ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

タグ:ピアニスト ( 171 ) タグの人気記事

ようやく7月に聴けそうだ。

2017年5月5日(金)

d0170835_09204318.jpg
児玉麻里 ベートーヴェンソナタ選集
7月9日(日)あいおいニッセイ同和損保 ザ・フェニックスホール

びわ湖ホールで聴き損ねた児玉麻里のピアノ。ようやく7月に彼女の得意なベートーヴェンで聴けそうだ。
さて、何番を弾くのかな?



.

by kirakuossan | 2017-05-05 09:12 | クラシック | Trackback

美しいベーゼンドルファーの響きにのせて~

2017年4月29日(土)

d0170835_06291524.jpg
ラ・フォル・ジュルネびわ湖2017

d0170835_21444657.jpg
d0170835_21484400.jpg29日(土)15:00~16:05
アンヌ・ケフェレック/リサイタル
至福の音色と呼ばれるベーゼンドルファーの美しい響きがびわ湖ホール中ホールいっぱいに広がった。ケフェレックのピアノはあくまでも優しく気品に満ちたものであった。


ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
モンポウ:「歌と踊り」より 第4曲
ラヴェル:「高雅で感傷的なワルツ」より 第2曲
ドビュッシー:「子供の領分」より 雪は踊る
シャブリエ:「遺作の5つの小品」より アルバムの綴り
アーン:「当惑したナイチンゲール」より 愛と倦怠のダンス
ラヴェル:古風なメヌエット
サン=サーンス:のんきなワルツ
ドビュッシー:「カンマ」より カンマのダンス
プーランク:「8つの夜想曲」より 幻の舞踏会
ショーソン:パヴァーヌフランク:ゆるやかな舞曲
マスネ:狂ったワルツ


彼女の1975年11月の日本公演よりバッハのパルティータ5番と2番のディスクを。同世代で同じフランス人女性でアイドルとなったシルヴィ・ヴァルタンに面影がどこかよく似ている。つい見とれてしまうほど可憐だ。.


d0170835_22133036.jpgd0170835_22154986.jpg


先に行われた児玉桃のリサイタル。急遽、姉の児玉麻里の代役を務めた広瀬悦子との連弾、息もピッタリと合っていた。
ちょうど手元にあった文庫本『読書案内』の表紙うらにサインをもらうとき、「お姉さんも楽しみにしていたのに残念でしたね」とつい声をかけると桃さんは、「そうなんですよ、でも彼女とできたから・・・」と左隣を指さした。
また、ジョシュア・タン指揮、日本センチュリー交響楽団とのベートーヴェンの第7番、これもなかなかの熱演で聴きごたえのあるもので、タンは非凡な指揮ぶりを披露した。

.

by kirakuossan | 2017-04-29 21:43 | クラシック | Trackback

シフのモーツァルト・コンチェルト全集

2017年4月29日(土)

d0170835_07495029.jpg

モーツァルト:ピアノ協奏曲第5番, 第6番, 第8番, 第9番, 第11番 - 第27番/ロンド集 K. 382, 386 (シフ/カメラータ・ザルツブルク/ヴェーグ)

今朝のNMLにシフのモーツァルトのコンチェルト全集が配信されていた。アンドラーシュ・シフは当代稀代のバッハ弾きだが、モーツァルトのソナタでも同様の評価を得る。その彼が1980年代後半から90年初めにかけてシャーンドル・ヴェーグ指揮のもと、ザルツブルク・モーツァルテウム・カメラータ・アカデミカとの共演でモーツァルトの協奏曲も出した。ベーゼンドルファーの美しいサウンドとともにこれは一聴に値する。それにシフと同じハンガリー生まれ指揮者ヴェーグもモーツァルト演奏にかけては定評がある。
いま、第5番から順に聴いている。そのうち庵原氏もやって来る。今日はラ・フォル・ジュルネびわ湖2017の初日のプログラムを3本一緒に聴きに行くが、児玉麻里が休演になったのは返す返すも残念でならない。.



by kirakuossan | 2017-04-29 07:49 | クラシック | Trackback

針音のするCDを聴きながら・・・

2017年4月17日(月)
d0170835_8504721.jpgベートーヴェン弾きの二人の巨匠。たった2歳しか生年が変わらないのに戦後より長生きしたこともあってヴィルヘルム・バックハウス(1884~1969)の名は今の世にもよく知られたピアニストであるが、片方、アルトゥル・シュナーベル(1882年4月17日~1951)は惜しくも戦後まもなく亡くなったこともあって、戦後それほどに皆の耳に触れる機会も少なく、今では戦前の旧いピアニストといった印象がついてしまったのではないか。
ベートーヴェンの全曲演奏を残した最初のピアニストはほかでもないシュナーベルであった。彼はブラームスまでといったレパートリーが少ないことでも知られるが、戦前ではあまり聴かれることの少なかったシューベルトのピアノソナタを広く世に知らしめたのもシュナーベルであったとされている。
彼は技巧よりも表現を重視した演奏を行ったが、大げさな表現をよしとせず客観的な表現に特に重きを置いた。でもこのシューベルトを聴いていると、極端な強弱の付け方など、少し大げさではないかと逆に思ってみたりもする。そのなかで、ベートーヴェンのソナタはさておき、この人のシューマンモーツァルト、それにブラームスがなかなか好い。ここでいう”表現を重視した演奏”がよく現われ、心温まるピアノである。


d0170835_914670.jpgアルトゥール・シュナーベル - 1946-47 HMVソロ録音集
モーツァルト:ロンド イ短調 K. 511
シューマン:子供の情景 Op. 15
ほか
アルトゥル・シュナーベル - Artur Schnabel (ピアノ)



針音のするCDを聴きながら・・・


.
by kirakuossan | 2017-04-17 08:06 | クラシック | Trackback

久々にヘブラーをピアノ伴奏で、

2017年4月12日(水)

d0170835_8514084.jpg

ちょっと久しぶりにイングリット・ヘブラーを、といっても主役はヴァイオリニストのヘンリク・シェリング 。ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ集である。
ピアノを主張し過ぎない、それでいてしっかりと主役を支える存在感のあるピアノを聴かせることが大切なこの曲、やはりさすがヘブラーならではの演奏である。
シェリングは同曲を、1950年代半ばにハンス・リヒター=ハーザー、1950年代後半から60年代初めにかけてアルトゥール・ルービンシュタイン、1970年初頭アメリカ議会図書館でのライヴ演奏、ゲイリー・グラフマンのピアノ伴奏でそれぞれ収録している。このヘブラー盤は詳細は分からないが恐らく60年代の演奏だろう、と思いきや、今判明した。1978~79年の演奏である。d0170835_855290.jpgだからグラフマンとのよりさらに後なのだ。想像だが、今や花形のユジャ・ワンやヒラリー・ハーンの師であるグラフマンとだが、彼とはもうひとつしっくりいかずに、わずか7年後にヘブラーと録り直したのかも知れない。ちょっと聴き比べてみたが、グラフマンとのは高速演奏で、特に2楽章のAdagioは顕著である。これは聴く方の好き好きであるが、相性だけは本人同士でしかわからない。


ベートーヴェン:
ヴァイオリン・ソナタ第3番 変ホ長調 Op. 12, No. 3
Violin Sonata No. 3 in E-Flat Major, Op. 12, No. 3
ヘンリク・シェリング - Henryk Szeryng (ヴァイオリン)

イングリット・ヘブラー - Ingrid Haebler (ピアノ)20:34(Adagio-7:10)
ゲイリー・グラフマン - Gary Graffman (ピアノ)18:32(Adagio-5:47)


そして第5番「春」を聴くことで、二人の相性が良いのは確実に聴く者にも通じ合えるのである。

ヴァイオリン・ソナタ第5番 ヘ長調 「春」 Op. 24
Violin Sonata No. 5 in F Major, Op. 24, "Spring"
ヘンリク・シェリング - Henryk Szeryng (ヴァイオリン)
イングリット・ヘブラー - Ingrid Haebler (ピアノ)

d0170835_995428.jpg
ここでもやはり、控え目ながら美しいヘブラーのピアノがシェリングをよく引き立てている。

.
by kirakuossan | 2017-04-12 07:38 | クラシック | Trackback

少年から脱皮しつつあるピアニスト

2017年4月6日(木)

d0170835_12304779.jpg

牛田智大(ともはる)というピアニストがいる。ちょっとクラシック好きを自称するようなおばちゃんたちのアイドル的存在の少年だ。どこかそんなことに対する反感もあったし、こましゃくれたイメージがどうも好きでなかった。だから音楽そのものも聴く機会がなかった。ところが最近、NMLに配信されてきたジャケットを見て少なからず驚いた。もう少年を脱皮して、これから青年になっていこうといった雰囲気を漂わせている。曲目も「展覧会の絵」とくれば、これは一聴に値すると、聴いてみた。最後の「キエフの大門」では多少モタれるが、でも全般的には素朴で、素直な演奏にとれたし、これから磨きがかかってきたら・・・ピアニストでは韓国、中国に先行され、日本人男性の逸材が少ない昨今、楽しみな存在になるかもしれない。それに、収録の冒頭にグリンカの例の「ペテルブルクへの別れ」から第10曲 ひばり(M. バラキレフによるピアノ編)を弾いている。これも気に入った。
もう17歳になったそうだ。


ムソルグスキー:
組曲「展覧会の絵」
グリンカ:
ペテルブルクへの別れ - 第10曲「 ひばり」(M. バラキレフによるピアノ編)
牛田智大 - Tomoharu Ushida (ピアノ)



.
by kirakuossan | 2017-04-06 12:20 | クラシック | Trackback

ラ・フォル・ジュルネびわ湖2017

2017年2月19日(日)
d0170835_237898.jpg
今年もラ・フォル・ジュルネびわ湖2017が4月28日~30日の3日間滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールで開催される。一度聴きに行こうと思っていた矢先、児玉麻里と児玉桃の姉妹のピアノ連弾の演奏会があることを知る。児玉麻里のリサイタルは日本でやるのはおそらく久し振りだろう。それにさらにアンヌ・ケフェレックのリサイタルもあるではないか、これはどちらも見逃せない。また、前夜祭の「カルミナ・ブラーナ」も生で聴けるのは珍しい。この4公演をゲットの予定。合わせても7,000円はお安い。
他に、大植英次(指揮)の大フィル、ドミトリー・リス(指揮)のウラル・フィル、テディ・パパヴラミのヴァイオリンリサイタルなどが組まれている。


28日(金)19:00~20:10
前夜祭コンサート「カルミナ・ブラーナ」
日本センチュリー交響楽団
沼尻竜典(指揮)


d0170835_23333597.jpg29日(土)12:00~12:45
児玉麻里&児玉桃/リサイタル
ブラームス:「ハンガリー舞曲集」(4手版)より
ドヴォルジャーク:「スラヴ舞曲集」(4手版)より

29日(土) 13:30~14:30
日本センチュリー交響楽団
ジョシュア・タン(指揮)
ベートーヴェン:12のドイツ舞曲 WoO.8
ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調op.92

d0170835_23344475.jpg29日(土)15:00~16:05
アンヌ・ケフェレック/リサイタル
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
モンポウ:「歌と踊り」より 第4曲
ラヴェル:「高雅で感傷的なワルツ」より 第2曲
ドビュッシー:「子供の領分」より 雪は踊る
シャブリエ:「遺作の5つの小品」より アルバムの綴り
アーン:「当惑したナイチンゲール」より 愛と倦怠のダンス
ラヴェル:古風なメヌエット
サン=サーンス:のんきなワルツ
ドビュッシー:「カンマ」より カンマのダンス
プーランク:「8つの夜想曲」より 幻の舞踏会
ショーソン:パヴァーヌ
フランク:ゆるやかな舞曲
マスネ:狂ったワルツ


.
by kirakuossan | 2017-02-19 23:06 | クラシック | Trackback

ピアニスト列伝―31 内田光子

2017年2月14日(火)

内田光子さんにグラミー賞=世界的ピアニスト、2度目の栄誉
時事通信 2/13(月) 7:22配信

米音楽界最高の栄誉とされる第59回グラミー賞の授賞式が12日、ロサンゼルスで行われ、ピアニストの内田光子さんの参加作品がクラシック部門の最優秀ソロ・ボーカル・アルバム賞に輝いた
内田さんのグラミー賞受賞は、2011年の最優秀器楽ソリスト演奏賞に続き2度目。
今回は、ドイツのソプラノ歌手ドロテア・レシュマンさんの伴奏を務めた演奏会を収録したアルバム「シューマン リーダークライス、女の愛と生涯/ベルク 初期の7つの歌」が授与対象。


こんな記事が昨日流れたが、内田光子(1948~ )のグラミー賞の受賞は2度目である。6年前は、クリーヴランド管弦楽団を弾き振りしたモーツァルトのピアノ協奏曲第23番・第24番が最優秀インストゥルメンタル・ソリスト演奏賞に輝いた。日本の現役ピアニストで世界に通用するのは彼女ひとりで、今回の受賞はそれを再認識させるものであった。
d0170835_1759562.jpg
彼女のレパートリーはたいへん広く、モーツァルト、ショパン、シューベルトにはじまり、シューマン、ベートーヴェン、ドビュッシー、シェーンベルク、ヴェーベルン、ベルクなどの作品を数多く録音している。なかでもモーツァルトとシューベルトは名演奏が多いが、彼女のピアニズムは日本人演奏家の枠にとらわれず、ヨーロッパの風土のなかでその精神を吸収したような表現にある。それは必ずしも楽譜に忠実ではなく、確固たる知識と哲学的解釈に基づいた独自の表現法である。そのことは賛否両論あることも事実であるが、それを超越して自己主張をつづける彼女は、一種孤高のピアニストの様相を呈する。



d0170835_1861548.jpgモーツァルト:
ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K. 488
内田光子 - Mitsuko Uchida (ピアノ)
イギリス室内管弦楽団 - English Chamber Orchestra
ジェフリー・テイト - Jeffrey Tate (指揮)
(録音: July 1986)



.
by kirakuossan | 2017-02-14 17:31 | ピアニスト列伝 | Trackback

ピアニスト列伝―30 ロン

2017年2月13日(月)

若手音楽家の登龍門として知られるのにフランスのロン=ティボー国際コンクールというのがあるが、これは1943年、名ヴァイオリン奏者のジャック・ティボーと名女流ピアニストのマルグリット・ロンとの共同で創設された。最初は3年ごとの開催で、すぐに2年ごとになり、最近ではほぼ毎年開かれている。もちろん名のとおり、ヴァイオリンとピアノの2部門で行われてきたが2011年より声楽部門が加わり、3部門となり、これを機に、ヴァイオリンはジャック・ティボー国際ヴァイオリンコンクールに、ピアノはマルグリット・ロン国際ピアノコンクールと単独で表記されるようになった。ピアノ部門での第1回優勝者は19歳のサンソン・フランソワ(フランス)であった。

d0170835_9362585.jpg今日はそのマルグリット・ロン(Marguerite Long, 1874~1966)の命日にあたるが、彼女のピアノは、古典派からロマン派、そしてフランス近代音楽にいたるまで幅広く演奏したが、とくにフランスの伝統的ピアニズムを継承しているとされ、奏者以上に教育者としての評価が高い。彼女の弟子で最も成功したのはコンクールの1953年大会で2位に入ったフィリップ・アントルモン、それに61年3位のブルーノ・レオナルド・ゲルバーだろう。とくに後者には「あなたは私の最後の、最高の生徒」と評価した。園田高広も彼女の指導を仰いでいる。
彼女につきまとう噂は金銭欲・名誉欲にも長けていたといわれ、名前からしても”ロン!(あがり)である。面白いエピソードに、いつも大事にしている手持ちのバックは、肌身離さず持ち歩き、演奏するステージでも盗まれないように椅子の下に置いていた。


ベートーヴェン:
ピアノ協奏曲第3番 ハ短調 Op. 37
マルグリット・ロン - Marguerite Long (ピアノ)
パリ音楽院管弦楽団 - Paris Conservatoire Orchestra
フェリックス・ワインガルトナー - Felix Weingartner (指揮)
録音: 10 June 1939, Theatre Pigalle, Paris
d0170835_1093273.jpg

.
by kirakuossan | 2017-02-13 08:57 | ピアニスト列伝 | Trackback

ピアニスト列伝―29 シフ

2017年2月8日(水)
d0170835_9423376.jpg
今や巨匠の風格さえ感じさせるアンドラーシュ・シフ、 いやハンガリー人だからシフ・アンドラーシュ(Schiff András 1953~)である。

d0170835_1011574.jpgd0170835_10151830.jpg昨夜、久々にサイモンとガーファンクルの音楽を聴いていて悦に入っていたが、その一人によく似ている。だから思い出したのでもないが、シフのバッハを聴けば、もう彼の右に出る者はいないような、そんな最高の演奏をする。今朝も、セルジオ・フィオレンティーノとかいうイタリアのピアニストでフランス組曲第5番をなにげにかけてみたが、バッハにしては何となく耳障りである。そこでシフで聴き直すと、これが全然違うんだなあ、やっぱし。
彼はバッハだけかというと、それが実に幅広いレパートリーを誇る。バロック音楽や古典派音楽を中心としてロマン派音楽までにいたる。バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、さらにはシューマンやショパンまで、と。若いときのコンクール歴をみてもわかるが、そう群を抜いて目立った存在ではなかった。当初、コチシュ・ゾルターン(1952~2016)、ラーンキ・デジェー(1951~)と並んでハンガリーの若手三羽烏と称されたが、正直、人気の面でも先の二人に後塵を拝する印象であった。そんな彼を一躍ひのき舞台に押しやるきっかけとなったのが、やはりバッハであった。1980年代に契約したイギリスのデッカ・レーベルからモーツァルトのソナタ全集に次いで出した一連のバッハ演奏が「グールド以来のバッハ解釈者」と評されることになる。


バッハ:
フランス組曲全曲
アンドラーシュ・シフ - Andras Schiff (ピアノ)
(録音: January 1991, Reitstadel, Neumarkt, Germany)


d0170835_10171356.jpg思い出したが、彼の奥さんはヴァイオリニストの塩川悠子である。





奥さんと共演したモーツァルトもある。聴き惚れるヴァイオリンである。

モーツァルト:
ピアノ三重奏曲第3番 変ロ長調 K. 502
アンドラーシュ・シフ - Andras Schiff (フォルテピアノ)
塩川悠子 - Yuuko Shiokawa (ヴァイオリン)
ミクローシュ・ペレーニ - Miklós Perényi (チェロ)

.
by kirakuossan | 2017-02-08 09:29 | ピアニスト列伝 | Trackback

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る





ブログパーツwww.rock-roll-bands.com











47NEWS

世界時計

・・・・・・・・・・・・・・・
exciteカウンター
373725
直近1週間訪問者数
430
385
383
354
372
320
549(昨日)
2793


d0170835_742451.jpg
d0170835_9203688.jpgシマノフスカ:
夜想曲 変ロ長調

グリンカ:
歌曲「ひばり」

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル