ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

2017年 05月 19日 ( 4 )

「文学温泉紀行」 2日目 「日東第一形勝」の地~

2017年5月19日(金)

鞆の浦  「日東第一形勝」の地
d0170835_19510484.jpg
d0170835_19560879.jpg
d0170835_19581710.jpg
d0170835_20002514.jpg
d0170835_20015328.jpg「対潮楼」は江戸時代を通じて朝鮮通信使のための迎賓館として使用され、日本の漢学者や書家らとの交流の場となった。 1711年(正徳元年)に従事官の李邦彦が客殿からの眺望を朝鮮より東で一番美しい景勝地という意味で「日東第一形勝」と賞賛した。素の景色は「対潮楼」から向かいの弁天島(2番目の写真)を望んだものである。
d0170835_20052179.jpg

昼に食べそびれた鯛めし、夕食に食す、最高の味であった。

by kirakuossan | 2017-05-19 19:45 | 文学温泉紀行 | Trackback

「文学温泉紀行」 1日目 ~君には人にないものきっとある~

2017年5月19日(金)

旧船坂小学校
d0170835_12113896.jpg

d0170835_11470535.jpg「君には人にないものきっとある 勇気を出してはじめの一歩」

昔懐かしい生活道具が展示されていた。中に天秤ばかりが一台、もしや?オヤジが作ったやつでは? 違ったが、顔を近づけしみじみと見た。
ほかに穴をのぞけば、からくり人形が手を挙げた。
d0170835_12085778.jpg
d0170835_12005781.jpg(2017年5月18日 1日目)
by kirakuossan | 2017-05-19 11:57 | 文学温泉紀行 | Trackback

「文学温泉紀行」 2日目

2017年5月19日(金)

相生湾の夜が明けた。

d0170835_07505933.jpg
d0170835_08003698.jpg道の駅「あいおい白龍城」の駐車場には川口、春日部、奈良、岡山、なかには札幌ナンバーの車まであって、みなここで泊るのだ。ほとんどが団塊の世代を越えたような人ばかりだ。
昨夜は初めての車中泊ということもあって、なにかと段取りが分からず寝るまでに1時間ほどその準備に四苦八苦。ようやく10時過ぎに眠りについたが、遅くまでペーロン祭のリハーサルのかけ声と太鼓の音が遠くで響いた。
今日は、昨日195kmも走って、スケジュールに余裕が出来たので岡山市内でも立ち寄ることにしよう。パソコンの充電が上手くいかず、容量は減る一方で不安だ。昨夜、萩ヤンに電話で聞いたら、スターバックスで充電したら、ということなので、やってみよう。今日も元気に5時起き、6時半に相生を出発。


d0170835_11193409.jpg
で、岡山駅前のイオンモールの店を見つける。ここなら駐車場も平日なら2時間無料。ただスターバックスはすでに満席で、仕方なく11:00オープンのターリーズまで20分待つことに。これからは充電を兼ねたブログアップである。


d0170835_11351153.jpgきょう最初の訪問地は岡山城、別名烏城(うじょう)、たしかに黒かった。昨日の白鷺城とは好対照だ。岡山城は標高が十数メートルの丘が連なる小高い土地にある。広大なデルタ地帯中央に「岡山」、その西隣に「石山」、さらにその北西には「天神山」の3つの丘が連なり、その中の石山にあった石山城に宇喜多直家が入城・改築し、後に子の宇喜多秀家が隣接する岡山に新たに本丸を設け、石山城を取り込む形で城郭が建造された。これが岡山城である。また隣接する大名庭園「後楽園」は、水戸の偕楽園、金沢の兼六園とともに、日本三名園として並び称される。「後楽園」は以前に仕事で出張して来たときに拝観している。その時、近くに聳える岡山城が美しく、絶景であった。城を訪れるのは今日が初めてだ。
d0170835_11371058.jpg
d0170835_11385910.jpg
d0170835_11393996.jpg

30分経過して、充電はまだ30%ほどだ。まだ書きつづけなければいけない。

では、昨日の記事から・・・

d0170835_11470535.jpg「君には人にないものきっとある 勇気を出してはじめの一歩」

昔懐かしい生活道具が展示されていた。中に天秤ばかりが一台、もしや?オヤジが作ったやつでは? 違ったが、顔を近づけしみじみと見た。穴をのぞけばからくり人形が手を挙げた。






1時間半経過して、充電はまだ60%未満とターリーズだが、充電に来ているのではない。鞆の浦温泉へ急ごう。

by kirakuossan | 2017-05-19 07:47 | 文学温泉紀行 | Trackback

「文学温泉紀行」 1日目 ~懐かしく、温かくもあり、どこか寂しげでもある

2017年5月19日(金)
d0170835_07254966.jpg旧船坂小学校跡を訪れた。2010年3月に廃校となったが、明治5年(1872)開校とあるから138年にわたり卒業生を世に送って来たのだ。いかにも僻地の分校といった趣で、旧校舎をこうして歩いてみて、懐かしく、温かくもあり、どこか寂しげでもある、そんな不思議な心地がした。でも来てよかった。
d0170835_07345273.jpg
d0170835_07375096.jpg
d0170835_07400395.jpg
d0170835_07454158.jpg

(2017年5月18日 1日目).

by kirakuossan | 2017-05-19 07:24 | 文学温泉紀行 | Trackback

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る





ブログパーツwww.rock-roll-bands.com











47NEWS

世界時計

・・・・・・・・・・・・・・・
exciteカウンター
373725
直近1週間訪問者数
430
385
383
354
372
320
549(昨日)
2793


d0170835_742451.jpg
d0170835_9203688.jpgシマノフスカ:
夜想曲 変ロ長調

グリンカ:
歌曲「ひばり」

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル