ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

カテゴリ:芸術を育んだ街( 5 )

新しい愉しい発見

2014年7月2日(水)
d0170835_9333046.jpg
本館:4F・3F 特別展示室
没後90年 近代日本洋画の巨匠「黒田清輝展」
7月21日(月・祝)まで。

烏丸三条東にある京都文化博物館で黒田清輝展が開かれているのを知って調べていると、別館が旧日本銀行京都支店の建物で、そこでミニコンサートがよく開催されていることもわかった。しかも4日はシギスヴァルト・クイケンのバッハ無伴奏の演奏会ということで、直ぐに問い合わせたがやはりチケットは売り切れていた。何分当時の銀行の支店の営業室跡のスペースだから少人数に限られる。今回は仕方ないがこれからは事前にチェックしておきたい。
また、同じ本館内にフイルムシアターなる映画館もあって、嵐寛の『鞍馬天狗』、梅若正二『赤胴鈴之助』、森繁久弥『駅前旅館』、大川橋蔵の『新吾十番勝負』など懐かしい映画を、1階展示室の入館券(500円)で自由に見られるようだ。こうしていろいろ見てみると新しい愉しい発見があるものだ。


d0170835_9205173.jpg別館

7月4日(金)
シギスヴァルト・クイケン
バッハ無伴奏の夕べ ≪音楽会≫


d0170835_9342027.jpg本館:
3F フィルムシアター

娯楽映画の魅力「おもてなしの映画」
6月3日(火)-7月15日(火)
by kirakuossan | 2014-07-02 09:17 | 芸術を育んだ街 | Trackback

芸術を育んだ街(イタリア編) 4

2011年11月7日(月)
ラツィオ地方 Lazio (イタリア)
d0170835_1945284.png
イタリア共和国中部に位置し、州都ローマ県、ラティーナ県、フロジノーネ県、リエーティ県、ヴィテルボ県の5つの県からなる。人口は560万人を数え、イタリアの中心的存在。

ローマは、イタリアの首都であるだけでなく、欧州有数の世界都市でもある。 一方で、かつてのローマ帝国の首都であり、カトリック教会の中枢である。そしてその美しさから「永遠の都」とも称される歴史ある町である。
ローマは文化の中心地でもある。15世紀半ば以降、ローマ教皇領の首都として栄え、ルネサンス文化の中心地となった。あらゆる芸術がこの地で生まれ、育ち、世界に広がっていったといっても過言ではない。
そしてローマはフィレンツェにかわってルネサンスの一大中心地となり、ミケランジェロ、ラファエロなどの芸術家が活躍した。1797年にナポレオンはローマを占領し、多数の貴重な美術品をフランスへ持ち去ったが、ウィーン会議の後、ローマはふたたび教皇領となった。

d0170835_20541623.jpgd0170835_20543042.jpg左:パンテオン
右:カンピドリオとローマ市庁舎








ローマ市内には古代遺跡や美術館などが多く残り、世界各国から観光客が集まることから観光業界が重要な産業となっている。特にヴェネト通りやスペイン広場周辺には高級ホテルやレストラン、ブティックが立ち並びファッショナブルな街並みは一年中賑わいを見せている。
姉妹都市は世界各国の一流都市が名を連ねる。 パリ、モスクワ、ブエノスアイレス、北京、ソウル、東京、ニューヨークなど。

ローマ生まれの芸術家
ジュリオ・カッチーニ(1545~1618)バロック音楽初期の作曲家。d0170835_2110560.jpg
ヴィットリオ・グイ(1885~1975)指揮者。
セルジオ・レオーネ(1929~1989)イタリアの映画監督で、「荒野の用心棒」など世界中でマカロニ・ウェスタンブームを巻き起こした。
ソフィア・ローレン(1934~ )イタリアを代表する世界的女優。
d0170835_2111547.jpg
ローマで活躍する人は多いが、ローマ生まれとなると意外と少ない。
by kirakuossan | 2011-11-07 19:39 | 芸術を育んだ街 | Trackback

芸術を育んだ街(イタリア編) 3

2011年9月17日(土)
ロンバルディア地方 Lombardia (イタリア)
d0170835_10185679.png


イタリア北西部の州で、州都はミラノ。その由来はゲルマン系”ランゴバルド族の土地”を意味する。近くに位置するスイスやドイツの影響も受けやすい立地にある。人口約900万人はイタリア全体の15%を占め最大である。

d0170835_10414952.jpgd0170835_10344682.jpgミラノには、多くの見どころがある。スフォルツァ城、ガレリア、モンテナポレオーネ通り、教会建築としてはミラノ大聖堂、サンタンブロージョ聖堂、サン・ロレンツォ聖堂、サン・ナザロ・マッジョーレ聖堂、サンテウストルジョ聖堂、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会。サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会には、レオナルド・ダ・ヴィンチ作の著名な絵画『最後の晩餐』がある。そしてスカラ座はとくに有名だ。(左:スフォルツァ城、右:ミラノ大聖堂)

d0170835_10481983.jpg

スカラ座(Teatro alla Scala)は初代の宮廷劇場以来の伝統を誇るイタリアオペラ界の最高峰とされる歌劇場。現在の建物は2代目のもので、1778年に落成し、アントニオ・サリエリ作の『見出されたエウローパ』でこけら落としを行った。(初代の建築物は1776年に焼失)その後、第二次世界大戦中に爆撃で大きく破壊されたが再建され、1946年5月11日にアルトゥーロ・トスカニーニの指揮による演奏会で再開されたことは有名。この歌劇場の歴代マエストロは魅力ある人達で占められている。
アンジェロ・マリアーニ、アルトゥーロ・トスカニーニ、トゥリオ・セラフィン、ヴィクトル・デ・サバタ、カルロ・マリア・ジュリーニ、グィード・カンテッリ、ジャナンドレア・ガヴァッツェーニ、クラウディオ・アバド、リッカルド・ムーティ、そしてダニエル・バレンボイム。いずれもイタリアが生んだ大指揮者の錚々たるメンバーだ。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会は、カトリック教会の聖堂で、レオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』は、敷地内の修道院にある食堂の壁画で、ユネスコの世界遺産に登録されている。
d0170835_11125420.jpgd0170835_1113920.jpg









ミラノは日本の稚内市とほぼ同緯度に位置するが、比較的温暖。ローマに次ぐ都市とされ商業、工業、金融の中心であり、観光地としても名高い。人口約130万人。
また、ミラノは世界18都市と姉妹都市を結んでいる。アメリカのボストン、シカゴ、ドイツのフランクフルト、フランスのリヨン、中国の上海、天津、そして日本では大阪市。



アレッサンドロ・フランチェスコ・トマソ・アントニオ・マンゾーニ(1785~1873)イタリアの詩人、作家。d0170835_1242037.jpg

ジュゼッペ・フォルトゥニーノ・フランチェスコ・ヴェルディ(1813~1901)19歳でミラノに住み移り、19世紀を代表するイタリアのロマン派音楽の作曲家となり、『椿姫』、『アイーダ』など数多くのオペラを作曲した。

ルキノ・ヴィスコンティ・ディ・モドローネ(1906~1976)イタリアの映画監督、マーラーをモデルにした『ベニスに死す』や『郵便配達は二度ベルを鳴らす』で有名。

ニーノ・ロータ(1911~1979)イタリアの作曲家で、クラシック音楽と映画音楽で活躍した。

クラウディオ・アバド(1933~ )現代を代表する指揮者である。

d0170835_12141456.jpgマウリツィオ・ポリーニ(1942~ )イタリアのミラノ出身の人気ピアニスト

リッカルド・シャイー(1953~ )指揮者。
by kirakuossan | 2011-09-17 10:09 | 芸術を育んだ街 | Trackback

芸術を育んだ街(イタリア編) 2

2011年9月1日(木)
カンパニア地方 Campania (イタリア)
d0170835_15204736.png
ティレニア海に面する、イタリア半島南西部に位置し、州都・ナポリは世界三大夜景の街として有名である。
ナポリは、紀元前6世紀に成立したされ、「ナポリ」の語源はギリシア語の「ネアポリス」(新しいポリス)で、1995年、世界遺産(文化遺産)として登録された。ナポリ大聖堂、パラッツォ・レアーレ・ディ・ナーポリ、サン・カルロ劇場、そしてポンペイの遺跡が名高い。

d0170835_16112441.jpgd0170835_16155926.jpg









夜景と反して、輝く太陽と温暖な気候、陽気な人々というイタリアのイメージを代表するナポリだが、市の人口は約100万、ナポリ都市圏の人口は約300万だが、以前から過密が社会問題になっている。ナポリへ行った人に聞くと、決して想像しているような風景ではなく、最近は治安も悪く、評判がよろしくない。
「ナポリを見てから死ね」と言われるほどの風光明媚な土地として知られているが、今では皮肉ってこう云うらしい。「ナポリが死なないうちに見ておけ」。

d0170835_16512253.jpgd0170835_16554526.jpg
d0170835_1275411.jpg
                     (ポンペイ、ナポリ大聖堂、サレルノ)


d0170835_12211410.jpgリモンチェッロ (Limoncello) は、イタリアを起源とするレモンを用いた糖度の高い果実酒。ナポリ湾周辺のカプリ島、ソレント半島、アマルフィ海岸の一帯が産地として有名で、イタリアの名産品のひとつ。レモンの香りがして口当たりもよいが、度数は30%以上ある。






ドメニコ・スカルラッティ(1685~1757)は、J.S.バッハ、ヘンデルと同年生まれのバロック時代を代表する作曲家のひとり。鍵盤曲に秀作がある。

ドメニコ・チマローザ(1749~1801)は、ナポリの近郊アヴェルサに生れて、ヴェネツィアで亡くなった。同年生れのゲーテが彼の音楽を賞賛し、ロッシーニが登場するまではオペラに関してはチマローザが第一人者であった。

ルッジェーロ・レオンカヴァッロ(1857~1919)オペラ作曲家で、台本作家。オペラ「道化師」が代表作。d0170835_11223462.jpg

アルド・チッコリーニ(1925~ )フランス在住のイタリア人ピアニスト。

d0170835_1751535.jpgリッカルド・ムーティ(1941~ )イタリアを代表する現代の世界的指揮者。
by kirakuossan | 2011-09-01 07:28 | 芸術を育んだ街 | Trackback

芸術を育んだ街(イタリア編) 1

2011年8月23日(火)
トスカーナ地方 Toscana(イタリア)
d0170835_16412469.png
トスカーナ州は、イタリア中部に位置する。州都はフィレンツェ。 ほかにシエーナ、 ピサ、 プラート、 リヴォルノ、 ルッカなどの都市がある。
シエーナ、ピサ、フィレンツェなどは古都で知られ、イタリアの中でもとくに世界遺産も多い。農業が盛んで、ワイン、オリーブ、小麦などの産地として名高い。特にワインはキャンティやスーペル・トスカーナといった名品を生産する、世界屈指の名醸地でもある。また古くからトスカーナの丘陵は保養地としても栄え、フィレンツェを始めとする各都市には一年中観光客が溢れかえっている。
例えばフィレンツェのおもな観光地ひとつを採りあげても・・・
サンタ・マリア・ノヴェッラ教会、サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂、サン・ロレンツォ教会、サンタ・クローチェ教会、ウッフィッツィ美術館、バルジェッロ国立博物館、ヴェッキオ宮殿、ヴェッキオ橋、ピッティ宮殿i、ボーボリの庭園、アカデミア美術館、考古学博物館、ミケランジェロ広場、ローマ劇 場、バンディーニ美術館、スペーコラ美術館、ヴァザーリの回廊。

d0170835_111076.jpgローマの基礎を築いたとされるエトルリア人が多く住む土地で、トスカーナという名前も「エトルリア人の土地」を意味する。ローマはエトルリア人を吸収し、トスカーナは本国の一部となった。
ルネサンス時代はレオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ・ブオナローティ、ラファエロ・サンティといったトスカーナ人が注目を浴びた。長くメディチ家の支配下にあったが、後にハプスブルク家の支配下となる。ナポレオンの時代には、一時期エトルリア王国が成立するが、ナポレオンが敗退するとハプスブルク家の下に戻る。1861年にイタリア王国が成立するが、その後も旧トスカーナ大公家は同族であるオーストリア皇帝家の庇護の下、20世紀初頭までトスカーナの領有権を主張した。

d0170835_1203631.jpgd0170835_125649.jpg
d0170835_14455138.jpg



フィレンツェ、マッターホルン、トスカーナの典型的な田舎風景、ピサの斜塔

トスカーナは、なだらかな丘陵に緑濃い糸杉、淡い緑のオリ-ブの木立、その間に白色の素朴な農家の家が点在し、牧歌的で美しいイタリアの田舎のイメージそのもので、葡萄畑が丘陵一面に広がっている。
約く70%が丘陵地帯で、気候は寒暖の差が激しい大陸的気候。しかし、海岸寄りでは夏は涼しく、冬は温暖で安定した気候に恵まれている。d0170835_1655948.jpgイタリアを代表する「キャンティ」というワインは、日本でも早くからその名を知られ、この地で生まれる。
トスカーナ料理は、シンプルで豪快な料理が特徴。チーズにグリルした肉・野菜、白豆をセイジとオリーブオイルで料理したもの、フィレンツェ風ビーフステーキ、イノシシ、シカ、ウサギのロースト、野菜のスープ等など。農家の料理がベースになっているトスカーナ料理には赤ワインがとても合う。d0170835_10395325.jpg




ダンテ・アリギエーリ
(フィレンツェ 1265~1321)詩人、哲学者で、政治家。代表作は彼岸の国の旅を描いた叙事詩「神曲」。イタリア文学最大の詩人とされ、ルネサンスの先蹤ともいわれる。
レオナルド・ダ・ヴィンチ
(ヴィンチ 1452-~1519) ルネサンス期を代表する芸術家。d0170835_1333814.jpg
d0170835_15253776.jpgミケランジェロ・ブオナローティ
(フィレンツェ 1475~1564)イタリアルネサンス期の彫刻家、画家、建築家で、詩人。
ラファエロ・サンティ
(フィレンツェ  1483~1520)ルネサンスを代表するイタリアの画家で、建築家。
ルイジ・ボッケリーニ
(ルッカ 1743~1805)作曲家で、チェロ奏者。
ルイージ・ケルビーニ
( フィレンツェ 1760~1842)イタリア出身のフランスの作曲家。
ジャコモ・プッチーニd0170835_14262429.jpg
(ルッカ  1858~1924)オペラ作曲家。「トスカ」、「蝶々夫人」、「ラ・ボエーム」などで有名。
ピエトロ・マスカーニ
(リヴォルノ  1863~1945)19世紀末のオペラ作曲家で、指揮者。
アメデオ・クレメンテ・モディリアーニd0170835_14251921.jpg
(リヴォルノ 1884~1920)画家、彫刻家。主にパリで制作活動を行った。
マリオ・デル=モナコ
(フィレンツェ 1915~1982)20世紀の名テノール歌手。
by kirakuossan | 2011-08-23 22:27 | 芸術を育んだ街 | Trackback

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る





ブログパーツwww.rock-roll-bands.com





47NEWS

世界時計

・・・・・・・・・・・・・・・
exciteカウンター
369729
直近1週間訪問者数
353
364
468
456
452
409
386(昨日)
2888


d0170835_742451.jpg
d0170835_9203688.jpgシマノフスカ:
夜想曲 変ロ長調

グリンカ:
歌曲「ひばり」

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル