ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

タグ:アトリエ ( 166 ) タグの人気記事

棘のある白い花

2017年5月16日(火)
d0170835_11381343.jpg
d0170835_11383447.jpg
d0170835_11385637.jpgアトリエの裏庭に咲くのある白い花。バラ科の一種だろうが、これも名がわからない。甘い香りに虫たちが競いあって寄って来る。
今が満開だ。

by kirakuossan | 2017-05-16 11:37 | アトリエ | Trackback

新芽と黄色いバナナ

2017年5月10日(水)

またアーカイブだが、何故か、2年前のこの記事もちょくちょく見に来られる。昨日のトップで、20件のアクセスがあった。確かに何度読んでも面白いとは思うが・・・


メルヘン翁

2015年7月3日(金)
d0170835_13202812.jpg

祖父が死んだのは私が高二の時である。
祖父は全くろくでもないジジィであった。ズルくてイジワルで怠け者で、嫁イビリはするし、母も私も姉も散々な目に遭った。
そんな祖父のXデーは、五月の爽やかな土曜の夜に突然訪れた。
夜中十二時頃、祖母が「ちょっと来とくんな、ジィさんが息してないよ」と台所から呼んでいる。私と父と母はビックリして祖父の部屋に行った。なるほど、祖父は息をしておらず、あんぐり口を開けたまま動かなかった。あまりのバカ面に、私も父も母も、力が抜けたままなんとなく笑った。
まもなく医者が来て、祖父の屍をひと目見るなり「これは大往生ですね」と言った。死因は幸福の条件の中でも最も大切な要素のひとつである”老衰”であった。


人間の尊厳な死の場面をとらまえて、このように笑ってしまう、自然と湧き上って来るこの可笑しみとは、何なんだろう。知的で上品なユーモアに盛られた、さくらももこ著『もものかんづめ』の一章だが、中でもこの「メルヘン翁」が断然面白い。”死”という本来悲しむべき出来事なのに、これほど冷静に正面から見据え、その上で思いっきし笑い転げている。そこにはある意味、人間の真実が見え隠れするような不思議な現象がある。「全くろくでもないジジィであった」と揶揄するが、その裏には実はちゃんと持ち合わせた家族愛と、もうこれきり逢えないといった一抹の寂しさが同居した、そんな心の裏返しでもある。

夜中三時頃、続々と親戚が集まってきた。こんな大騒ぎにもかかわらず、姉は自室で熟睡している事を思い出したので、私は慌てて起こしに行った。
「ジィさんが死んだよ」と私が言ったとたん、姉はバッタのように飛び起きた。
「うそっ」と言いつつ、その目は期待と興奮で光輝いていた。私は姉の期待をますます高める効果を狙い、「いい? ジィさんの死に顔は、それはそれは面白いよ。口をパカッと開けちゃってさ、ムンクの叫びだよあれは。でもね、決して笑っちゃダメだよ、なんつったって死んだんだからね、どんなに可笑しくても笑っちゃダメ」としつこく忠告した。
姉は恐る恐る祖父の部屋のドアを開け、祖父の顔をチラリと見るなり転がるようにして台所の隅でうずくまり、コオロギのように笑い始めた。
死に損ないのゴキブリのような姉を台所に残し、私は祖父の部屋へ観察に行った。誰も泣いている人はいない。ここまで惜しまれずに死ねるというのも、なかなかどうしてできない事である。
<略>
「ジィさんの顔、口を閉じてやらなきゃ、まずいなァ」と誰かが言った。私は、そのままでも面白いから問題ないと思ったのだが、そういうわけにもいかないらしい。
「白いさらしの布で、ジィさんの頭からアゴにかけて巻きたいのだが、布はあるか」と親類の男が尋ねるので、母と祖母は必死で探したのだが見つからなかった。深夜なので買いにも行けず、モタモタしているうちに死後硬直が始まってしまいそうだったので、やむをえずありあわせの手ぬぐいで代用する事になった。
この手ぬぐい、町内の盆踊り大会で配られた物であり、豆しぼりに『祭』と赤い字で印刷されていた。
ジィさんは、祭の豆しぼりでほっかむりされ、めでたいんだかめでたくないんだか、さっぱりわからぬいでたちで、おとなしく安置されていた。祖母は、「ジィさんは、いつでも祭だよ」と力なく呟いた。私が姉に「ジィさんのくちびるから、祭ばやしが聴こえるねェ」と言ったら、彼女はまた台所のゴキブリになってしまった。
<略>
体をS字にくねらせて、頬に手を重ねるジジィの姿は、ちょうど夢見るメルヘン少女のようであった。~
ジィさんの戒名の称号は居士であった。死ぬと無条件に仏の弟子になれるというこの世のシステムには改めて驚かされる。もしジィさんか本当に仏の弟子になってしまったら、インチキはするは酒は飲むわで一日で破門であろう。
それなのに”居士”だ。私が、「立派な戒名もらってヨカッタねえ」と母に言うと、彼女は、「あたしゃ、生きているうちにいい目に逢えりゃ、居士でもドジでもなんでもいいよ」と言いながら、葬式まんじゅうをパクパク食べ始めた。
位牌が少し傾いたような気がした。


さくらももこ著『もものかんづめ』(集英社文庫)より「メルヘン翁」



さくらももこ(三浦美紀1965~):
清水市生まれの漫画家・作詞家・脚本家。静岡の短大卒業後に上京してぎょうせいに入社するが勤務中に居眠りする等して上司から「会社を取るか漫画を取るかどちらか選べ」と迫られ「漫画家として生活していく」と回答、約2か月で退職した。
そしてその年『りぼん』で「ちびまる子ちゃん」の連載開始する。


d0170835_13090717.jpg
枯れかけて心配していたアトリエのクスノキ。今日見ると新芽が。。。

d0170835_13174765.jpg
それと、これもなぜか、バナナのこの黄色がとても好きでよく撮る。これなど、濃い黄色でいかにも美味そう。食べてみるとまだ浅い割にはやわらかく甘味がした。

by kirakuossan | 2017-05-10 13:09 | アトリエ | Trackback

紫色のチューリップ

2017年4月27日(木)
d0170835_21002369.jpg
d0170835_21024395.jpgアトリエ近くの自治会館の白い木窓あたりに、毎年白梅が咲いた後には、春になるとチューリップが花開く。それもひょろーっと突っ立って赤いのが1本、黄色いのが1本・・・と単独で咲く。今年はもう一本、珍しい紫色のがひょろーっと咲いた。
そしてチューリップが終ると、今度は芙蓉の可憐な花が咲く。
d0170835_21043005.jpg
.
by kirakuossan | 2017-04-27 20:46 | 自然 | Trackback

新たに仲間の木を2本 ・・・ (i Ca-tyann)

2017年4月16日(日)

d0170835_193333.jpg
d0170835_19332997.jpg第148題 010.gif
アトリエのクスノキが独りで寂しそうなので、新たに仲間としてコノテヒバを2本植えることにした。
この木もずいぶん高くなりそうだ。3本の木の成長がまた楽しみである。水やりはわたしの当番です。






d0170835_19413957.jpg
by kirakuossan | 2017-04-16 19:32 | i Ca-tyann | Trackback

剪定は非情なほどの思いきりが肝心 ・・・ (i Ca-tyann)

2017年4月15日(土)
d0170835_8142699.jpg
d0170835_817178.jpg
アトリエのクスノキが枯れかかってきて心配しているが、日当たりが良すぎるのか、なかなかうまく成長してくれない。先日かみさんの指示で水やりをかかさないようにしているが、だんだんと細って来る。そこでかみさん、英断!「こうすることによって栄養分が全体に回る」と下の枯れた枝を思い切りよくバッサリ!!
すると二日後に新芽(赤いの)が出て来るではないか。これでこのクスノキも枯れずに済んだ。
d0170835_846162.jpg家のクスノキの大木のときもいつもそうだ。一度高いところは切れないからと庭師に入ってもらった。
「奥さん、この枝はどないしまひょ?」
「ああ、それもバッサリ、と切ってちょうだいな」
庭師は口ごもって、
「こ、こ、これもですか、バッサリ?」
「はい、結構です」
わたしなんかはビビンチョで、これももったいない、これも切るの可哀そう、ということで剪定になりません。


第147題 010.gif
教訓:庭木の剪定は非情なほどの思いきりが肝心。


.
by kirakuossan | 2017-04-15 08:13 | i Ca-tyann | Trackback

さっそく東洋美人を試飲

2017年1月15日(日)
d0170835_8251698.jpg
d0170835_8253178.jpgd0170835_8344379.jpg昨夜も鮟鱇鍋。庵原氏が持って来てくれたプーチンさんも推奨の東洋美人。純米吟醸と大吟醸酒「地帆紅」(じばんぐ)、どちらも上品な味わい。とくに「地帆紅」は今まで口にしたことのない個性ある味わいで、一口含んでそのあとすぐに漂うほのかなフルーティーな甘さはなかなかの美味でありました。鮟鱇にとくにぴったりと合うお酒でした。
それにめずらしいのが「生しらす」、いまが旬なのか、これがまた珍味でありました。
d0170835_8204678.jpg
翌朝は辺り一面は真っ白、やはり昨夜からの雪は10センチの積雪をみた。はたして帰れるかな?



.
by kirakuossan | 2017-01-15 08:19 | 食・酒 | Trackback

冬支度で忙しい ・・・ (i Ca-tyann)

2016年12月20日(火)

第138題 010.gif
d0170835_11303860.jpg
d0170835_11504515.jpgd0170835_2044333.jpgd0170835_20435733.jpg毎日忙しい日が続きます。明日は萩ヤン、鉄ちゃんとホームコースでの打ち納め。22日は読響の第九、23日は松井君との2度目の忘年会。。。ところでかみさんの忙しさは小生の忙しさとはまた違ったものです。冬を前にして tuttiを離れるとき、寒いと困るだろうといつも山荘の番人リッツ君に毛糸の服を着せ替えてやっているかと思えば、こちらはこちらでアトリエの住人サリーに冬支度をさせてやります。
で、毎日忙しいのです。
d0170835_849281.jpg
リッツ君のは運動不足でなにせ身体が堅いので大変です。

.
by kirakuossan | 2016-12-20 11:30 | i Ca-tyann | Trackback

赤いリボン ・・・ (i Ca-tyann)

2016年12月2日(金)
d0170835_12353542.jpg
d0170835_12371121.jpg第136題 010.gifアトリエには赤いリボンが飾りつけられた。
ちょっとしたことだが、何かウキウキしたような愉しい気分にさせてくれる。



.
by kirakuossan | 2016-12-02 12:35 | i Ca-tyann | Trackback

雪の便りを耳にするとアトリエ玄関の画を替える。

2016年11月24日(木)
d0170835_8294956.jpg
d0170835_830555.jpgd0170835_8301766.jpgd0170835_9134680.jpg今朝はだいぶ冷え込んだ。東京の方では雪のようだ。蓼科ではいよいよ冬本番、今年の冬は雪が多いのでは?
毎年雪の便りを耳にするとアトリエ玄関の画を替える。福井良之助画伯の「岡の雪」である。







追記:
(10:00)

やはり信州リゾートサービスのブログでも雪をアップしていた。


d0170835_1020747.jpg2016年11月23日(水)
積もるかな?
今夜から関東甲信越は降雪予報が出ておりますが、こちらは早々と降り始めました。事務所の車両は除雪作業用に準備完了しております。
これからご来荘になる場合は、お車のタイヤ滑り止めのご準備をお願いします。





2016年11月24日(木)
d0170835_109890.jpg
d0170835_10121247.jpg11月の大雪!!
東京で11月に降雪があったのは54年ぶりとの事ですが、この地域でもこれだけの雪は珍しいです。
8時現在で早15cm程積もりました。8時45分現在 気温-4℃


そうか、東京では11月の雪は54年ぶりなのか・・・



しかしそれにしても今年は世界中で何十年ぶりというのが実に多かった。そういう意味ではすべて世の中において大きく潮流が変わろうとしている兆候なのかもしれない。

追記:
2016年11月25日(金)
都心で11月に積雪を確認したのは1875(明治6)年の統計開始以降初めてだったそうだ。



何度も書きますが、一昨年の11月23日には弟、息子らと蓼科でゴルフを楽しんでいました。
d0170835_20543082.jpg
d0170835_20534581.jpg
d0170835_20553814.jpg

(うまい下手はともかくとして、スイングフォーム見るだけで、どうしても齢の差が出ますなぁ・・・)


.
by kirakuossan | 2016-11-24 08:29 | 蓼科の風景 | Trackback

気になる奇妙な黄色い花

2016年10月20日(木)
d0170835_15585739.jpg
d0170835_15592963.jpg夏の彼岸花がすっかり枯れてしまった田んぼのあぜ道に、毎年今頃になると大ぶりの逆さに開いた黄色い花が気になる。アトリエから見ると木の枝から吊るしているように見え、奇妙におじぎしているようにも見える。何という花だろう。
d0170835_1613452.jpg




.
by kirakuossan | 2016-10-20 15:58 | アトリエ | Trackback

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る





ブログパーツwww.rock-roll-bands.com





47NEWS

世界時計

・・・・・・・・・・・・・・・
exciteカウンター
369729
直近1週間訪問者数
353
364
468
456
452
409
386(昨日)
2888


d0170835_742451.jpg
d0170835_9203688.jpgシマノフスカ:
夜想曲 変ロ長調

グリンカ:
歌曲「ひばり」

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル