ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

2017年 05月 15日 ( 4 )

井上靖最後の長編小説

2017年5月15日(月)

師・孔子がお亡くなりになった時、私も他の門弟衆に倣って、あの都城の北方、泗水のほとりに築かれた子の墓所の付近に庵を造って、そこで心喪三年に服しましたが、そのあと、この山深い里に居を移し、口に糊するだけの暮しを立てて今日に到っております。早いもので子が御他界あそばされてから、いつか三十三年という歳月が経過しております。その間、世間との交渉はできるだけ避けるように心掛けて参りましたが、それは当然なこと、墓所から遠く離れてこそあれ、一生、命のある限り、ここで亡き師にお仕えしようと思っているからであるます。何事につけても、子のお心の内を考え、子のお傍に侍っているような思いで、毎日を過しております。それ以外、とるに足らぬ私ごとき者には何もできません。世に益するなど思いもよらぬことでございます。
左様、仰言る通り、私たちが三年の服喪を終えたあと、高弟子貢がさらに三年、前後六年間喪に服したということは噂に聞いておりますし、噂に聞くまでもなく、子貢がそのようにするであろうことは、よく判っておりました。私たち七十人ほどの者が三年の服喪を終えた朝、何と言っても吻とした気持ちで、それぞれ思い思いの地に散って行く時、それに先立って、荷物を取り纏めた者から順番に、子貢の許に別れの挨拶に参りました。三年に亘る喪の一切を取り仕切ってくれたのは子貢ですし、経済的にも子貢の援助がなかったら、私たちの服喪は考えられぬことでした。~
d0170835_23095180.jpg
以前に井上靖の『天平の甍』を読んで感銘を受けたが、あの作品は1958年、51歳の時のもので、芥川賞受賞作品の『闘牛』から数えて8年の第3作目であった。
『孔子』は1989年最晩年に書かれた最後の作品である。6度にわたる中国訪問を経て生まれた渾身の力作で、2500年前、春秋末期の乱世に生きた孔子の人間像を描く長編歴史小説。『論語』に収められた孔子の詞はどのような背景を持って生れてきたのか。十四年にも亘る亡命・遊説の旅は、何を目的としていたのか。孔子と弟子たちが戦乱の中原を放浪する姿を、架空の弟子の語り調として書き進められていく。第一章の冒頭部から引きこまれていった。・・・


.

by kirakuossan | 2017-05-15 23:08 | 文芸 | Trackback

「文学温泉紀行」準備編⑳ トイレから「離れた」場所を選ぶ。

2017年5月15日(月)
d0170835_10302346.jpg
身体によいということで最近よく食べるブロッコリー、そのせいか、景色までブロッコリーに見えることがある。

「道の駅」ガイドブックなるものを本屋で見つけた。
タイミングよく、”車中泊ノウハウ”という記事が載ってある、参考になった。

d0170835_10411904.jpg車中泊する場所
・クルマ通りの多い場所を避ける。
・傾斜のある場所を避ける。
・トイレから「離れた」場所を選ぶ。
・キャンピングカーや車中泊車が全然いないところは要注意(大型車がよく出入りする)
・駐車場にタイヤ痕が残っている道の駅は避ける(暴走族)
・雨の日はひざしや木の下を避ける(大粒の水滴が落ち、大きな音がする)

車中泊を快適にする小物
・マグライトにサンダル
・はさみ(ごみを裁断する)
・ブランケット
・アルコール除菌のウエットティッシュ



by kirakuossan | 2017-05-15 10:25 | 文学温泉紀行 | Trackback

道に迷い孔子さまに出逢う。

2017年5月15日(月)
d0170835_09573601.jpg
d0170835_09544482.jpg京都大野球部員が甲子園の土を踏む。近畿大の前に敗れるが「敗者の美学」は甲子園でも花開いた。

5回途中で球場を後にして、兵庫芸術センターへ向かうことに。
前日地図を頭に描いておいたが、道に迷い、思わぬところで孔子さまと出逢うことに、これも運命だろう。d0170835_10074759.jpg(2017年5月14日)
.
by kirakuossan | 2017-05-15 09:46 | 偶感 | Trackback

ハンマーが打ち下ろされ、あの4つのシンバルが炸裂する。

2017年5月15日(月)
d0170835_08162196.jpg
ハンマーが打ち下ろされる、あの4つのシンバルが炸裂する、サロネン&フィルハーモニー管のマーラー6番は圧巻だった。ハンマーはグスタフ・マーラーが考案した楽器?ということらしいが、非常に珍しく、実演で見るのも初めてである。この6番と、あとはワーグナーの「ラインの黄金」ぐらいにしか登場しない。そのハンマーが2度振り下ろされ、ティンパニが容赦なくリズムを刻み、やがて80分にもおよぶ超大作は幕を下ろした。
d0170835_09064840.jpg
マーラーの交響曲は最大の、最高のオーケストレーションが愉しめるが、30種類以上の楽器が駆使されるこうした華やかな演奏風景を見ながらマーラーの音楽を聴くとその楽しさは倍増され、陶酔することが出来る。何度もやり直しながら舞台上の楽員の人数を端から数えてみるが、管とパーカッションが正面に50人ほど、弦が左右に60人ほどの、110名を越える大編成である。
盛大な拍手とブラヴォーの連呼、数度のカーテンコールのあと楽団員らはおもむろに立ち上がり席を離れかけた。そしてその直後、サロネンがまた舞台に登場、万雷の拍手を浴びた。そのときの細面の表情や首の振り方から、ふとあのアバドが浮かび上がった様な気がした。
先の、ベートーヴェンの3番のコンチェルト、チョ・ソンジンの一音一音大切に弾く、丁寧なピアノも悪くなかった。

フィルハーモニア管弦楽団演奏会
指揮:エサ=ペッカ・サロネン
ピアノ:チョ・ソンジン



d0170835_09160303.jpg感動をかみしめながら、庵原氏ともども兵庫芸術センターのホールを後にした・・・

(2017年5月14日)

by kirakuossan | 2017-05-15 08:14 | クラシック | Trackback

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る





ブログパーツwww.rock-roll-bands.com











47NEWS

世界時計

・・・・・・・・・・・・・・・
exciteカウンター
373725
直近1週間訪問者数
430
385
383
354
372
320
549(昨日)
2793


d0170835_742451.jpg
d0170835_9203688.jpgシマノフスカ:
夜想曲 変ロ長調

グリンカ:
歌曲「ひばり」

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル