ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

ハンマーが打ち下ろされ、あの4つのシンバルが炸裂する。

2017年5月15日(月)
d0170835_08162196.jpg
ハンマーが打ち下ろされる、あの4つのシンバルが炸裂する、サロネン&フィルハーモニー管のマーラー6番は圧巻だった。ハンマーはグスタフ・マーラーが考案した楽器?ということらしいが、非常に珍しく、実演で見るのも初めてである。この6番と、あとはワーグナーの「ラインの黄金」ぐらいにしか登場しない。そのハンマーが2度振り下ろされ、ティンパニが容赦なくリズムを刻み、やがて80分にもおよぶ超大作は幕を下ろした。
d0170835_09064840.jpg
マーラーの交響曲は最大の、最高のオーケストレーションが愉しめるが、30種類以上の楽器が駆使されるこうした華やかな演奏風景を見ながらマーラーの音楽を聴くとその楽しさは倍増され、陶酔することが出来る。何度もやり直しながら舞台上の楽員の人数を端から数えてみるが、管とパーカッションが正面に50人ほど、弦が左右に60人ほどの、110名を越える大編成である。
盛大な拍手とブラヴォーの連呼、数度のカーテンコールのあと楽団員らはおもむろに立ち上がり席を離れかけた。そしてその直後、サロネンがまた舞台に登場、万雷の拍手を浴びた。そのときの細面の表情や首の振り方から、ふとあのアバドが浮かび上がった様な気がした。
先の、ベートーヴェンの3番のコンチェルト、チョ・ソンジンの一音一音大切に弾く、丁寧なピアノも悪くなかった。

フィルハーモニア管弦楽団演奏会
指揮:エサ=ペッカ・サロネン
ピアノ:チョ・ソンジン



d0170835_09160303.jpg感動をかみしめながら、庵原氏ともども兵庫芸術センターのホールを後にした・・・

(2017年5月14日)

by kirakuossan | 2017-05-15 08:14 | クラシック | Trackback
トラックバックURL : http://kirakuossa.exblog.jp/tb/24176133
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る





ブログパーツwww.rock-roll-bands.com











47NEWS

世界時計

・・・・・・・・・・・・・・・
exciteカウンター
373725
直近1週間訪問者数
430
385
383
354
372
320
549(昨日)
2793


d0170835_742451.jpg
d0170835_9203688.jpgシマノフスカ:
夜想曲 変ロ長調

グリンカ:
歌曲「ひばり」

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル