ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

タグ:孫 ( 181 ) タグの人気記事

13 。。。

2017年3月13日(月)
d0170835_11274758.jpg
d0170835_11182270.jpg
今日は4つ目の散歩コース。瀬田川ぐるり散歩道の南半周コース。アトリエから瀬田川沿いを南下、南郷洗堰まで行き、東岸に渡り、真直ぐ北上、京滋バイパスの側道の歩道を渡って西岸に戻って来る。これもちょうど1時間のコース。

d0170835_11391127.jpg
d0170835_1140152.jpg

d0170835_11332696.jpg今日、3月13日の瀬田川の水位はマイナス13cm。
13。。。

そうだ、今日は孫息子の誕生日だ。

孫の歳の覚え方・・・
自分の歳-60=孫息子の歳
孫息子の歳+3歳=孫娘の歳




.
by kirakuossan | 2017-03-13 11:15 | 偶感 | Trackback

「私があそばれて漫画な」  ・・・ まごごろく(53)

2017年3月11日(土)
d0170835_20144072.jpg
d0170835_20233683.jpg孫たちからバースデイカードが贈られてきた。

孫娘
「お体に気をつけて生活してください」
孫息子
「またあそんでください」

「この頭、私があそばれて漫画な」
「それと、歳がチョンばれでんがな」
by kirakuossan | 2017-03-11 20:14 | まごごろく | Trackback

クッキー作り<完成編> ・・・ (i Ca-tyann)

2017年2月28日(火)

第145題 010.gif
d0170835_9255333.jpg
d0170835_9261775.jpgd0170835_9265944.jpgさっそく孫たちに贈ってやります。中に端が欠けた(味見した)のもあったりして、これで「あッ!おばーちゃんが作ってくれた!」と分かるのです。
(なにかカバのような動物ですが、たまたまこんな形になったのです)
by kirakuossan | 2017-02-28 09:24 | i Ca-tyann | Trackback

梅二輪

2017年2月16日(木)
d0170835_9471132.jpg
久々に朝から快晴である。
もしや?と思って近くの集会所の紅梅を見に行った。やはり、二輪咲いていた。昨日、村田とうふを買いに行くときに前を通ったがまだ蕾だった。今朝花開いたのだろう。
孫娘も今日で満11歳になった。おめでとう。
服部嵐雪じゃないが、むめ二輪二りんほどのあたたかさ である。


余談だが作家で俳人、児童文学の開拓者でもある巌谷小波(1870~1933)に「梅二輪」という作品がある。文芸評論家巌谷大四の父であるが、彼は滋賀県立虎姫高校の校歌の作詞者でもある。作曲は永井幸次(1874~1965)で、大阪音楽学校(現大阪音楽大学)の設立者として知られる。
この校歌がまた威風堂々として気宇壮大、なかなか好いのである。


d0170835_1174358.jpg虎姫高校校歌
巌谷小波:作詞
永井幸次:作曲

日東第一琵琶湖の水の 万頃碧を湛ゆる辺
湖北に冠たる伊吹の山の 千載の動がぬ麓

山水等しく勝地を占めて 此所にぞ開ける学びの庭は
我等が朝暮念をこめて 智徳を研ける第二故郷

山には独立自尊の容 水には方円自在の力
何れも我等が鑑となして いそしみ進まん学びの道を



d0170835_13512236.jpg話題は尽きないが、東京生まれの巌谷小波がなぜまた滋賀湖北の高校の校歌を書いたか?ということだが、そもそも巖谷家は近江水口藩の藩医の家柄であり、小波の当初の本籍は滋賀県にあった。本名は季雄(すえお)だが、ペンネームを「小波」としたのはいかにも滋賀県人らしい。校歌の冒頭の詞「日東第一」は、昔、広島福山の鞆の浦を訪れた朝鮮の文官李邦彦が、ここからの眺めを「日東第一形勝」と言って賞賛した。「日東第一形勝」とは朝鮮より東で一番美しい景勝地という意味である。小波は文部省唱歌「ふじの山」の作詞でも名高いが、さらに付け加えると百やんの母校大津市立平野小学校の校歌も彼の作品であることがわかった。


d0170835_1339384.jpg平野小学校校歌 
巌谷小波:作詞
岡野貞一:作曲


前に湖ありさざなみの
夜さえ休まず岸を打つ
そのいそしみにおとらじと
絶えず 進まん 学びの道を


後ろの山はときわぎの
冬をよそなる深みどり
霜をおそれぬ心もて
絶えず 励まん 教えの庭に


花はさけども地にたれて
つるは高枝の末までも
上らでやまぬ藤のごと
絶えず たどらん 聖のあとを


驚くなかれ、作曲はあの岡野貞一(1878~1941)ではないか!「春の小川」や「故郷」、長野県立小諸商業や大阪府立北野高校の校歌を書いた、日本を代表する有名な作曲家である。そしてまたこれも偶然、今日2月16日は彼の誕生日でもあった。

「梅二輪」から、ずいぶんと長い話になった。。。



.  
by kirakuossan | 2017-02-16 09:46 | 偶感 | Trackback

「ドの音が伸びてるネ」  ・・・ まごごろく(52)

2017年1月4日(水)
d0170835_111069.jpg
d0170835_11103521.jpgおね~ちゃんのピアノレッスンについて行っている間に自分も弾くようになりました。
孫息子に、「うちのピアノの調子はどうだい?」と聞くと、
「ドの音が伸びてるネ」とおっしゃる。
「エライ、すんまへん」


.
by kirakuossan | 2017-01-04 10:57 | まごごろく | Trackback

年末最後の大イベント  ・・・ まごごろく(51)

2016年12月30日(金)
d0170835_14381445.jpg

d0170835_14491941.jpgd0170835_14573211.jpgd0170835_14494648.jpg年末最後の大イベント。ついつい二人のペースにハマって大盤振舞。。。仕上げは串揚げ。
じーちゃんもせめてはと、150円の毛糸の帽子と串揚げ28本を平らげました。
d0170835_1521718.jpg
d0170835_170307.jpg
by kirakuossan | 2016-12-30 14:26 | まごごろく | Trackback

雑魚寝のあとはマスカーニ

2016年12月30日(金)
d0170835_828660.jpg
d0170835_8394913.jpg夕べは孫と2階でざこねして、今朝は珍しく8時近くまで寝る。
”ざこね”って雑魚寝と書くんだね。関西の花街で客と芸妓などが男女入り混じって一室に寝ることをいったことから始った。大和の十津川 や山城の大原 などでは、一定の場所に男女が枕席をともにする民間習俗がある。



ところで・・・
イヴォンヌ・ケニーというオーストラリア生まれのソプラノ歌手がいる。ヘンデルやモーツァルトを得意とする美貌のプリマドンナだ。今朝のNMLに配信されていた。この人の歌声は甘い、それも健康的な甘さである。今年で66歳。(写真はtuttiという雑誌から)
d0170835_8593091.jpg

d0170835_9135988.jpgマスカーニ/カントルーブ/プッチーニ/ヘンデル
ソプラノのための声楽作品集
イヴォンヌ・ケニー(ソプラノ)
アデレード交響楽団ほか
デイヴィッド・スタンホープほか(指揮)



Tutti Magazineはフランスのクラシック音楽情報誌


.
by kirakuossan | 2016-12-30 08:03 | クラシック | Trackback

トイレは2時間ぐらい辛抱すること。  ・・・ まごごろく(50)

2016年12月29日(木)

d0170835_1228589.jpg帰省ラッシュ始まる。
昼からたち二人でやって来る。小田原から京都まで2時間あまり。乗ったと思ったらもう降りる感じ。娘が二人に言ってるそうな。
①米原を通過したら荷物をまとめていつでもすぐに降りられるように準備すること。
②トイレは2時間ぐらい辛抱すること。(そんな、せっしょな)



追記:
(18:13)
d0170835_18142658.jpg
d0170835_18135461.jpgひかり515号16:11着で無事京都入り。元気な笑顔を見せました。


年末のプラットホームジジとババ 駆けだす子らのみな孫に見え
       紅彦 d0170835_1913842.jpg




.
by kirakuossan | 2016-12-29 12:16 | まごごろく | Trackback

先行販売と先行帰省

2016年12月23日(金)
d0170835_11215933.jpg昨夜の興奮がさめやらぬうち、来年の読響の公演スケジュールを見ていると実に多彩だ。
来年度も大阪公演が3本ある。6月にシモーネ・ヤングの「アルプス交響曲」、12月21日にはエマニエル・クリヴィヌが第九を振る。そして年が明けた2018年2月にはユーリ・テミルカーノフの「新世界」とある。

こうも読響の演奏会の好演が続くと、今後の演奏会もどれも見逃せない気がしてくる。取り敢えず、クリヴィヌの第九は落とせない。3公演セットでもう先行販売しているようだ。気の早い話だ。

d0170835_8391342.jpg今日は愉しみな松井君との今年2度目の忘年会。二日続けての大阪入りだ。往復の電車で読むいい本を見つけた。
1週間もすれば孫たちが二人だけで先行帰省してくる。大きくなったもので、遊び方も変わってきた。正月に向けて懐かしい本を引っ張り出して特訓である。


.
by kirakuossan | 2016-12-23 08:11 | クラシック | Trackback

孫たちの恰好の遊び場 ・・・ (i Ca-tyann)

2016年12月6日(火)
d0170835_9242720.jpg
d0170835_9245979.jpg第137題 010.gif
今まではたくさんの縫いぐるみたちと物置代わりに使っていたログハウス、暖房も完備してあるのに、これはもったいないとかみさん整とんをしだした。おかげで見違えるようになって、年末帰省してくる孫たちの恰好の遊び場になりそうだ。
d0170835_931841.jpg

たくさんの縫いぐるみの中から発見、Hush Puppiesの父さんもいた。



.
by kirakuossan | 2016-12-06 09:23 | i Ca-tyann | Trackback

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る





ブログパーツwww.rock-roll-bands.com





47NEWS

世界時計

・・・・・・・・・・・・・・・
exciteカウンター
369729
直近1週間訪問者数
353
364
468
456
452
409
386(昨日)
2888


d0170835_742451.jpg
d0170835_9203688.jpgシマノフスカ:
夜想曲 変ロ長調

グリンカ:
歌曲「ひばり」

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル