ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

カテゴリ:信州の風景( 27 )

心洗われ、体清め。

2017年5月1日(月)
d0170835_09350483.jpg
d0170835_09454815.jpg
d0170835_09381759.jpg
d0170835_09421904.jpg
d0170835_10005964.jpg午前6時ちょうど、深閑とした秋宮に神楽殿の太鼓が大きく響き渡り、心洗われる。
心のあとは体も清めようと諏訪大社下社秋宮近くの旦過の湯に。番台のおばちゃんに、今日の温度は何度と訊くと、「熱い湯48℃、少しぬるい湯44℃、露天風呂42.9℃」ということ。で、まず露天風呂で身体を馴らし、44℃の湯へ、ここは無事OK、さていよいよ48℃にチャレンジ!足先を湯に入れるなり、今回も1秒で飛び出した。
心洗われ、体清め、朝2時20分に大津を出発してきたかいがあった。.
by kirakuossan | 2017-05-01 08:55 | 信州の風景 | Trackback

今日の浅間山

2017年2月11日(日)
d0170835_23352081.jpg
d0170835_23384782.jpg今日の浅間山。
小諸の平原から撮影
(15:40)
浅間山は2017年02月10日火口周辺警報(噴火警戒レベル2、火口周辺規制)が継続され出されており、今日も噴煙を上げていた。













d0170835_23484074.png浅間山、再び地殻変動 15年の噴火前後に類似

2017年2月9日信濃毎日新聞

気象庁は8日の定例記者会見で、浅間山(長野・群馬県境)について、ごく小規模な噴火が2回起きた2015年6月の前後の動きと似た地殻変動が、昨年12月ごろから西麓で再び始まったと説明した。地下深くから新たなマグマが上昇してきた可能性がある。噴火警戒レベル2(火口周辺規制)を維持し、推移を注視している。
山頂の南南西約4キロの「塩野山」地点の傾斜計で、西側の山体が膨張する変化を捉えた。国土地理院も会見で人工衛星を使った地殻変動観測結果を発表し、昨年秋ごろから西麓が膨らむ傾向が出ていると説明した。
d0170835_23553429.jpg浅間山は1月、火山ガスの放出量が急増し、18日には3600トンに達した。3千トンを超えたのは15年6月以来で、マグマ上昇に伴う現象とみられる。火山性地震も多い状態が続く。ただ、噴火前に多発する傾向がある比較的高周波の地震は目立っていない。
同庁火山課の小久保一哉・火山活動評価解析官は「活発化傾向だが、まだレベル2の想定を超える噴火に結び付く状況ではない」とした。


.

by kirakuossan | 2017-02-11 23:34 | 信州の風景 | Trackback

湖もろとも凍てにけり

2017年1月28日(土)

諏訪町は湖もろとも凍てにけり  辰之助

d0170835_8234051.jpg
d0170835_983746.png今日は春節、旧暦の正月である。中華圏で最も重要とされる祝祭日である。
今の白樺湖のようす。tuttiでのインターネットでいつもお世話になっている蓼科ケーブルビジョン株式会社の画像です。
マイナス6℃だそうです。


俳人石橋辰之助(1909~1948)は、特に山岳俳句において新局面を開いた。


こちらは25日の信州リゾートサービスのブログ画像。女神湖の氷上ドライブのようす。昨年は暖かくて中止になったが今冬は大丈夫のようだ。最低気温マイナス18℃だって。
d0170835_8324864.jpg
平成29年1月25日(水)天気:晴れ 9時現在気温:-10℃ 最低気温:-18℃



追記:
(15:00)
「湖もろとも凍てにけり」と言った途端、なんなんだ、今日のこの暖かさは。日当たりのよい部屋にいると汗ばんでくる。春の陽気である。???


.
by kirakuossan | 2017-01-28 08:06 | 信州の風景 | Trackback

季節は移り変わって。。。

2016年11月12日(土)

写真送信致します。ほぼ同じところからのショットかと思います。
撮影日平成28年11月5日(土)
カメラ NIKON D300s 絞り優先モードf11 1/160秒 ISO800
レンズ AF-S NIKKOR 24-70mm 1:2.8G(24mm)

d0170835_5393742.jpg
d0170835_5421813.jpg
夕べは早く寝てしまったら、11時過ぎに綺麗な写真が送られて来ていた。
9月6日に志賀高原方面にでかけ、その途中で見た笠岳中腹からの絶景に感動したものだが、ちょうどその2か月後に庵原氏も同じ所から紅葉と遠くに連なる北アルプスの絶景を撮った。


.
by kirakuossan | 2016-11-12 05:39 | 信州の風景 | Trackback

高ボッチ山からの夜景

2016年11月6日(日)
庵原氏から高ボッチ山から見た美しい諏訪湖の夜景と富士山がうっすらと写った写真が送られてきました。長野への出張で、その合間に(仕事が合間ではありませんぞ、念のため本人になり替わりまして・・・)撮ったもののようです。綺麗やね~
d0170835_19151496.jpg
写真送信致します。肉眼では東の空はまだ暗いのですが長時間露光(193秒)しますと富士山がシルエットで浮かびあがりました。レンズ70mm(35mm換算で105mm相当)絞りf8です。
このあと夜が明けるにつれ、空の色と八重垣の山々が秒単位でその色を変えながらグラデーションを織りなしていきました。夜明け前4時半から7時過ぎまでいましたが気温は氷点下風6℃ながら風もなく、絶好の撮影日和でした。

(撮影:11月4日午前4時56分から193秒露光、ちなみにこの日の高ボッチ山の日の出は6時06分、ということです)

.
by kirakuossan | 2016-11-06 19:14 | 信州の風景 | Trackback

8時間の思わぬ強行軍

2016年10月11日(火)
d0170835_21333727.jpg今日の登山の目的は白駒池から高見石展望台、さらに天狗岳を目指そうというものだったが、時間的にも、体力的にも厳しいということで、手前の中山にある展望台経由でにゅうという岩山を右手に見ながら下山というルートをとった。実はこれが道なき道の嶮しい岩道の連続で、8時間の思わぬ強行軍となった。

朝、白駒池に8:00に到着、高見石展望台を10:00に出発、雲海のはるか向うに浅間を望みながら11:30に中山展望台に、ちょうど12:00ににゅう方面に向かう途中の岩場、天狗岳を横目に昼食となる。そのあと、にゅうの岩山手前からは富士の姿も一瞬見えたが、下り道で左ひざに痛みが走り、必死の下山。6人全員がすっかり消耗して白駒池に戻り、駐車場での解散時刻は、もう16:00になっていた。
でも東と西の天狗岳を間近に仰ぎ、八ヶ岳の一角に深く入り込み、高地のアップダウンと足場の嶮しい山道を踏破したのは大いに自信になった。

d0170835_21451882.jpgd0170835_2146099.jpg
d0170835_2149151.jpg
d0170835_21501726.jpgd0170835_21503887.jpg
d0170835_21523751.jpg
d0170835_21531145.jpg
d0170835_21533082.jpg
d0170835_8311622.jpgd0170835_6152796.jpg
d0170835_21552531.jpg
d0170835_21554122.jpg
by kirakuossan | 2016-10-11 21:22 | 信州の風景 | Trackback

白駒池の紅葉

2016年10月11日(火)
d0170835_2057161.jpg
d0170835_2114196.jpg前の会社の吉川氏、尾嵜氏、それに山仲間の荒井、佐藤、河原田各氏ら6人と紅葉見ごろの白駒池へ。
先に湖面に生える紅葉を観たあと、一路高見石展望台を目指す。急こう配の嶮しい山道を登ること1時間、高見石小屋の横の大岩を登りきると眼下に絶景が浮かんだ。
d0170835_2120252.jpg
d0170835_2055578.jpg
d0170835_2057199.jpg




.
by kirakuossan | 2016-10-11 19:10 | 信州の風景 | Trackback

思い立ったが吉日。その4  志賀高原から草津へ

2016年9月6日(火)
d0170835_2291463.jpg熊の湯温泉からの帰路は朝来た道はやめ、志賀高原を通り抜け、万座経由だと高額のハイウエイ料金がかかるため、万座ではなく白根山から草津へ出るルートを選んだ。横手山ドライブインでは、いかにも落ちそうなバスを尻目に志賀高原のハイウエイを通り抜ける。ここのは標高が高い上にスケールの大きさも段違いだ。
d0170835_226576.jpg
d0170835_2284419.jpg
d0170835_2211511.jpgd0170835_22112098.jpg



.
by kirakuossan | 2016-09-06 21:57 | 信州の風景 | Trackback

思い立ったが吉日。その3  笠岳麓から見下ろす絶景

2016年9月6日(火)
d0170835_21323252.jpg
d0170835_21292693.jpg
d0170835_2130472.jpg
d0170835_21332411.jpg雷瀧、七味温泉を越え、山道は山田牧場へと連なっている。
山の中腹の超絶景を見ながら頂上近くに登っていくと志賀高原のシンボル標高2075mの笠岳の登山口に辿り着く。ここで標高1900mほどか。その谷を少し下ったところに熊の湯温泉はある。



.
by kirakuossan | 2016-09-06 21:27 | 信州の風景 | Trackback

思わぬ回り道

2016年8月26日(金)
d0170835_20542664.jpg
d0170835_2161261.jpg
d0170835_2140284.jpg天狗温泉からの帰り道、小諸市内の国道18号線を走っていると、野球グラウンド長野県立小諸商業高校の立て看板が目に入り、立ち寄ることに。グランドではちょうど練習前か、部員たちが集まりだしていたが、みなこちらを見て大きな声で挨拶をしてくれる。OBかなにかと思ったのだろう、ただの気楽なおっさんなのに。


d0170835_2174016.jpg国道を挟んで南側に立派な校舎が建っているがのよく見えるのに、校門までたどり着くのにはこれまたぐるぐる回って大変だった。グランド横の駐車場には小諸商業高校同窓会名で「めざせ甲子園!!」の看板、少し色褪せていたのでだいぶ前から立っているのだろう。今年は甲子園まであと一歩で惜しかった。

d0170835_2135037.jpgもう少し走って小諸西原の交差点まで来ると、今度は例のBOOK OFF の大きな看板が。例によって立ち寄ると、これがまた超広大な店舗で本の配列も見やすく、大いに気に入った。店員に「日本一広いのと違うか?」とおべんちゃらを言うと、照れていた。

d0170835_21175029.jpg

思わぬ回り道をしていたらもう6時近くになっていた。ついでに女神湖に立ち寄ると雲の気配が秋が近づいていることを感じさせた。
d0170835_21292054.jpg




.
by kirakuossan | 2016-08-26 20:54 | 信州の風景 | Trackback

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る





ブログパーツwww.rock-roll-bands.com





47NEWS

世界時計

・・・・・・・・・・・・・・・
exciteカウンター
369729
直近1週間訪問者数
353
364
468
456
452
409
386(昨日)
2888


d0170835_742451.jpg
d0170835_9203688.jpgシマノフスカ:
夜想曲 変ロ長調

グリンカ:
歌曲「ひばり」

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル