ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

タグ:大学野球 ( 106 ) タグの人気記事

立教大が驚異の粘り勝ち

2017年5月23日(火)

第7週/3回戦(延長12回)

明治大0000000010012
立教大000000010002X3

d0170835_17082157.jpg旅行に出ている間に面白い展開になっていたのだ。とくに昨日の立教大VS明治大の3回戦は凄まじい立教大の粘りで優勝の望みをつないだ。
立教大は1-2の延長十二回一死満塁から、笠松悠哉内野手(4年)が左中間に2点打を弾き返した。


優勝の行方(第7週 5/22(月) 終了時点)
第8週の早大-慶大戦で
慶大 1~2敗 立大優勝
慶大 2勝0敗 慶大優勝

ここまで来たら、早稲田に是非最低1勝を望む。

.

by kirakuossan | 2017-05-23 16:44 | スポーツ | Trackback

やはり混戦状態に・・・

2017年5月16日(火)

東京六大学野球春季リーグ戦
勝敗表  第6週  5/15現在
順位 試合勝利敗戦引分勝ち点勝率 
1慶大--- 116323.667 
2立大--- 116322.667 
3早大 ---85302.625 
4明大 ---84402.500 
4法大--- 104422.500 
6東大 ---80800.000 

d0170835_08181978.jpg過去5年、10季で、明治大が5回、早稲田が3回、慶応大と法政大がそれぞれ1回ずつの優勝をはたしている。
3季連続優勝を狙う明治大が昨日慶応大に敗れ、勝ち点を奪われ、脱落した。一方、立教大は早稲田に雪辱、今日の3回戦に持ち込み、応援している慶応大立教大、それに強豪早稲田の3校に優勝争いが絞られた。


立教大は、かりに早稲田に勝利しても、最終戦に強敵明治大戦を残す。また、慶応大も最終節の早慶戦が控えており、予断を許さない。
d0170835_08133125.png今春から便利なサービスが始まって、ネットで実況中継をやってくれる。今日1時より、立教大VS早稲田3回戦が配信される。

それはそうと大相撲5月場所がもう始まっているのだ。なにかと他の用事でまだ観られていないが、稀勢の里は万全ではないだろうが、どうにか出場している模様で1勝1敗。ファンもげんきんなもので、稀勢の里が2度続けて優勝しているので今場所はいつもの場所に比べて、カッと燃えるものが少ない。



追記:
(15:45)

3回戦
立教大100004100=6
早稲田000002002=4

立教大接戦を制し、次節の明治大戦に連勝すれば18年ぶりの優勝となる。もし2勝1敗ならば、早慶戦の結果次第となる。
.


by kirakuossan | 2017-05-16 07:53 | スポーツ | Trackback

道に迷い孔子さまに出逢う。

2017年5月15日(月)
d0170835_09573601.jpg
d0170835_09544482.jpg京都大野球部員が甲子園の土を踏む。近畿大の前に敗れるが「敗者の美学」は甲子園でも花開いた。

5回途中で球場を後にして、兵庫芸術センターへ向かうことに。
前日地図を頭に描いておいたが、道に迷い、思わぬところで孔子さまと出逢うことに、これも運命だろう。d0170835_10074759.jpg(2017年5月14日)
.
by kirakuossan | 2017-05-15 09:46 | 偶感 | Trackback

甲子園とマーラー6番

2017年5月14日(日)

d0170835_06364561.jpg甲子園球児らを集めた近畿大に対して、甲子園を夢に見た京都大野球部員。その京都大が近畿大を晴れ舞台甲子園で打ち負かす。。。そんな胸のすくシーンを期待し、また首の皮一枚残った立命館の優勝を夢見て、いざ、甲子園へ。そのあとは庵原氏と合流して、マーラーの6番を聴く。
で、今日の散歩コースは、甲子園球場から西宮北口の兵庫芸術センターまでで決まり。阪神電車で2駅、阪急今津線で2駅分ぐらいだから、1時間程度か。庵原氏言うには日中26℃ぐらいまで気温が上がるらしいから、芸術センターへ着くころには恐らく汗だくになるだろう(シャツの着替えは忘れないように)
今日はある意味「スポーツと芸術の祭典」ですなあ。.

by kirakuossan | 2017-05-14 05:55 | 偶感 | Trackback

立大は立大でも、立教大に注目

2017年5月13日(土)

<第7節、8節 優勝の行方>
近大2勝近大2勝1敗京大2勝1敗
立命2勝近大優勝近大優勝プレーオフ
立命2勝1敗近大優勝近大優勝近大優勝
同大2勝1敗近大優勝近大優勝近大優勝
同大2勝近大優勝近大優勝近大優勝

関西学生野球春のリーグ戦もいよいよ大詰めを迎え、昨日近畿大が京都大に先勝して王手をかけた。今季は、さほど群を抜いて強いとも思えない近畿大を、どこも捉えることが結果できずにズルズルと来てしまった感がある。立命館が逆転優勝をするには、わずかに首の皮一枚の状況だが、スポーツだけはやってみないとわからない・・・といったものの今度ばかりは無理だろう。

d0170835_07540641.jpgそれよりも立大は立大でも、東京六大学野球の立教大の活躍が面白そうだ。いつも陰ながら慶応大と立教大を応援しているが、トップをいくその慶応大が前節でよもやの法政大に連敗する事となり、戦況はにわかに活況を呈してきた。立教大はその慶応大に敗れはしたが、法政大からは勝ち点を挙げており、現在のところ勝率でわずかな差で首位に立つ。

立教大は27年春を除いて、ここ4年間上り調子にあって、毎回途中まで優勝戦線に留まっている。昨秋リーグも最後は明治大にかわされたが、優勝のチャンスは十分にあった。そこで今季、残す早稲田、明治大戦の結果次第では11年秋以来、実に35シーズンほぼ18年ぶりの優勝となる。果して、笠松悠哉(大阪桐蔭④)飯迫恵士(神戸国際③)寺山寛人(神戸国際③)、さらには山根佑太(浦和学院④)松崎健造(横浜③)らの強力打線に火がつくか?



追記:
(2017年5月14日)
近畿大が優勝。
関関戦は1勝1敗のタイになり、日程の変更で、3回戦は27日の同立戦にさきがけ西京極で行われることになり、伝統の一戦のダブルヘッターとなったが、残念ながら優勝が決まり興味はなくなった。やはり関関同立が強くないと面白くない、観に行くこともないだろう。

.

by kirakuossan | 2017-05-13 07:29 | スポーツ | Trackback

東投手、史上初の2度目のノーヒットノーラン達成

2017年5月6日(土)
d0170835_09544541.jpg

関西学生野球第6節<1回戦>
立命館100001301=6
関西大000000000=0

昨日行われた関西大戦の初戦に勝利したが、そこで立命館のエース東克樹投手が相手打線から17個の三振を奪い、連盟史上初となる個人で二度目のノーヒットノーランを達成した。しかも四球がわずか1つで、あと一歩で完全試合だった。前回は昨春京都大戦からであったが、今回は昨秋の優勝校関西大からのものでより価値がある。ノーヒットノーランは過去に28人が達成しているが、完全試合は染田賢作(同志社)が2004年春に京都大戦で唯一あるのみで惜しかった。
過去28人の達成者の中には、もと広島の西川克弘(関西大・1963春関学大戦)阪神の植木一智(龍谷大・1966春近畿大戦)阪急の山口高志(関西大・1971秋同志社戦)南海の森口益光(近畿大・1973秋大院大戦)近鉄の岡本晃(関西大・1995春同志社戦)ダイエーの山田秋親(立命館・1999春関学大戦)もと巨人で現楽天の金刃憲人(立命館・2005年秋京都大戦)らがいる。

ところでリーグ戦の行方は、近畿大が京都大戦を残して優勝に王手をかけている。十中八九近畿大の8シーズンぶりの優勝という結果になるだろうが、京都大も今季好調で、関学大、同志社からそれぞれ1勝ずつを挙げており、9日の関学大との3回戦に勝てば勝点奪取の望みが残っている。この勢いで、12日からの近畿大戦で一泡吹かせて欲しいものだ。
実はまた面白いシナリオを描いている。第7節の近畿大VS京都大、関西大VS関学大の試合がどちらも3回戦までもつれ込むと、14日(日)10:00から甲子園へ京都大の応援に行ける。その日は14:00からフィルハーモニー管弦楽団の演奏会がちょうど兵庫県芸術センターであるので、タイミングとしてはピッタリ。はたして実現するか?

(上写真:3月9日立命館大学柊野グランドにて撮影)

.


追記:
2017年5月7日(日)

<3回戦>
立命館000010000=1
関西大000000000=0

昨日の2回戦、辰巳選手の3ランが飛び出して、同点に追いついたが延長13回に関西大に突き放された。そして迎えた3回戦、昨日の先発山上投手が連投、リベンジにかけたが、これも昨日と同じ小橋、福島両投手でつないで関西大打線を零封し、勝ち点を挙げた。これで優勝は近畿大と立命館に絞られたが、すべては京都大が近畿大に勝ち点を奪うケースしか可能性はない。その時、立命館は残された同立戦で連勝して勝ち点を挙げれば僅かに希望が繋がる。


.

by kirakuossan | 2017-05-06 09:46 | スポーツ | Trackback

ホントに”遊び運”に恵まれている?

2017年4月23日(日)
関西学生野球春季リーグは王者奪還を狙う立命館が不覚にも緒戦の近畿大戦で勝ち点を落とすという結果となり、早くも他力本願のシーズンとなった。同志社も近畿大の前に屈し、いよいよ頼みの綱は昨秋の覇者関西大であるが、今節の近畿大戦、昨日初戦を接戦で落としたため、今日の2回戦は何が何でも勝ってもらい、明日の3回戦へとつなげてもらいたい。
ところで明日は待ちに待ったサンタナのコンサートだが、会場が大阪市中央体育館ということで、偶然にも、近くに南港中央野球場もある。そんなわけで明日、関西大vs近畿大の3回戦ということになれば明日に限り、関西大の応援にかけつけることになる。
d0170835_14173162.jpg
ちょうど夕方のサンタナのステージ前、松井君と食事をすることになっているが、その時刻までには十分に間に合うだろう。とにかく関西大が近畿大から勝ち点を奪い、あとは5月5日からの立命館vs関西大戦で立命館勝ち点を取れば三つ巴の混戦となり、おのずと立命館の優勝の希望も浮上してくる、というわけだ。
たまたまコンサート会場の近くに球場がある。わたしはホントに”遊び運”に恵まれている。と、そういうことになりますよう、そのためにもきょうの2回戦は関西大必勝、ネット観戦にまた力がこもるというものだ。



追記:
(16:00)
と、そう事はうまくばかりは運ばず、関西大が近畿大に連敗して、大きく後退。近畿大が8シーズンぶりの優勝へ大きく前進した。立命館の優勝の可能性は、まず近畿大が関学大に勝ち点を落とすことが前提となり、その上で立命館は関西大、同志社にいずれも連勝、もしくは近畿大の行方にもよるがせいぜい1敗で留めて、勝点4にしないと絶望となる。もうこうなれば、あとはとりあえず関学大にまず来週頑張ってもらうしかない。

.



.

by kirakuossan | 2017-04-23 14:14 | スポーツ | Trackback

立命館の2番手投手は決まった。

2017年4月16日(日)

皇子山球場に関関同立4校が登場。それにしても今日は暑かった。一気に初夏を迎えたような日差しだった。第二試合途中で帰ってきた。
d0170835_16274861.jpg

d0170835_16141224.jpg第一試合:立命館2勝(勝点1)
関学大100000000=1
立命館01001100x=3
立命館の東克樹投手に続く2番手投手が山上大輔(③立命館宇治)に固まりそうだ。9回2死で大ピンチを招き、完投は出来なかったが、スピードと切れのある球、それに制球力もついて安心して観ていられた。
d0170835_1671440.jpg

d0170835_1615087.jpg第二試合:関西大2勝(勝点2)
同志社000110000=2
関西大100001001x=3

関西大の応援は熱心。いつも応援団がくりだす。応援も多彩で元気いっぱい。そんな効果もあってか昨秋はリーグ優勝を果たしたし、今日も同志社と比べて応援団の勢いが違った。


昨秋あたりから若手が育ち同志社が力をつけてきたと思っていたが、今リーグ、開幕からすでに近畿大、関西大に連敗し、期待外れに終わっている。近畿大が久々の優勝を目指して突っ走っているが、どうもこの勢いを止めてくれそうなのは関西大以外になさそうだ。

.
by kirakuossan | 2017-04-16 15:50 | スポーツ | Trackback

皇子山に関関同立が揃う。

2017年4月16日(日)
d0170835_6542949.jpg
d0170835_6544786.jpgベランダが濡れている、朝方雨が降った模様だ。
あっ!誰かが傘を落として行った。昨晩だろうか、暗くてよく見えないからそのままにして立ち去ったのだろう。
今日は野球観戦、大津皇子山球場に関関同が揃う。


.
by kirakuossan | 2017-04-16 06:53 | スポーツ | Trackback

歩くことは当たり前

2017年4月3日(月)
d0170835_1613826.jpg
気がつくといつの間にか比良の冠雪がなくなっていた。
気がつくといつの間にかヒザの関節が弱っていた。と、違ってよかった。生活習慣というものはえらいもので、二三日前に一日雨で歩けなかった日があった。夜からでもと思い外に出て見たが、まだ小雨が降っており断念したことがある。歩かなかったのはその日一日だけである。毎日一時間は歩いて、もう4週間目に入った。おかげで、体重4kg、腹囲4cmの改善である。快食快便快眠、身体の好調さが実感できる。
今から野球観戦、石山駅まで歩く、とにかく歩くことが当たり前になってきた。
王者奪還を目指す立命館にとっては緒戦の近畿大戦から勝ち点を落とすわけにはいかないのだ。

ところが・・・

d0170835_16195132.jpg8回まで3安打散発の零点。しかも3失策で、8回のレフトのトンネルで3点を奪われ、試合を決められた。先発東投手は調子が今一つのなかでも粘り強い投球をしたが、初回の思わぬ2ランが痛かった。結局立命館はまったくいいところなしで、もう最終回を見ずに帰って来た。

<3回戦>
近畿大200000030=5
立命館000000001=1



.
by kirakuossan | 2017-04-03 10:18 | スポーツ | Trackback

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る





ブログパーツwww.rock-roll-bands.com





47NEWS

世界時計

・・・・・・・・・・・・・・・
exciteカウンター
369729
直近1週間訪問者数
353
364
468
456
452
409
386(昨日)
2888


d0170835_742451.jpg
d0170835_9203688.jpgシマノフスカ:
夜想曲 変ロ長調

グリンカ:
歌曲「ひばり」

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル