ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

タグ:温泉 ( 247 ) タグの人気記事

「文学温泉紀行」 7日目

2017年5月24日(水)
d0170835_06395611.jpg
d0170835_06213432.jpg
元湯泉薬湯は6:00から開いている。
笑顔で「夕べはよく眠れましたか?」と・・・
番台には長命館の女将さんが坐っている。
5分前に行ったのにもう先客が数名雑談をしていた。今朝も熱かった。足の先がじんじんとくる。
泉温:49.7℃、泉質:ナトリウム・塩化物泉






日本の百名湯~温泉津温泉
松田忠徳


日本海に面した温泉津は、リアス式海岸の美しい入り江の奥に港を持ち、江戸時代には石見銀山の銀の積み出し港として栄えた。
温泉津港の東に石見銀山が発見されたのは鎌倉末期。関ケ原の戦いの後、徳川家の天領となり、海外にも輸出されるなど、石見の銀は江戸幕府三百年の財政を支えた。廃鉱になったのは大正十二年(1923)。最盛期には周辺に二十万もの人口を抱えたという。その後、山陰本線の開通もあって、港の方は寂れる一方であったが、温泉津のもうひとつの顔、湯の町の方のにぎわいは途絶えることはなかった。
承平四年(934)ごろ成立した百科事典的な『倭名類聚抄』に「温泉津」の地名が記されている。「温泉(ゆ)という小村にある津(みなと)」という意味である。温泉津温泉「元湯」を経営する伊藤家に残る『温泉記』によると、温泉津の発見は七世紀にまでさかのぼるから、山陰でも有数の古湯なのである。
湯治場の風情を色濃く残す温泉街が、旧銀山街道沿いに五、六百㍍続く。大正か明治時代にでもタイムスリップしたような、渋いモノトーンの街並みである。
狭い通りに石州瓦の小さな温泉宿が十五軒前後、軒を連ね、その間に土産物屋、瀬戸物屋、古刹、共同浴場などが点在する。
北海道や東北の古い屋敷で現在でも見かける、その昔「はんど」と呼ばれていた飴色の大きな水がめは、四百年の歴史を刻む温泉津焼で、ここから北前船で運ばれたもの。かつてはここに回船問屋や商家が軒を連ねていたのであろうが、なまこ壁の内藤豪商屋敷がかろうじて往時の面影を今に伝えているだけだ。
温泉街に二軒の共同浴場がある。明治五年(1872)の浜田地震によって湧き出したサビ色の「藤乃湯」もいいが、やはり温泉津の元祖「元湯」がピカ一だ。老舗旅館「長命館」の経営者でもある伊藤家の先祖伊藤重佐が「元湯」が元湯を開いたのは室町時代。弘治元年(1555)重佐は広島の毛利元就の子、元康によって湯主に命じられた。以来、現館主、伊藤昇介氏で十九代目。
長命館の外湯でもある元湯はいぶし銀の見事な風呂だ。鉄分と炭酸ガスを含んだ含土類食塩泉は、見るからに”温泉力”があった。泉源からわずか一、二㍍、源泉一〇〇%の新鮮な湯が、年季の入った湯船から惜しみなくあふれる。もちろん自然湧出の、理想的な風呂だ。
「旅館は温泉に来る人の宿泊施設。本来、主役は温泉そのもの。ところが今は施設、料理が主で、温泉は二の次」一九代目。厳しいが名言であろう。
(作家・札幌国際大教授)


昨日行くだった予定の石見銀山を今朝訪問した。知らなかったが、銀山の坑道を観るだけでなく、武家屋敷や町家、あるいは代官所ゾーンなどもあって、これらをみな歩いて見て回ると6~7kmにも及び、3時間ほど費やしてしまった。こんな調子だから昨日の夕方ならとてもじゃないがゆっくりと観られなかっただろう。
d0170835_20122758.jpg
d0170835_20144346.jpg
d0170835_20224214.jpg坑道のことを「間歩」と呼ばれるが、江戸時代中期には代官所直営の間歩は600以上あったとされ、実際に坑道内部を観ることが出来るのは、2番目に大きいとされる龍源寺間歩である。
d0170835_20281335.jpgd0170835_20272346.jpg
d0170835_20293624.jpg
d0170835_21111524.jpg代官所ゾーンを歩いていると、偶然にも「熊谷家住宅」で第72期本因坊戦の第2局が行われていた。

本因坊文裕が挑戦者本木克弥八段に白番中押し勝ちしたようだ。

d0170835_21101043.jpg

by kirakuossan | 2017-05-24 05:49 | 文学温泉紀行 | Trackback

「文学温泉紀行」 6日目 温泉津温泉「長命館」~

2017年5月23日(火)
d0170835_20583871.jpg
d0170835_21062164.jpg
旅も今日で6日目、いよいよ山陽道から山陰に入る。ここからは本格的に温泉の醍醐味が愉しめそうだ。温泉津温泉の共同浴場元湯は1300年以上の歴史を誇る。とにかく熱い。温い方でも45℃、熱い方となると47.5℃を越えていた。いくら熱い風呂が好きと言っても、45℃でさえ四苦八苦した。お蔭で身体の芯に溜まっていた疲れが一ぺんに吹き飛んだ。
宿泊は創業100年を越える「長命館」、この元湯を守っている旅館で、前2階が明治2年、後3階が大正11年の建築、その建物はさすがにあちこちで軋んでいかにも歴史を感じさせる。こんな宿に一度は泊ってみたかった。夜の食事も美味しくボリューム満点。
d0170835_21095028.jpg
d0170835_21102455.jpg
d0170835_21124739.jpg
d0170835_21133428.jpgd0170835_21143436.jpg

by kirakuossan | 2017-05-23 21:01 | 文学温泉紀行 | Trackback

「文学温泉紀行」 5日目 萩本陣温泉~

2017年5月22日(月)
d0170835_21114053.jpg
d0170835_21121882.jpg
d0170835_21125746.jpg
d0170835_21141768.jpg
d0170835_21153527.jpg松蔭神社近くにある巨大な観光ホテル萩本陣。ここのお湯がなかなか良かった。
14種の風呂が愉しめるというが、なかでも源泉28.9℃の青い大きな丸い瓶の風呂が気に入った。
地下2000メートルから毎分200リットルの湯量を誇る自家源泉は、氷河期にあたる2万年前から少しずつ地底に蓄えられた地下水という。

泉質:カルシウム・ナトリウム-塩化物温泉

by kirakuossan | 2017-05-22 21:08 | 文学温泉紀行 | Trackback

「文学温泉紀行」 1日目

2017年5月18日(木)
d0170835_05501557.jpg
d0170835_07223589.jpg徒歩旅行の初日は雨だった。
48年後の一人旅、出発の朝、
心地よい快晴である。













有馬温泉

d0170835_14324367.jpg
d0170835_14222499.jpg
d0170835_14232121.jpg
d0170835_14244316.jpg陶泉御所坊は1192年創業、含鉄-ナトリウム-塩化物温泉ですごく塩辛い味がする。通常の4倍以上と言う。
ここは金の湯が源泉、もうひとつの源泉ラジウム温泉は共同浴場の銀の湯へ。





ここで早くも予定変更、今日一気に相生まで行ってしまおう。今夜の車中泊は「あいおい白龍城」。
d0170835_20000938.jpg
途中姫路城に立ち寄る。その美しさ、雄大さはさすが世界遺産。道の駅「あいおい白龍城」についたら6時を回っていた。いっぷう変わった建物で、前に静かにたたずむのは相生湾、ここで例のペーロン祭が28日に開かれる。夕刻太鼓が鳴ってリハーサルの船が出ていた。
d0170835_20054365.jpg
d0170835_20090013.jpgd0170835_20081968.jpg

by kirakuossan | 2017-05-18 05:50 | 文学温泉紀行 | Trackback

一風呂浴びて戻ることにしよう。

2017年5月4日(木)
d0170835_05255022.jpg

来た時、少し残っていた氷塊もようやく融けた。
6時前には出立できそうだ。
菅野温泉で一風呂浴びて戻ることにしよう。




追記:
(18:20)
d0170835_19080048.jpg

d0170835_18273341.jpg下諏訪温泉の秋宮前の大社通りに面してある菅野温泉。7年前、この温泉から信州の温泉巡りが始まった。表玄関は最近改装したが、中は当時のままで変わっていない。230円でこんな結構なお湯が身近にあるなんて、ほんとに羨ましい。
d0170835_18284075.jpg

d0170835_18290729.jpg
d0170835_18292714.jpg.

by kirakuossan | 2017-05-04 05:29 | La casa di tutti | Trackback

代りにモクレンが満開

2017年5月3日(水)

d0170835_16080862.jpg
d0170835_16090728.jpg桜が見られず、仕方なくいつもの小斉の湯へ。桜の代りに、白と紫のモクレンが満開。あさ時間が早いこともあったが、ゴールデンウイークなのに入浴客はまばら。一人でまた酸性湯を満喫。今年もよろしく。
d0170835_16125990.jpg
d0170835_16132163.jpg

.

by kirakuossan | 2017-05-03 16:06 | 温泉♨ | Trackback

最高の温泉日和 ~尻焼温泉

2017年5月2日(火)
d0170835_16464665.jpg

d0170835_16472437.jpg尻焼温泉は群馬県吾妻郡中之条町にある川原の温泉。吾妻川支流の白砂川のさらに支流、長笹川沿いに湧いており、名前の由来は川底から湧出している温泉で温められた石に腰を下ろして痔を治したこととされ平家の落人によって発見されたと伝えられる。川沿いに3軒の温泉宿があるが、誰でも自由に川に降りて湯に浸かることが出来る。勿論無料。
d0170835_16451855.jpg
d0170835_16505906.jpg
前回来たときにアブに刺されてひと月近く太腿が腫れたこともあって、今日は十分に注意して入る。群馬から来た常連さんがいて、云うには、「梅雨明けからアブが出るので気をつけないといけない。それまでは大丈夫」
別荘から車で2時間、ここから草津温泉も目と鼻の先だが、向こうはゴールデンウイークで多分ごったがえしているだろうけれど、こちらは10数人ほどで、ゆっくりと浸かれる。しかも泉温が41~42℃くらいと長湯も出来る適温。ただ天候など自然に左右されやすいので温度は日によってまちまちらしいが、今日は桜を見ながら、外気温も温かく最高の温泉日和でありました。

泉質:カルシウム・ナトリウム・硫酸塩・塩化物温泉
.

by kirakuossan | 2017-05-02 09:20 | 温泉♨ | Trackback

心洗われ、体清め。

2017年5月1日(月)
d0170835_09350483.jpg
d0170835_09454815.jpg
d0170835_09381759.jpg
d0170835_09421904.jpg
d0170835_10005964.jpg午前6時ちょうど、深閑とした秋宮に神楽殿の太鼓が大きく響き渡り、心洗われる。
心のあとは体も清めようと諏訪大社下社秋宮近くの旦過の湯に。番台のおばちゃんに、今日の温度は何度と訊くと、「熱い湯48℃、少しぬるい湯44℃、露天風呂42.9℃」ということ。で、まず露天風呂で身体を馴らし、44℃の湯へ、ここは無事OK、さていよいよ48℃にチャレンジ!足先を湯に入れるなり、今回も1秒で飛び出した。
心洗われ、体清め、朝2時20分に大津を出発してきたかいがあった。.
by kirakuossan | 2017-05-01 08:55 | 信州の風景 | Trackback

「文学温泉紀行」準備編⑫ 城崎温泉 

2017年3月10日(金)

「文学温泉紀行」

城崎を憶ふ
泉鏡花

 雨が、さつと降出した、停車場へ着いた時で――天象は卯の花くだしである。敢て字義に拘泥する次第ではないが、雨は其花を亂したやうに、夕暮に白かつた。やゝ大粒に見えるのを、もし掌にうけたら、冷く、そして、ぼつと暖に消えたであらう。空は暗く、風も冷たかつたが、温泉の町の但馬の五月は、爽であつた。
 俥は幌を深くしたが、雨を灌いで、鬱陶しくはない。兩側が高い屋並に成つたと思ふと、立迎ふる山の影が濃い緑を籠めて、輻とともに動いて行く。まだ暮果てず明いのに、濡れつゝ、ちらちらと灯れた電燈は、燕を魚のやうに流して、靜な谿川に添つた。流は細い。横に二つ三つ、續て木造の橋が濡色に光つた、此が旅行案内で知つた圓山川に灌ぐのである。
 此の景色の中を、しばらくして、門の柳を潛り、帳場の入らつしやい――を横に聞いて、深い中庭の青葉を潛つて、別にはなれに構へた奧玄關に俥が着いた。旅館の名の合羽屋もおもしろい。~
 すぐ女中の案内で、大く宿の名を記した番傘を、前後に揃へて庭下駄で外湯に行く。此の景勝愉樂の郷にして、内湯のないのを遺憾とす、と云ふ、贅澤なのもあるけれども、何、青天井、いや、滴る青葉の雫の中なる廊下續きだと思へば、渡つて通る橋にも、川にも、細々とからくりがなく洒張りして一層好い。本雨だ。第一、馴れた家の中を行くやうな、傘さした女中の斜な袖も、振事のやうで姿がいゝ。
 ――湯はきび/\と熱かつた。立つと首ツたけある。誰の?……知れた事拙者のである。處で、此のくらゐ熱い奴を、と顏をざぶ/\と冷水で洗ひながら腹の中で加減して、やがて、湯を出る、ともう雨は霽つた。持おもりのする番傘に、片手腕まくりがしたいほど、身のほてりに夜風の冷い快さは、横町の錢湯から我家へ歸る趣がある。但往交人々は、皆名所繪の風情があつて、中には塒に立迷ふ旅商人の状も見みえた。

d0170835_6584128.jpgd0170835_6585742.jpg






第9日
5月26日(金)
 (予定)


07:00 道の駅「神話の里・白うさぎ」
 ⇓(R9)
07:30 鳥取砂丘(9:00)
 ⇓(R178)
09:30 浦富海岸(10:00)
 ⇓(R178)
10:30 餘部(11:30) 鉄道写真
 ⇓(R11)
12:30 城崎温泉(15:00)外湯巡り 一の湯、御所の湯
 ⇓(R3)
15:30 豊岡(16:30)
 ⇓(R312)
16:45 道の駅 但馬楽座(たじまらくざ)

道の駅 但馬楽座 兵庫県養父市上野299番地 079-664-1000
にて車中泊(走行距離:80km)通算1030km


翌27日10:00よりベルリン・フィルのチケット発売開始、申し込みを忘れないように。



城崎温泉
兵庫県豊岡市城崎町(旧国但馬国、旧城崎郡城崎町)にある温泉。平安時代から知られ、1300年の歴史をもつ。城崎温泉駅前から7つの外湯につながる大谿川沿いに温泉街を形成し、川べりの柳が風情ある。外湯の「一の湯」は江戸時代には「海内第一泉」と呼ばれ、暗夜行路にも出てくる「御所の湯」は 後白河天皇の御姉安嘉門院、御入湯の湯として名高い。
最初、内湯は温泉地の伝統を壊すものとして20年以上にわたり城崎温泉内湯訴訟事件なるものも起きたが、今では各旅館に内湯を備える。しかしどこの内湯も控え目で小さい。
泉質は食塩泉で、 泉温37℃〜83℃。

浦富海岸(うらどめかいがん)
鳥取県岩美郡岩美町にある約15キロメートルにわたるリアス式海岸。但馬御火浦の西に位置し、宮城県の松島に似ていることから「山陰の松島」と呼ばれることもある。

鳥取砂丘
花崗岩質の岩石が風化し、千代川によって日本海へ流されたあと、海岸に集まったものが砂丘の主な砂となっている。海中の砂を海岸に向けて流れ寄せる潮流と、海岸線に堆積した砂を内陸へ吹き込む卓越風の働きで形成された。
砂丘は千代川の東西に広がっているが、通常「鳥取砂丘」というと、千代川の東側の「浜坂砂丘」を指す。砂丘によって海から切り離されて出来た湖多鯰ヶ池がすぐ南東にある。
最大高低差は90 mにもなり、「すりばち」と呼ばれる地形が作られ、特に大きなすりばちは40 mの高さになる。すりばちの斜面には、砂簾(されん)などの模様や、風紋と呼ばれる筋状の模様が見られる。すりばちの最深部には「オアシス」と呼ばれる地下水が湧出している場所がある。

豊岡
兵庫県但馬地域に位置する市で、兵庫県で最も面積が大きい市。日本で最後の野生コウノトリの生息地として知られ、市内には城崎温泉、重伝建の出石、竹野浜などの海水浴場、神鍋高原のキャンプ場・スキー場がある。また鞄の生産は有名で、長野の上田市と姉妹都市にある。




追記:
2017年3月10日(金)
庵原氏からメールが届く。
「道の駅 但馬楽座は温泉があります」

やぶ温泉
ラドンを含む弱アルカリ性の天然温泉。滑らかな泉質がお肌に潤いを与えることから「美人の湯」とも呼ばれている。【泉質】炭酸水素イオンを相当量含む弱アルカリ性単純泉。
それに嬉しいことに、毎月26日は「フロの日」で通常の半額で入浴できるそうな。500円⇨250円



.

by kirakuossan | 2017-03-10 05:48 | 文学温泉紀行 | Trackback

「文学温泉紀行」準備編⑪ 鳥取の温泉

2017年3月5日(日)

「文学温泉紀行」

島崎藤村「山陰土産」という紀行文がある。そのなかで大阪を発ってから途中滋賀辺りを通り、若い頃のことを思い出し、瀬田や石山を回顧する場面が冒頭に出てくる。

 朝曇りのした空もまだすゞしいうちに、大阪の宿を發つたのは、七月の八日であつた。夏帽子一つ、洋傘一本、東京を出る前の日に「出來」で間に合はせて來た編あげの靴も草鞋をはいた思ひで、身輕な旅となつた。
 こんなに無雜作に山陰行の旅に上ることの出來たのはうれしい。もつとも、今度は私一人の旅でもない。東京から次男の鷄二をも伴つて來た。手荷物も少なく、とは願ふものの、出來ることなら山陰道の果までも行つて見たいと思ひ立つてゐたので、着更へのワイシヤツ、ヅボン下、寢衣など無くてかなはぬ物の外に、二三の案内記をも携へてゆくことにした。私達は夏服のチヨツキも脱いで、手提かばんの中に納めてしまつた。鷄二は美術書生らしい繪具箱を汽車のなかまで持ち込んで、いゝ折と氣にいつた景色とでもあつたら、一二枚の習作を試みて來たいといふ下心であつた。畫布なぞは旅の煩ひになるぞ、さうは思つても、それまで捨ててゆけとはさすがに私もいへなかつた。かうして私達二人は連れ立つて出かけた。汽車で新淀川を渡るころには最早なんとなく旅の氣分が浮んで來た。
 關西地方を知ることの少い私に取つては、ひろ/″\とした淀川の流域を見渡すだけでもめづらしい。私も年若な時分には、伊賀、近江の一部から大和路へかけてあの邊を旅したことがあつて、殊に琵琶湖のほとりの大津、膳所、瀬田、石山あたりは當時の青年時代のなつかしい記憶のあるところであり、好きな自然としては今でもあの江州の地方をその一つに思ひ出すくらゐであるが、それから三十年あまりこのかた、私の旅といへば、兎角足の向き易い關東地方に限られてゐた。私は西は土佐あたりまでしか知らない。山陰山陽方面には全く足を踏みいれたことがない。山陰道とはどんなところか。

「山陰土産」は、城崎に始まり、香住、浦富海岸、鳥取、三朝温泉、そして松江から津和野へ出る紀行文が綴られる。この中で三朝温泉に触れた箇所が出てくる。


 雨を衝いて二里ばかりの道を乘つていつた。次第に山も深い。川がある。橋がある。三朝川は私達の沿うて上つて行つた溪流だが、いつの間にか河上の方から流れてくる赤く濁つた水を見た。
d0170835_11432353.jpg 三朝川は前を流れてゐた。私達は三朝温泉の岩崎といふ旅館に一夜を送り、七月十三日の朝を迎へて、宿の二階の廊下のところへ籐椅子なぞを持ち出しながら、しばらく對岸の眺望を樂しんで行かうとした。雨もあがつて、山氣は一層旅の身にしみた。河の中洲を越すほど溢れてゐた水もいつの間にか元の瀬にかへつた。こゝで聽く溪流の音はいかにも山間の温泉地らしい思ひをさせる。河鹿の鳴聲もすゞしい。ゆふべは私は宿の女中の持つて來て見せた書畫帖の中に、田山花袋君の書いたものを見つけてうれしく思つた。大正十二年この地に遊ぶとある。さうか、あの友達もこの宿に泊つて旅の時を送つて行つたのかと思つた。
 大正十二年といへば私達の忘れられない年だ。おそらくあの友達がこの地に遊んだのは、東京へ震災の來る前の夏のことであつたらう。あれから最早かなりの月日がたつ。私達の眼にある三朝川、白く黄ばんだ土手の上の趣のある道、兩岸に相對する温泉宿、これらの眺めはあの友達の來て見たころと同じやうであらうか。そこの河原へは鶺鴒が來た、鮎を釣る男も來た、こゝの橋の下へは村の娘達が無心なまるはだかで水を泳ぎに來た。と私達は眼にあるものを指していふことも出來たけれど、あの友達の來て見たころはこれよりもつと野趣のある土地であつたらうか。温泉地としての三朝の發展は十數年このかたのことと聞く。三徳山行の參詣者達のために昔風の温泉宿があつた以前のことに比べると、今の三朝は別天地の觀があるともいふ。こゝは諸方から入り込む浴客を相手としての温泉宿と商家と、それから周圍に散在する多くの農家とから成り立つ。温泉地としての三朝の經營は、温泉宿や商家の負擔であるばかりでなく、農家の負擔でもある。そこから村の惱みも起ると聞く。村の人達の間にはまた土地の強い執着があつて、たとひ他から來て別莊でも建てようとするものが、坪百圓で地所を讓り受けたいといひ出しても、頑としてさういふ相談に應じないといふ話も聞く。三朝は將來どうなつてゆくのか。温泉地としての城崎を熱海あたりに比べていいものなら、こゝは箱根あたりに近いところにでもなつて行きつゝあるのか。

d0170835_1042399.jpg


第8日
5月25日(木) 
(予定)


08:00 道の駅「あらエッサ」出発
 ⇓(R9・R179)
09:00 倉吉市(11:00)白壁土蔵群・赤瓦、打吹公園
 ⇓(R313)
11:30 関金温泉(13:00)共同浴場:鳥取県倉吉市関金町関金宿1227-1
 ⇓(R313)
14:00 三朝温泉(17:00) 依山楼岩崎(鳥取県東伯郡三朝町三朝365-1)TEL:0858-43-0111(14:00~21:00) 河原風呂(川原の温泉:24時間・無料)
 ⇓(R9)
17:30 道の駅「神話の里・白うさぎ」


道の駅「神話の里・白うさぎ」鳥取県鳥取市白兎613
TEL:0857-59-6700 にて車中泊 (走行距離:100km)通算950km




三朝温泉
源義朝の家来が白狼に導かれて発見したと伝わる。三朝の名は、三晩泊まって三回朝を迎えると、どんな難病も治るというところからで、ラドンを多量に含む湯は肌ざわりがよく効能の良さで知られる。三徳川の両岸に旅館が立ち並び、温泉街は三朝橋周辺に広がり、伝統的な和風旅館が多く、情緒ある温泉街が形成されている。河原風呂と公衆浴場菩薩の湯は三朝橋のたもとにある。
本格的な療養温泉でもあり、温泉医療のメッカとしても知られる。観光と療養という両極性を持った温泉である。
泉質:放射能泉(含放射能-ナトリウム-塩化物泉、単純放射能泉ほか)
泉温:36.5~86.1度

関金温泉
放射能泉で、三朝温泉に次いで日本国内第2位のラドン放射能を有する。関金温泉と三朝温泉の湯が放射能を帯びている理由は長年不明だったが、1955年に近くで水成ウラン鉱が発見され、これに由来することが判明した。関金温泉には、湯の美しさから「銀の湯」「しろがねの湯」との古名があり、伯耆民談記にも「銀湯」として登場する。

d0170835_11413151.jpg倉吉
市内には打吹玉川地区をはじめ土蔵が多く、白壁土蔵の街として知られている。伯耆の小京都と称される。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここまでで8日間を越える旅程だが、調べているだけでもかなりの高密度である。これはとてもじゃないが北陸から越後へ回り、草津温泉を経て蓼科の別荘へ入るというのは強行スケジュール(しかも車中泊)過ぎて無理であろう。
で、次の城崎温泉を終え、その足で翌日帰津するというコースが、9泊10日でちょうどよいぐらいだろうと考える。



.

by kirakuossan | 2017-03-05 09:52 | 文学温泉紀行 | Trackback

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る





ブログパーツwww.rock-roll-bands.com





47NEWS

世界時計

・・・・・・・・・・・・・・・
exciteカウンター
369729
直近1週間訪問者数
353
364
468
456
452
409
386(昨日)
2888


d0170835_742451.jpg
d0170835_9203688.jpgシマノフスカ:
夜想曲 変ロ長調

グリンカ:
歌曲「ひばり」

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル