ホンマ!気楽おっさんの蓼科偶感

2週間の「文學温泉紀行」

2017年2月10日(金)
d0170835_1193729.jpg
d0170835_118539.jpg今日タイヤ交換のタイヤを降ろしながらふと考えた。というよりまた変な虫が起きて来た。縦の長さが166cmある、ただうまい具合に運転席側がなだらかな傾斜になっており、ここに枕を置くと、ちょうど175cmの人間が横たわることができる。自分は171cmだからここで寝ることもできるわけだ。

これなら車中泊で1週間や2週間程度なら十分に旅することができるわけで、一人だから横の余裕スペースに荷物も十分に積み込める。あとはどこに旅するかだが、「奥の細道」を辿るとか、「西国めぐり」というのもあまりにも月並みであるし。
あっそうか、「温泉紀行」がいいではないか、それも文人が訪ねた温泉地というのが面白い。各地の日帰り温泉を巡り、夜は車中泊。あとはいつ行くかの問題だが、やはり暑くなる少し前、5月あたりが適当ではないか。それまでに訪問地とルートを研究しなければならない。
2週間の温泉紀行となれば、必要経費はガソリン代と食事代。
1日100km走行、延べ1400kmとしてガソリン代は15,000円ほど、食費は1日1,500円としてざっと20,000円、温泉入浴料がざっと10,000円あと諸経費がもろもろで5,000円としても50,000円、それに1日だけ温泉旅館に宿泊するとして10,000円。
60,000円の総予算となる。
肝心な酒代を忘れていた。でも一升瓶が2本もあれば十分だろう(?)

自宅を出発点として蓼科の別荘をゴール地点としよう。5月14日にフィルハーモニー管弦楽団の演奏会があるので、これが終わり次第の出発になりそうだ。
「文學温泉紀行」、これはまた新たな楽しみが増えたわい。
(予定:5月18日出発~31日蓼科着)

.
by kirakuossan | 2017-02-10 11:01 | 新日本紀行 | Trackback
トラックバックURL : http://kirakuossa.exblog.jp/tb/23831705
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]

信州の名峰蓼科山麓の女神湖近くの山荘"tutti”は標高1650mにある。これほどの高地にある別荘は日本でもそう多くはない。だから平地とは気温が10℃も違うのです。


by kirakuossan

プロフィールを見る





ブログパーツwww.rock-roll-bands.com











47NEWS

世界時計

・・・・・・・・・・・・・・・
exciteカウンター
373725
直近1週間訪問者数
430
385
383
354
372
320
549(昨日)
2793


d0170835_742451.jpg
d0170835_9203688.jpgシマノフスカ:
夜想曲 変ロ長調

グリンカ:
歌曲「ひばり」

カテゴリ

タグ

記事ランキング

以前の記事

フォロー中のブログ

ブログジャンル