指揮)


d0170835_23333597.jpg29日(土)12:00~12:45
児玉麻里&児玉桃/リサイタル
ブラームス:「ハンガリー舞曲集」(4手版)より
ドヴォルジャーク:「スラヴ舞曲集」(4手版)より

29日(土) 13:30~14:30
日本センチュリー交響楽団
ジョシュア・タン(指揮)
ベートーヴェン:12のドイツ舞曲 WoO.8
ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調op.92

d0170835_23344475.jpg29日(土)15:00~16:05
アンヌ・ケフェレック/リサイタル
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
モンポウ:「歌と踊り」より 第4曲
ラヴェル:「高雅で感傷的なワルツ」より 第2曲
ドビュッシー:「子供の領分」より 雪は踊る
シャブリエ:「遺作の5つの小品」より アルバムの綴り
アーン:「当惑したナイチンゲール」より 愛と倦怠のダンス
ラヴェル:古風なメヌエット
サン=サーンス:のんきなワルツ
ドビュッシー:「カンマ」より カンマのダンス
プーランク:「8つの夜想曲」より 幻の舞踏会
ショーソン:パヴァーヌ
フランク:ゆるやかな舞曲
マスネ:狂ったワルツ

~~~~~~~~~~~~~~~~~


ということでラ・フォル・ジュルネびわ湖2017 が開幕。
今日が前夜祭、明日は児玉麻里が聴けると最大の楽しみにしていたらこんな案内が・・・

平素は、びわ湖ホールをご愛顧いただきありがとうございます。公演番号29-S-1の出演者、ピアニスト児玉麻里は、事情により出演できなくなりました。この公演を楽しみにしていただいた方には、大変ご迷惑をおかけ致しますこと、深くお詫び申し上げます。ついては、代わって、広瀬悦子が出演いたします。なお、曲目の変更はございません。なお、この出演者交代によるチケットの払い戻しはございませんので、ご了承のほどよろしくお願い致します。

これにはガッカリ141.png...


d0170835_07310060.jpg広瀬悦子:
ヴィオッティ国際コンクールとミュンヘン国際コンクールに入賞後、1999年マルタ・アルゲリッチ国際コンクール優勝。コロムビアミュージックエンターテインメントや、フランスのレーベル「MIRARE」からCDがリリースされている。

d0170835_07563723.jpgベートーヴェンの交響曲全集をピアノ版で演奏し、”鍵盤の魔術師”と評判のシプリアン・カツアリス。その彼と、2台のピアノ演奏で共演することになっている。





by kirakuossan | 2017-04-28 07:22 | クラシック | Trackback

パワフルなサンタナに大感動。

2017年4月25日(火)

とりあえず速報!

SANTANA “TRANSMOGRIFY TOUR 2017”
d0170835_00184804.jpg
サンタナ、4年ぶりの来日公演
盛岡→ 大阪→ 名古屋→ 東京

カルロス・サンタナ(ギター)トミー・アンソニー(ギター)ベニー・リートヴェルド(ベース)デイヴ・マシューズ(キーボード)シンディ・ブラックマン・サンタナ(ドラムス)カール・ペラーソ(ティンバレス)パオリ・ メヒアス(コンガ)アンディー・バーガス(ヴォーカル)レイ・グリーン(ヴォーカル)

ド迫力の大音響と2時間ぶっ通しのリサイタル。冒頭から圧倒、パワフルなサンタナに大感動。あの見事な女性ドラマーはサンタナの奥さんだったのだ。
d0170835_00382572.jpg
(2017年4月24日:大阪市立中央体育館)


.



by kirakuossan | 2017-04-25 00:18 | その他音楽 | Trackback(1)

キリル・ペトレンコがベルリン・フィルとの活動を開始

2017年3月30日(木)
d0170835_22175619.jpg
d0170835_22121354.jpg
キリル・ペトレンコがベルリン・フィルとの活動を開始したようだ。彼は、2015年6月21日にベルリン・フィルの次期首席指揮者に選ばれた。それ以降ベルリン・フィルとの動きはなかったが、この3月23日、任命後、初めての登場となった演奏会でモーツァルトの「ハフナー」とチャイコフスキーの「悲愴」を振った。どちらの作品も、指揮者の解釈と音楽性が如実に出る作品だが、映像を見ると、ペトレンコはたいへん個性的で、独特の身振りで独自の演奏を聴かせている。予想以上にオーバーアクションである。
今、ネットのBerliner Philharmoniker digitalconcerthall(アーカイブ)で、その一片を垣間見ることができる。2019年から 首席指揮者・芸術監督としていよいよ登場する。
一方サイモン・ラトルは2018年まで首席の任にあるが、今秋11月下旬に来日する。ベルリン・フィルとの首席として最後の演奏会になるかもしれない。で、これはサントリーホールまで聴きに行く予定にしているが、何分高額チケットだが、まず取れるかどうかが問題だ。前売り一般発売開始は5月27日午前10時からである。

サントリーホールは8月末まで改装中であるが、秋まで演奏会はお預けとなるが、それにしても11月の公演スケジュールは凄いの一言に尽きる。

6~9日:アンドリス・ネルソンス指揮ボストン交響楽団 
11~12日:ヘルベルト・ブロムシュテット指揮 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団
15日:ウラディーミル・フェドセーエフ指揮チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラ
20~21日:ダニエレ・ガッティ指揮 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
24~25日:サイモン・ラトル指揮ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

居ながらにして欧米の超一流オケが聴ける、11月はまさにサントリーホールに一同集結した形だ。


.

by kirakuossan | 2017-03-30 22:11 | クラシック | Trackback

あるがままの音楽をわれわれに提示してくれる。

2017年3月16日(木)
d0170835_10442084.jpg
d0170835_109333.jpg
R・シュトラウスのオーケストレーションにあらためて感動を覚えた。マーラーでもない、ブルックナーでもない。そこには独自の世界がある。ダイナミックであり、また繊細でもあり、そしてあまりにも美しい。
美しいといえば今宵のソリストもあどけなさから、美しい大人の女性に変身していた。そしてピアノも一層落ち着いた成長ぶりをうかがわせた。

d0170835_10154693.jpg東芝グランドコンサート2017
NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団 演奏会
指揮/クシシュトフ・ウルバンスキ
管弦楽/NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団(ハンブルク北ドイツ放送交響楽団)
ピアノ/アリス=紗良・オット

ベートーヴェン:序曲「レオノーレ」第3番 ハ長調 Op.72b 
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 Op.37
R.シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」 Op.30


d0170835_10293582.jpgハンブルク北ドイツ放送交響楽団を聴くのは10年ぶりだが、相変わらずオーソドックスないかにもドイツらしい響きだ。
余分なものを付け加えない、差し引かない、あるがままの音楽をわれわれに提示してくれる。指揮者クシシュトフ・ウルバンスキは長身の背筋を伸ばし、両手を大きく開き、頭を挙げ、大きな枠組みの指揮をする。ひと目見て逸材だとわかる。この人の奏でる音楽はピアノとフォルテを明確に表す。とくにピアノを大切に扱うようだ。それと同様のことはアリスにも言えることだ。
演奏会後、いち早くサイン会の列に。私ともども庵原氏もすっかりアリスのファンクラブ会員である。

(2017年3月15日)

.
by kirakuossan | 2017-03-16 10:00 | クラシック | Trackback

今日は大阪で散歩か

2017年3月15日(水)
d0170835_8175941.jpg
d0170835_8191726.jpgd0170835_8193357.jpg本日のスケジュール3本立て

NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団演奏会
ニコンプラザ大阪
カレー専門店 白銀亭

d0170835_923935.jpg愛機の掃除・点検にニコンプラザへ行き、昼食に例の究極のレトルトカレー白銀亭のカレーを淡路町まで食べたに出た後、演奏会の19:00まで時間はたっぷりとあるので、はたしてどう過ごすか。今日は大阪での散歩コースか。天気はどうだろう?こちらでは朝から降ったり上がったりだが・・・


.
by kirakuossan | 2017-03-15 08:10 | 偶感 | Trackback

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る





ブログパーツwww.rock-roll-bands.com





47NEWS

世界時計

・・・・・・・・・・・・・・・
exciteカウンター
369729
直近1週間訪問者数
353
364
468
456
452
409
386(昨日)
2888


d0170835_742451.jpg
d0170835_9203688.jpgシマノフスカ:
夜想曲 変ロ長調

グリンカ:
歌曲「ひばり」

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル